Slash×Slash

M/M小説 (原書)レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
★三つ星評価システム★

→このブログについて

[カテゴリ]モノクローム・ロマンス の記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出ました、モノクローム・ロマンスの「アドリアン・イングリッシュシリーズ」1と2。
ジョシュ・ラニヨンさんのFatal ShadowsとA Dangerous Thingの邦訳版で、邦題は「天使の影」と「死者の囁き」となっています。
アマゾンリンクはこちら。

天使の影死者の囁き



もうなんかとても素敵な表紙でこう、こんな二人がこの先ああなったりこうなったりするのかと思うと!

モノクローム・ロマンスの企画が始まった時、アドリアンのシリーズをやらないかというのは話として最初に出てきたのですが、5冊出さないと意味がないと思ったので、足元が整ってからとお願いしていました。フェア・ゲームなどで足がかりを作ったことで、今回出すことが出来てとてもうれしいし、支えていただいた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。(毎回まだまだ崖っぷちですが、最初は本当に一寸先は闇だったので…)
いや、こんな日がくるとは、本当にね。

今回は1の頭に「1999年 ロサンゼルス パサディナ」と、原書にない一文が入っています。アドリアン・イングリッシュミステリが最初に書かれたのは1997年で、その後で幾度も加筆をくり返されてきました。作者と相談の上、「舞台になっているのがいつごろなのか示しておくのはいいかもしれない」とあえて入れた一文でして、快く許可していただいたラニヨンさんに感謝です。
まあ3巻とかですでに5年ぐらい先にとんでる感じはあるんですが(笑)、その辺はシリーズものには珍しいことでなし、ある種、暗黙の了解的なもので吸収できるだろうという結論で合意しました。いや結構、いざやってみると色々と考えてもみなかったことが出てくるものですね。


3巻は来年の夏、4、5は2015年になる予定です。

来年の予定としては、まず4月か5月に「狼を狩る法則」の続編、With Cautionの翻訳が出ます。夏にアドリアンの3。
Captive Princeの出版も決まっていますが、そちらは詳細未定なのでしばしのお待ちを。その他、ちょっと色々ありまして、ヒストリカルやコンテンポラリーにも広げていきたいという野望はあります。とりあえず、ひとつずつですね。
来年も是非よろしくお願いいたします。

モノクローム・ロマンス専用twitterアカウントができました
一度アカウント変更しました。すみません…

※変更したアカウントはこちら。
モノクロームロマンス文庫です。
(忙しいさなかだったのでうっかりスペルミスしたそうで。お疲れさまです)
こちら中の人は編集さんになりまして、そもそもこういう企画をやらないかと持ちかけていただいた方です。
何か翻訳物に関してのご要望などありましたら、お気軽に投げていただければと思います。「この本おもしろかった!」も、私のところ同様、歓迎です。

次の発売は12月に「アドリアン・イングリッシュ」の1、2がでます〜。ついに!
さて、ちょっとだけ時間があくので、12月ぐらいには少し読書とレビュー期間を設けたいと思っています。溜まっている30冊ぐらいレビュー……は無理かな……でも夢は見るに限るのです。

モノクローム・ロマンス文庫新刊でます!
10/9発売。翻訳しております。

Don't Look Back ジョシュ・ラニヨン
狼を狩る法則 J.L.ラングレー

また綺麗なイラストが〜。
ラングレーさんのは「Without Reservations」の邦訳版です。
興味がある方は是非見ていただけると幸いです。

その関係で、ラングレーさんからこのWithout Reservations含め三冊分の小説のファイルを頂きました。アレクサンダー・ヴォイノフさんからもScorpionのファイルを頂いておりますので、週末にその4冊のプレゼント企画(giveaway)をやろうと思います。
作者さんたちに感謝。

今後は12月にやはりラニヨンさんのAdrien Englishミステリの翻訳が出ます。ついに。来年にかけて5冊刊行する予定! いける筈〜。
また、12月の小説ディアプラスに今年もクリスマス短編の翻訳をしますので、よろしくお願いします。去年のクリスマス短編からすべてが始まったのでした。そう思うとこれで一年間かあ、と感慨深い。M/Mに興味を持つ人が少しでも増えたならいいな。

というわけで、今週「Fair Game」(Josh Lanyon)と「Catch me if you can」(L.B.Gregg)の翻訳版が発売になります〜。
邦題は「フェアゲーム」(そのまま)と「恋のしっぽをつかまえて」。結構厚めなんですが、内容ずっしりですのでよろしくお願いします。次はちょっと事情があって間があきそうですが、少なくとも数冊の展開は予定してます。そこから先はまだわからない!
FairGame_Cover.jpgCatchMe_cover.jpg


画像貼ってみました。素敵です。

それでですね、読んで面白かったら、是非ともAmazonにレビュー書いていただけるとありがたいです。(無理にじゃないですよ!w)
新しいジャンルなので、様子見やレビュー待ちの人が結構いるんじゃないかと。
もし読んで、楽しかったな、誰かに伝えたいなあという気持ちになったら、ちょいっとお時間取っていただけると本当にありがたいです。

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (335)
★★★ (99)
★★ (201)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (11)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2018/07 [GO]| 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2018年
・3月に王子出ました
・夏ごろもふもふ?
・秋にラニヨンさん長編
・冬に王子3巻


*発行済*
・叛獄の王子
・高貴なる賭け
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・So This is Christmas(外伝、短編集)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。