Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Hell You Say
Josh Lanyon
The Hell You Say★★★ summary:
Adrien Englishが経営する書店のアルバイトは、悪魔教のような集団から嫌がらせの電話を受けつづけていた。彼は怯えていて、その理由を言おうとしない。Adrienは大学生同士のいじめのようなものだと思い、彼にボーナスをやって一時的に町を去らせた。
町では奇妙な儀式による殺人死体が発見されはじめ、Adrienの隠れた恋人Jakeは、その捜査にあたっていた。

Adrienが書店のイベントに招いた人気作家は、とあるカルト集団について次回作を書くべく調査している──とイベント中に宣言し、失踪した。
そしてAdrienの書店の入口にも、悪魔教の模様のようなものがペンキで書かれる。
何かがおこっていた。Adrienは大学教授に会って悪魔教についての話を聞きはじめる。

その一方、Jakeとの関係は一見うまくいっているようだったが、そこにはいつも緊張感が横たわっていた。Jakeはホモセクシュアルである自分を嫌っていて、自分の性癖が明るみに出ることを恐れている。それは、Adrienが永遠に隠れていなければならないことを意味していた。
彼はJakeの日常の一部にはなれない。そしてJakeはAdrienを求める一方で、それ以上に「普通の」人生を求めていた。
.....



Adrien English ミステリシリーズ。2冊目ですが、3作目(1冊目に2話入ってるので)。
悪魔カルトによる殺人や、人の失踪で騒がしい町で、Adrienはいつものように事件に首をつっこんでしまいます。

JakeとAdrienの関係は複雑で、2人の複雑なキャラクターがそれをさらに入り組んだものにしています。Adrienはとても知的で、繊細で、Jakeの置かれた立場をわかっていますが、それが彼らの関係の痛みを減らしてくれるわけではない。
Jakeは強靭で苛烈なところを持つ男ですが、その一方でAdrienに対しては優しい。2人きりの時は。
ほかに何もいらないかのようにJakeがAdrienを求める一瞬からは、Jakeもまた、人生の中でもがいていることがわかります。

互いに互いの空虚を満たす、とても素敵なカプなんだけれども、破綻は足元まで迫っている。Adrienはそのことを知っているけれども、Jakeの方がそれを受けとめきれていないかのようです。
どちらも求め、どちらも苦しんでいる。互いに言葉に出して内面をさらけ出すことは少ないけれども、そのテンションがいつも互いの間にある。読んでいるとその複雑で切ない人生模様に引きこまれます。

一方でAdrienは事件を掘りつづけ、死体に行きあたったり、脅されたりと相変わらず忙しい。さらに身内の再婚やら、相手の家族とのつきあいなど、本当に忙しい。
あまり社交的なタイプではありませんが、彼の見せる繊細さと皮肉屋の一面を、人々は大抵好きになります。Adrienの中には拭えない影があって、彼は時おり扱いにくいけれども、大抵は優しくてフェアで、誰に対してもいい友人に見える。
だからこそ幸せに暮らしてほしいんですが。
騒がしい「日常」の中で、AdrienとJakeとの関係はもつれ、Adrienに好意を持つ男が現れ、だがその男がカルトに関っているかもしれない?と、物事は彼の周囲で混沌としていく。Adrienの人生そのものも、混沌としつつあります。他人といることが好きなわけではないが、外でにぎやかにすごした後、1人で書店の2階の住まいに帰るのは気がすすまない。で、事件を掘ってみるものの、それはさらなるトラブルやJakeとの対立を呼んでしまう。

読んでいると、何だかちょっとAdrienが可哀そうになる。彼はとても魅力的なんだけど、時おりあまりに孤独に見えます。
Adrienが求めているものが何なのか、それはやはりJakeと一緒の人生だろうと思いますが、それは決してAdrienの手が届くところにはない。そのことが、彼を余計に孤独にしている。

ミステリとしてもおもしろいと思うんですが、やはり読みどころはJakeの強烈なキャラクターと、それがAdrienの人生にもたらす津波のような力でしょう。
作者のLanyonは芯の強い強靭なキャラを書くのがとてもうまいけれども、その中でもJakeは群を抜いて強烈で、私は彼が好きですが、それでも読んでいて本気で怒りを禁じえないところもあったりします。あああ、殴ってやりてえ!
それくらい、物語として強いキャラです。彼はAdrienを傷つけるけれども、きっと彼自身も傷ついているのです。

決して甘い話ではありませんが、Adrienの人生の複雑さが凝縮された、濃密な一冊。
一度、腰を据えて読んでみるに値する物語だと思います。おすすめ!

★ミステリ
★対立












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。