Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

[カテゴリ]雑談 の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韻は、「rhyme(ライム)」と言われます。頭を合わせる頭韻とか最後を合わせる脚韻などがありますね。
ちなみにだじゃれは「pun」。アメリカ人はpun好きだよね…それ親父ギャグとどう違うの、といつもちょっとたじろぐのですが、もしかしたらrhymeの長い伝統があるから、音合わせが好きな文化なのかもしれません(←でまかせだけど、一理あるんじゃないかと思う)

さて、シェイクスピアのrhyme。今回も「マクベス」から引いていきます。マクベスしか習ってないからね。。
マクベスには、三人の魔女が出てきます。この魔女がマクベスに「お前はいずれ王になるが、バンクォーの息子とその血統が王位を受け継いでく」(バンクォーは仲間)と予言したことから、マクベスの運命が狂っていくのです。
この魔女たちは、出てくるたびに「きれいは汚い、汚いはきれい」など謎かけのようなセリフをまきちらすのですが、彼らのセリフは何と、すべてrhymeで作られています。
劇の冒頭、一番最初のセリフは魔女からですが、それからしてコレ。

When shall we three meet again   
In thunder, lightning, or in rain?

(我ら三人、またいつ再会なるか。雷の中、稲妻の内、雨の下?)

文末を見ると、「again」と「rain」で韻になっているのがわかります。
魔女のセリフはすべて、こうして二行ずつのrhymeになっているのです。(二行のrhyme・一行休憩・またrhyme…という変則もあり)

「きれいは汚い、汚いはきれい」のセリフも、

Fair is foul, and foul is fair
Hover through the fog and filthy air


と二行で脚韻になっています。その上で、「fair」と「foul」が「きれい」と「汚い」と意味が正反対の言葉の取り合わせにもかかわらず「f」の発音で頭韻を踏むrhymeになっている、というおもしろさも加わっています。
★fairとfoulの訳し方は色々あって、先人の苦労がしのばれます…

大釜にトカゲの目玉だの犬の舌だの色々入れて煮込むシーンも。

Fillet of a fenny snake,
In the cauldron boil and bake;
Eye of newt and toe of frog,
Wool of bat and tongue of dog,

Adder's fork and blind-worm's sting,
Lizard's leg and howlet's wing,
For a charm of powerful trouble,
Like a hell-broth boil and bubble.


意味はともかく、文末を見て下さい。二行ずつ見事に対になっています。こんなのがもっとずーっと続いていきます。長ゼリフだけど凄いので、よかったら検索して見て下さい。(上に書いた一行をぐぐれば出てくると思うので)
つまり、彼らのセリフはすべてrhymeであるために、英語で言うと謎めいた呪文のように響き、「通常の人ではない」感も高まっています。内容よりも響きが大事なセリフなんですね。

さらに、シェイクスピアが「弱強5歩格」という「弱→強」のリズムを使っていたことは前の記事で書きましたが、このシーンは実は逆になっています。
釜でぐつぐつとあやしげな秘薬を煮立てる魔女たちのセリフは、rhymeである上に、「強→弱」と強が先にきています。
こんな感じに。

Fillet of a fenny snake,
In the cauldron boil and bake;


マクベスは英語上演を見る機会をいただいたのですが、このへんは耳で聞くと、本当に呪文のようなんですよ。
特に "In the cauldron boil and bake" は何度もくり返される不気味なセリフで、boilとbakeも頭韻になっており、独特の雰囲気があります。
ちなみにrhymeは魔女の専売特許と言うわけでもなく、シーンが変わるところの最後のセリフは必ずrhymeになっています。そうすることで「ここでシーンが変わるよ」と観客にお知らせしているらしいです。二幕のマクベスの退場シーンも、最後の二行が

Hear it not, Duncan; for it is a knell
That summons thee to heaven or to hell.

(聞くな、ダンカン、この音はお前を天国へと誘う鐘の音。あるいは地獄へと)

と、マクベスのセリフなのに行末にrhymeがあります。

さて、魔女たちの呪文のように、文頭が強い「強→弱」のリズムを駆使しているのが、「マザーグース」。
「ハンプティダンプティ」をあげてみましょう。
まず「Humpty Dumpty 」と名前からして頭が強い(その上名前自体がrhyme)。

Humpty Dumpty sat on a wall.
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses and all the king's men
Couldn't put Humpty together again.

   
これ全部頭の出だしが強くて、あとはリズムになっているのですが、見ればわかるように、「wall」「fall」、「men」「again」と語尾でrhymeにもなっています(二番、三番も同様です)。マザーグースってそういうもんなわけです。
YouTubeで「Humpty Dumpty」で検索すると歌や朗読が出てきますので、強弱の感じがよくわかりますよー。このへんとかこの歌とかおもしろいです。

ちなみに、ハンプティダンプティのオリジナルだと言われているものでは後ろの二行が違っていて、
Threescore men and threescore more,

Cannot place Humpty dumpty as he was before.

となっていますが、やはり「more」と「before」がrhymeです。
そもそも、童謡や、特にマザーグースのことを「Nursery rhyme」と言いますので、もう前提からしてrhymeばりばりですね。マザーグースの朗読でも買おうかな…

スラでも、「Adrien English」シリーズの1の「Fatal Shadows」では、主人公のAdrienに謎めいた手紙が送られてきました。これはシェイクスピアと同年代の作家の書いた戯曲からの抜粋ですが、これもまた、よく見ると文末がrhymeになっているんですね。

Man is his own star; and the soul that can
Render an honest and a perfect man
Commands all light, all influence, all fate.
Nothing to him falls early, or too late.
Our acts our angels are, or good or ill, 
Our fatal shadows that walk by us still.


rhymeは今でもしばしば、新聞のタイトルなどにもよく見られます。英語は、日本語より音の響きに対して敏感なのではないかという印象があります。
小説を読んでて、何だか「おもしろいことを言った雰囲気」なんだけどわからない!という時は、実はrhymeになってないか、駄洒落のpunになっていないかどうか、「音」をチェックするのもおすすめです。とか言っておいてなんだけど、苦手なんだよねえ…

ルイス・キャロルの詩なんかも、日本語で読むと難解ですが、原文で見るとrhymeで構成されていたりして、「何のことはない、そーいうもんだったんだ」と腑に落ちたりします。
読んで意味がわかる、というだけではなく、見て音を楽しむという面も英語にはあるんですね。ポップスの歌詞なんかもさりげにrhymeになってたりします。なかなかすぐには呑み込めませんが、とにかくそういうものが「ある」と覚えておくと、楽しいことがあるかもしれません。

★次からはまた、スラレビューに戻るよ!

「勉強しないで読む」を続けてきましたが、今年はちょっと力を入れて英語の勉強をしてみています。そんなわけで、今月は、シェイクスピアの読み方をさわりだけ教わってみました。シェイクスピアに興味があったわけではないが、引用されてることもよくあるので読み方だけでも抑えられればと。
そしたら意外に(失礼)おもしろかった! 特に目からウロコだったのが「声に出して読む英語」です。
シェイクスピアは劇なので、当然、「声に出して読む」ことを前提にされて作られており、そこを読み解かないとよくわからないのですよ。(学生時代、訳本を読んでも全然おもしろさがわからなかったのですが、それでか!)
私の英語は読書だけなので、「発音」の方はとても弱いんだけど(読み方間違えて覚えてる単語とか絶対いっぱいあるし)、できたらそのあたりも意識していきたいなーと痛感した次第。

前置きはともかく、教わってきた「シェイクスピアの読み方」。
忘れないうちに記事にしてみるとします。(まちがってるところがあったら誰か教えてね!)
これを知って読むと、シェイクスピアってなかなかに凄いんだ、と実感できます。何故シェイクスピアだけがかくも愛されるのか、その理由の一端も「音」にあるのではないでしょうか。

シェイクスピアが使っていた音の手法は「弱強5歩格」(iambic pentameter)と言われ、これは何かと言うと、「弱→強→弱→強→弱→強→弱→強→弱→強」と、「弱→強」の音のつながりが5回くり返されて一行を為しているというもの。シェイクスピアの戯曲は(詩も)、ほぼこの手法を駆使して書かれています。たまに最後が「強」ではなく「弱」で終わったり、逆に「強→弱」といくこともありますが、それはシーンに合わせてシェイクスピアがアレンジを行っているからで、うっかりではないです。
この「弱強5歩格」のため、シェイクスピアの言葉はとてもリズムがいい。

たとえば、「マクベスは眠りを殺したのだ」の名ゼリフ。

Shall sleep no more; Macbeth shall sleep no more.
(もう眠れない。マクベスはもう眠れはしない)

「Macbeth」は日本語では「マクベス」と平坦な感じで発音しますが、実際には「マクベース」、それも「マクベース」という感じで後ろにイントネーションが入ります。
このMacはマクドナルドとかのMacと同じ、スコットランド人の名前の頭について「son(息子)」を表すもの。マクドナルドは「ドナルドさんの息子」。英語で、「ジョンの息子」がジョンソンになったみたいなもんです。最近、昔のテニスプレーヤーのマッケンローも「McEnroe」で、Mac(の省略形)がついていたのだということに気が付いてビックリ。

さて、話を「弱強5歩格」に戻します。
強を赤、弱を青にして(まあフィーリングです)上のセリフをもう一度表記。

Shall sleep no more; Macbeth shall sleep no more.

きれいに「弱強5歩格」になっていて、口にするとなかなか気持ちがいいです。
こんな感じで大体のセリフが書かれています。
マクベスが幻覚の短剣を見るシーン(「おお、短剣が見える」とか「この手につかませてくれ」「つかめない、幻影なのか?」などなど)では(強:赤のみ明示)

Is this a dagger which I see before me,
The handle toward my hand? Come, let me clutch thee.
I have thee not, and yet I see thee still
Art thou not, fatal vision, sensible
To feeling as to sight? or art thou but
A dagger of the mind, a false creation,


(thee→「you(目的格)」 thou→「you(主格)」の古い形。発音は「ジー」「ザウ」のように濁る。thをカタカナで書くのは邪道だがっ
*最後が「弱」で終わる行があります(青で表記)が、それについては後述。

さて、シェイクスピアはこうして意図的にリズムを作ってある言葉なので、「音として」まず気持ちがいい、シェイクスピアの戯曲の大きな特徴です。それゆえに人の記憶に残りやすく、今でも引用に使われたりするのでしょう。

ロミオとジュリエットの「ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの」は
O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?

で、これ数えてくと、「弱強5歩格」の最後にひとつ弱い音が余りますね。で、この「最後に弱い音が何故か余る」手法にも実は名前があって、「フェミニンエンディング(弱い語尾)」と言います。
これはマクベスの中でも、マクベスが不安に襲われた独白のシーンなどでも使われた手法で、普段と違って最後を弱い音で引くことで不安感などを演出したのではないかと言われているのです。(私はこれ、日本語で言うなら破調とか、意識的な字余りに近いのではないかと思っていますが…)
つまり、上の「俺の目の前にあるのは短剣か?」の最初の2行(や最後の一行)の独白がフェミニンエンディングなのは、マクベスの心の不安を表しているためです。
ちなみにこの行も、「弱→弱→強→強」と解釈して、マクベスの錯乱ぶりを表しているという説もあるようです。(下記)
Art thou not, fatal vision, sensible

Shall sleep no more; Macbeth shall sleep no more.
とか
O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?
とか、口に出してリズム取ってみると、非常に抑揚のいい言葉であるのがわかります。
シェイクスピアは「声に出して読みたい英語」だったんだなー、と。

さらにシェイクスピアの作品では多くの「韻」が駆使されており、この韻は現代英語を読む上でも大事な要素なのですが、長くなったのでそれは次の記事。

英語覚え書き。
今回はミステリ絡みのネタで…と思ったらふたつしか思いつかなかったんだぜ。修業が足りません。


downtown
「下町」のことですが、ミステリで使われると「警察署」をさすスラングでもある。
"I'll take you to the downtown." とか "Let's go to the downtown." なんかで「ちょっと署まで来てもらおうか」って感じです。

do the time
くだけた言い回しで「服役する」。timeは懲役のこと。
"I've done the time!" とか前科者が言ってたら、「お勤めはちゃんとすませたぜ!」みたいなニュアンスだと思われ。
"Do you know he did the time?" (あいつが前科者だって知ってたか?)とかにも活用されます。


「downtown」なんかは知らないと右から左に流しがちですが、気がついてみるとたまに出てるスラングです。
この間見たテレビドラマで「彼はダウンタウンに行ったわ」ってそのままの字幕がついとりました。スラングは難しい。

DreamSpinnerPressが、出版社1000タイトル目を祝して5週間のセールに入りました。

3/14~20 ノベルの20%オフ
3/21~27 ノベラの20%オフ
3/28~4/3 短編の20%オフ
4/4~10 アンソロの20%オフ
4/11~17 ペーパーバック版の20%オフ

狙い目はやはり20日までのノベル、および27日までのノベラのセールかな!(ノベル=長編、ノベラ=中~長編)くらいの感覚で)
まあここはたまに20%オフはやってるのでそう必死になることもないんですが、何を買おうかなー。

にしても1000タイトルって凄いですね。ここはたしか7年目ぐらいの出版社だった気がするんですけど、私がM/Mを読み出した頃はまだLooseIDやSamhainの後塵を拝して一歩遅れている印象がありました。それが今では大手のひとつと言ってもいい、それどころかコンスタントにM/Mを出版してくれるありがたい出版社になってます。中の人がしっかりしてるんだろうなあ。

2011年個人的ベストリーディング!です。
読んだもののレビュー書かずに放置されてるものもあり、「2011年に読んだもの」ではなく「2011年にレビューしたもの」の中から5冊リストアップしました。うむ。
こうやってざっくり振り返るのもおもしろいですね。レビューだけでなく、自分の読書記録にもなっているのだなあとあらためて実感。"The Trap"や"Imperfect"なんかは読みやすいこともあって、何回か読み返して楽しんでる一冊です。

The Trap
 Indigo Wren
・昔の親友に島に監禁されて…!という話。設定の無茶苦茶さを力押ししててとても楽しい。

The Dark Tide
 Josh Lanyon
・Adrien Englishの第五作&完結編。やはりこのシリーズは全体で一作なのだなあと思わされる一冊。

Promises Marie Sexton
・Codaシリーズの1。不屈と頑固のカップルが何とも愛らしい。

Imperfect
 Cassidy Ryan
・口の悪い相棒物。とにかくそれに尽きる…!

Dark Horse
 Kate Sherwood
・主人公の優柔不断っぷりにちょっと苛々もさせられますが、感情表現のうまさは圧巻。


こんなん読んだけどおもしろかった!とか、コレおもしろかったならこっちもおすすめ!などなど、是非みなさまのベストリーディングも聞かせていただけるとうれしいです。

もうすぐ年が明けそうですが、まだホリデーレビュー強化中です。書き終わってないのがあるもんで…
まあ新年もホリデーと言えばホリデーだよね!

さて、今年はかなりとびとびになってしまいましたが、1年間、お付き合い頂いてありがとうございました。拍手、コメント、色々と励みと参考にさせてもらっています。
毎年思いますが、このブログを始める時には「誰か来てくれるかな」という不安が山積みだったのですが、はじめてみてよかったです。同士いるんだよなあ。これからも色々紹介していきますのでよろしくお願いします。
にしても、今年はほんとにレビューがスローペースだったから、多分30冊ぐらい書いてないのが溜まってるんだ…来年がんばろう。

2012年の予定としては、2011年に読んだ本の中からオススメセレクションをしようかなーと。同時に、皆様からもベストリーディングを聞かせてもらえれば!と思います。
あとはいつもと同じ、レビュー。読んですぐレビューというリズムでできるのが理想的なんだけどなあ~。

去年あたり、M/M界も作品数が増えすぎて、よくあるシーンをつなげただけ、みたいな安易な作品が目につくこともありましたが(アメリカでもそういう発言をいくつか見た)、今年はそういう流れにまた反発してか、練られた作品が増えた気がする。ホリデーものもひとひねりしたものが多かったし。
来年も楽しみ。

2012年もよろしくお願いします!
お互いよい作品にたくさん出会えますように~

7インチのタブレットKindle Fireも気になってましたが、B&N社もクリスマス商戦に合わせてNook Tabletを出してきました。250ドルほどと、Kindle Fireにくらべると50ドルほど高いですが、でもやっぱ気になるなあ。
漫画を読むには今の電子ペーパーよりもレスポンスと画面の精細度が高いものが必要で、いずれこういうタブレットもほしいなあ、と思うわけです。Apple好きとしてはiPadもいいんだけど、漫画読みやスキャンした資料なんかを閲覧すると考えると、SDカードなどが挿せるものの方がいいのではないかと思う。
タブレットの発売につれて、B&NではこれまでのNook Colorを値下げ、そして私が買ったばかりのNook Simple Touchを40ドルも値下げしやがりましたよ。うーん、ナイスタイミング。

そんなこんなで、日本では楽天がKoboというカナダの書店を買収。
Koboもいいタッチ型の電子ブックリーダーを出してて、Nook Touchとどちらを買うかは結構悩みました。あっちの方が対応ファイルフォーマットも多いし、日本語フォントもインストールできるので、実は日本語の本を自炊してる派にはKoboの方が向いてると思う。(B&Nは今のところ海外での展開を考えてないようだしね)
結局Nook Touchを選んだのは、表示品質がいい(らしい)というのと、ページめくりのブラックフラッシュの少なさからでしたが。
とにかく、楽天がKoboを買収したことで、日本にも低価格リーダーの流れがくるんじゃないかと期待してます。買ったのが楽天というのはちょっと不安材料だけど、いい面から考えると取次の既得権益なんかに縛られてない新興勢力に期待!ということで。

さて、個人的近況ですが、今ちょっと冬コミ向けの〆切りでじたばたしてる最中です。月末には戻ってくる予定ですが。早割で入稿したいんだー
全然スラとは関係ない本(元々、そのジャンルの二次を探して英語圏に流れついたんですけどね)でじたばたしてるんですけど、「萌え単」ならぬ「スラ単」とか同人誌で出せるもんだろうかとか、ちょっと妄想してみたりする。
うーん?
そんなこんなで冬コミ1日目は会場にいたりするので、冬コミ行くついでにちょっとスラ話でもしてみたいかな、とかいう人はメール下さい。スペース番号をお知らせします。
スラ系のサークルさんとかって世の中にいるのかなあ。どんな活動するのかよくわからないけど。

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。