Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adder
Ally Blue
Adder★★ summary:
音楽、セックス、名声…それさえあれば何もいらない筈だった。
「L」ではじまるあの言葉すら。

Adderには、はっきりとした人生の目的があった。自分の音楽で身をたて、名声を得ること。人生を楽しむこと──すべての点において。
少年時代からその目標に向かってつき進み、手に入るすべてのものを楽しんできた。男だろうが、女だろうが、音楽だろうが。ファンに愛され、寝る相手にことかいたことなどない。それで満ち足りていた。
誰かと真剣につきあおうなど、1度たりと思ったこともなかった。

バンドの新しいドラマー、Kalilが自分の目を引いた時も、それまでと何も変わらないと思っていた。寝てみたいが、それだけのことだと。
KalilもAdderに惹かれるが、彼はAdderのようなやりたい放題の男の相手をするつもりも、バンドメンバーとつきあって物事をややこしくするつもりもなかった。
だが強引なAdderに、結局Kalilは押しきられてしまう。

1度寝てみて、好奇心と欲望を満たして、だが物事はそれで終わらなかった。2人の間にあるものは、彼らが考えていたよりも深く、強烈なものだったのだ。
そしてその気持ちは、彼らのどちらをも動揺させ、怯えさせる。

一方、バンドにもついに大きなチャンスが訪れ…
.....



Adderはとにかく自己主張が強く、わがままで、やりたい放題、貞操観念などかけらもなく、あからさまで、臆面もない。格好が何かキラキラしていて悪趣味。一言で言うと、性格も見た目もけばけばしい男です。
でも音楽には真摯で、友人には嘘をつきません。勝手だけど、いい加減なわけではない。そのバランスが魅力的で、時々とても笑えます。

Kalilは根っから真面目で、頑固で、融通がきかない。独占欲が強いし、ところかまわず誰かと寝たりはしない。
Adderと性格があうわけがない…と思いながら、奔放なAdderに惹かれ、結局何だかうやむやに2人でつきあっているような状態になってしまうのですが、その状況もKalilを悩ませます。
Adderともし別れたら、大好きなこのバンドを出ていかなければならないんじゃないだろうか。Adderがそのへんの女といちゃいちゃしてるのが気に入らない。でも別に何を言う権利があるわけでもないし。ああ何か息苦しい!
鬱々としながらも何も自分からは言えないKalilを、Adderはじいっと見て、悩みを聞き出して、何度も「大丈夫だ」と悟す。でもKalilは悩むのをとめられない、そういう性格。よくAdderとつきあっているもんです。

それでもって、ここはAdderが受けです。Adderいわく「俺は受けしかやらないし」だそうで、「つっこみたければ女と寝るじゃん?」ということらしい。理屈が通っているような、いないような。
Kalilも基本的に受けなんですが、Adderが「俺はやだ」と言うから、仕方なく彼が攻め役をやっています。
不憫な奴…

2人の関係が深まるうちにバンドにとっても大きなチャンスが振ってわいて、Adderはそれを本気でものにしたい。だがそれは、はじめてのKalilとの対立を生むのです。
行き違い、嫉妬なんかも含んで、若さと疾走感のある話です。
真面目でうろたえやすい、でも時にAdderも手こずるほどに頑固なKalilがAdderにいいように翻弄される様と、わがままで俺様なAdderがいつのまにかKalilにめろめろになっている様子が読みどころ。楽しい。

Ally Blueは人気作家なんですが個人的には相性が微妙で、現状は勝率5割。しかしたまにこういうヒットがあるから買ってしまう(話がつまらなかったことは1度もないし)。これとか「The Happy Onion」が好きです。
筋立にいつも工夫があって、人と人の対立やドラマのあるストーリーを書く人です。ここは可愛い年下攻めが、めっぽう強気で頑固。

Adderというキャラが好きになれるかどうかで、この話の評価が大きく変わると思います。
わがまま勝手で型破りなだけではなく、なかなかユニークに一本芯が通った(通り方がおかしなことにはなってますが)キャラなので、興味がある人は是非どうぞ。
バンドの他のメンバーもなかなかいい味出してます。

★バンド
★頑固×奔放(ヘタレ攻め気味)












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。