Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tabloid Star
T. A. Chase
Tabloid Star★★★ summary:
一夜の関係、一瞬、切り取られたシーン──

Josh Bauerは夜はバーテンダーとして働きながら、全部で3つの仕事を掛け持ちしていた。誰かときちんとした関係を持つような時間の余裕はない。
だが1人の男が、彼の心をとらえる。Joshは彼を家につれ帰ると、熱い一夜をすごした。
目がさめた時に相手の姿が消えていたことには、驚かなかった。

行きずりの、一瞬の関係。
その筈だった。

だがタブロイドの一面に出た写真を見て、彼は仰天する。あの忘れ難い一夜の相手は、ハリウッドで売り出し中の俳優だったのだ。
そして思わぬことに、Joshは彼のスキャンダルの相手として巻きこまれてしまったのだった。そんな余裕がある筈がない。3つの職をどうにかこなしながら、彼には守らなければならないものがあった。

Ryan Kellarはついに手ごたえのある役をつかみ、主演映画の成功は約束されているかに思えた。
その間の、一瞬の息抜き。誰にも気付かれないと思っていた。だがまちがっていた。
誰が写真を撮ったのだろう。それともあのバーテンダーが、金のために彼を陥れ、路地へ誘い出したのだろうか?

2人の世界は、タブロイドにのった写真によって引っくり返される。どちらも傷つき、怒っていた。
写真を撮ったのは誰なのか。Ryanのキャリアはこれで瓦解してしまうのか。Joshが守りたい人々は、タブロイドの毒牙から逃れつづけることができるのか…
.....



刺青男×男前ハリウッド若手俳優。素敵な組み合わせです。
2人の間には緊張が残り、糸を引きあうようにして互いのバランスを崩しながら、それでも惹かれていく。その緊張感がいい。
純粋に好意だけでつながっているわけではない、でも離れられない、温度が高いカプです。

スキャンダル、エージェントとの対立、Joshが明らかにしたがらない事情など、色々なことが絡みあって、かなりスピーディな話になっています。
彼らのかかえる痛みがそれぞれはっきりと描かれているので、2人が対立するシーンは見ていて心が痛む。でもRyanを脅すJoshはちょっと格好よかった。
2人は熱い一夜の行きずりとして関係をはじめますが、一連の騒動の中から抜け出すためにともに動きながら、相手を間近に見て、互いの奥にあるものを見出していく。
そこから少しずつ、まっすぐな信頼や人間関係を築いていきます。家族、友人。そんな人たちまで巻き込みながら。
一夜の遊びが、タブロイドのスキャンダルのおかげでより深いものへと進みはじめる。それはRyanも、そして勿論Joshも予期していなかったことだった。

さりげなく、他シリーズのキャラが出てきてますね。
直接出てくるのは、まずバーテンダーのJoshの側には「Home of His Own」のMorganとVance。Brodyの友人&ビジネスパートナーです。
彼らのセリフで「Brodyとそのパートナーが遊びにきてて」みたいな言葉があるので、Tonyも一緒にいるんだなーと、何だかすごく嬉しくなってしまった。Tonyに会いたいなあ。大好きだ。
さらにハリウッド俳優Ryanの側には、「Love of Sports」シリーズの双子の片割れであるGarrettと、彼のパートナー。このシリーズについてはまだレビューしてないですね。押しも押されぬハリウッドスターGarrettも、恋人と一緒に格好いい姿を見せてくれます。この2人も幸せそうでよかった。
ちょっとしたお遊びというかサービスなので、そっちの話やキャラを知らなくても全然大丈夫ですが、世界が広がった気がして楽しい。

T.A.の話で私が好きなところのひとつは、読みおわった後に「Happy ever after」がありそうな気がするところです。かと言って、重さがないわけではない。
どんなに障害があるように見えても、どんなに大変な2人でも、2人で手をつないでさえいればいつか「そして、みんな幸せに暮らしました」がやってくるような気がするのです。

この話もそういう話。まだまだ大変だけれども、きっと最後にはみんな──2人だけでなく、周囲のみんなも幸せになれる。そう感じられるストーリーです。

★スキャンダル
★刺青












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。