Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fair Winds
Chrissy Munder
FairWind★★☆ summary:
Rudy Haasは船とレースを何より愛していた。
だが、何とかやりくりしてレースの参加費分担を払い、ヒッチハイクで湖にたどりついてみると、仲間のクルーは彼が船に乗るのを拒否した。
Rudyは信じられなかった。5年もともにレースをしてきた仲間が、Rudyがゲイだというだけの理由で、彼をこれほど嫌うとは。

帰りの金もなく、船で寝るつもりだったので夜眠る場所もない。
だが何より、レースに出られないことがつらかった。
どうにかして船に乗るため、Rudyはクルーの募集を探してバーをのぞき、コルクボードに留めてあった紙を見て驚く。Devlin's Due。その船の名を、彼は知っていた。腕のいい連中だ。

Devlin's DueのクルーをたばねるIke Ujarkaは、口数が少なく謎めいた男だった。
Rudyは一目でIkeに惹かれる。それも強烈に。

だがとにかく今の彼は、ヨットマンとしてクルーたちからの信頼を、そしてIkeからの信頼を得なければならない。船を、新たな居場所を得るために。
.....



レースヨットの話。と言っても、まだレースに入る前までの話ですが。
Rudyがいかに海を愛しているかがつたわってくるので(舞台はでかい湖だけど)、彼が船を下ろされた時のショックや、次の船を探すための切羽つまった気持ちがよくわかります。
彼の人生は船のためにある。その居場所をいきなり奪われた、失望はでかい。
でもレースは待ってくれないので、新しい船を探さなければならない。そして彼はDevlin's Dueの連中に出会うのです。

Rudyがころがりこんだ新しい船「Devlin's Due」のクルーは、実に「チーム」感があふれていて、読んでいて楽しい。何だか家族みたいです。互いにののしりあったかと思うと一瞬で結束する。
そしてリーダーのIke。(「アイク」じゃないかと思うんだけど、どうしても「イケ」と脳内でローマ字読みにしてしまう…)
大柄で物静かで、独特の雰囲気をたたえた彼が、至るところで格好いい。彼のセリフは数えるほどしかない気がしますが、それでも格好いい。

Rudyは彼らにクルーとしての適性をテストされる短い日の中で、色々なことを体験します。容赦のないしごき、Ikeへの恋、船の上でのキス、湖上の嵐、事故…
そのすべてがRudyを強く揺さぶる。前の船を下ろされたからというだけでなく、彼の人生はその日々で大きく変わっていくのです。
スラではあるけれども、カプがどうとかと言うよりむしろ、Rudyの成長話という趣が強いですね。それがテンポよく、色々な人生のドラマを散りばめられながら語られます。筋は複雑ではないんですが、うまくできた話で、かなり手練な作者かと思う。

クルーとして迎えられることができるのか、不安ながらも、全力を尽くすRudyの懸命さがなかなかいじらしくて、応援しつつ読んでいました。
IkeとRudyだけでなく(このカプもなかなか味わい深いんですが。…Rudyはちょっと苦労しそうな気がする)、Devlin's Dueのクルーの話の続きが読みたいなあ。
微妙に書き残されたこともあるし。話はきっちり完結してますが、設定がもうちょっと深めに設定されている気配があって、作者側も続きを書くことを前提にしているのかもしれない。
楽しみです。
みんなでレースに出て、Rudyの前の船をけちょんけちょんにしてくれたらすごく嬉しいんだけどな!

スポーツもの、海もの、船ものが好きな人。「仲間」感があるものが好きな人におすすめ。

★ヨットレース












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。