Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Faith & Fidelity
Tere Michaels
Faith and Fidelity★☆ summary:
ニューヨーク市警風紀取締課の刑事、Evan Cerelliは、長年つれそった最愛の妻を交通事故で失ってから、まるで抜け殻のような人生を送っていた。ただ子供たちのために生き、仕事を続けてはいたが、世界はまるで、彼の周囲ですべての色を失ってしまったようだった。
彼は中学で妻に出会い、恋に落ちて、それからずっと他の女性を見たことはなかった。彼女は彼の最大の友人であり、理解者であり、恋人であり、妻であり、子の母であり、彼を世界につなぎとめる存在だった。

元殺人課の刑事Matt Haightは、仲間に背を向けられて警察を去ってから、警備会社で働いてはいるものの、ボトルの底をのぞきこむような日々を送っていた。
アパートにろくな家具も置かず、人生の目的もなく、ただその日をやりすごすために酒に手をのばす。

警官の退職パーティで、2人は出会い、お互いの存在にほっとする。相手を憐みもせず、詮索もせず、余計な世話も焼かない。
ただそこにいて、一緒に酒を飮むだけの友人。2人でいる間は、転落した人生を取り戻そうともがかなくてもいい。何か別のものになろうとせず、自分自身でいられる。

だがその気持ちがいつのまにか、友情以上のものへと変わりはじめる。それに気付いた2人は、仰天する。
それまで自分がゲイだと思ったこともなかった。そんなことはありえない。その筈だった。
.....



Mattは42歳、Evanは30代半ば~後半の筈、だと思う(探してみたけど年齢発見できず。でも長女が17歳だし)。
人生の荒波に叩きつぶされかかった2人が、まるで予期しなかった次の荒波にぶつかって、恐れ、たじろぎつつも、そこから新しい人生を模索していく話です。

Evanは、周囲から愛されています。4人の子供たち、彼の心配をして食事の面倒を見ようとする女性パートナー、理解ある仕事場の仲間。
彼らが自分を案じ、心にかけていてくれることはわかる。でもそのあたたかさを、Evanはもう感じとることができない。
妻が失ってから心がとじてしまった彼は、自分が「ゆっくりと死にかかっている」のを知っているけれども、どうしようもないまま、世界からすべり落ちていく。

その彼にはじめて届いたのが、Mattの存在です。彼のあたたかさにしがみつくように、Evanは人生のぬくもりを思い出していきますが、その先、どうしたらいいかわからない。
Mattと一緒にいて、果たしてどうなる? 事故から1年たったとは言え、亡くなった妻への裏切りにはならないだろうか? しかも男と? 子供たちがこれを知ったらどう思うだろう?
現実の重さをただ恐れ、引いていこうとするEvanを、Mattはとめることができない。

そういう、社会の規範や自分の常識の中で、自分たちの関係をどうするべきかわからない2人の大人の男(てか親父)の心模様を中心にした話です。
そんなに颯爽とした感じもなく、時々情けなかったり、ちょっとよれよれした感じもある親父っぷりがいい。

途中、Mattがたまたまひっかけるone-night-standの相手のJamesがめっちゃくちゃ格好よくて、この一夜のエピソードがいい具合に効いています。(シリーズ次作「Love & Loyalty」は彼が主人公の話です。すごくいい)
いかに色々こみ入ってしまったからと言って、それまで40年自分がストレートだと思って生きてきたMattが「男をひっかけに」夜の町に行くのは正直違和感があるんですけども、Jamesがあんまりいい男なのでそのへんはまあいいか、という気持ちにもなる。

細かい部分はいくつか気になりますが、感情表現が豊かで、全体によく書けている話です。
40すぎて、とか、自分がゲイだと思ったこともない親父、とか、そういうものが好きな人におすすめ。

★ストレート×ストレート(子連れ)
★親父












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。