Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Enthralled
Laura Baumbach
Enthralled★★ summary:
Colin Dobsonがホテルの窓から身を投げたまさにその瞬間、夜空を飛来した何かが、彼を部屋の中へ押し戻した。

Rowland Campbellは3人の吸血鬼ハンターに追われ、矢で貫かれたまま人間の部屋にとびこむ。
そこで出会ったのは、自殺願望を持つ端麗な青年であった。

彼らは完璧な取り合わせであった。Colinは死を歓迎し、Rowlandは傷を癒やすために人間の血が必要だった。
この暗い闇を生きる日々はRowlandの望んだものではない。だがそれでも彼は千年以上の長きにわたって、生きるために戦いつづけてきた。それが人間の命を奪うことを意味しても。この先も戦い続けることに迷いはなかった。
Colinの血を啜ることにも。

はじめは獲物と捕食者。だが2人は互いの中に、自分に欠けていたものを見出す。ColinはRowlandに守られ、必要とされ、欲されることに満たされ、Rowlandはこのひ弱な人間の中にある純粋さに惹かれた。それは彼の中にある、決して埋められない筈の空隙を満たす光。
.....



Breathing(Enthralled2)
Laura Baumbach
Bleathing★★☆ summary:Colinは、それまでの、外界から切り離されたような人生では考えられないような日々を送っていた。
Rowlandとともに旅をし、独占欲の強いこの恋人から、信じられないような快楽と情熱を教えられる。RowlandはColinを守り、すべてを与えた。

だが同時に、すべてを分かちあおうとはしなかった。どこへ行くのか、何のためなのか。常に彼は判断を自分で下し、Colinを従わせた。そのことにColinが不満を持っているわけではなかったが。
ただひとつ、Colinが恋人と分かちあいたいと望むものは、呼吸──生きている恋人のように、Rowlandの息とそのあたたかさを分かちあいたかった。彼はRowlandを愛していたが、闇の中で息をしない肉体とともに横たわっているのは、想像以上に彼の気持ちを波立たせた。

RowlandはまたもやColinに何も言わないまま、彼を刺青師のところへつれていく。
そして彼らの背後には、執拗にRowlandを追うハンターの影も迫っていた…
.....



短編なので、2本まとめて紹介。
「Enthralled」シリーズの1と2です。

吸血鬼と人間で、わりとテンプレというか王道ですね。
Rowlandは古く力の強い吸血鬼で、強く、たくましい肉体と、不屈の精神を持つ。Colinは子供の頃からの病、それにともなって外界から隔絶されて育ち、家族とのふれあいも少なかったようで、繊細というかちょっと壊れやすい感じ。それだけに、無邪気でかわいいところもある。
2人が運命のように互いに落ちていく様子が語られています。

Rowlandがまさに「闇の支配者」然としていて、傲慢で美しく、いい吸血鬼っぷりです。
獲物として見ていたColinに惹かれるものを覚え、飽きるまでそばに置いとくかと思って手を出してみる。しかし気付いてみれば、相当がっつりColinにハマってしまっているようです。
「俺様」な人が(というか吸血鬼が)恋に落ちた相手を守るの図ってのは、とにかく読んでいて楽しい。守ろうとしながら支配する、その感じがよく出ています。

戦闘シーンや刺青のシーンなどもしっかり書かれていて、一気に盛り上がって読めます。
吸血鬼や王道好きの人におすすめ。
体格差、保護者/被保護者、支配者/従属者など、わりとスラの中でも「BLっぽい」感のある話なので、「スラッシュを読んでみたいけど、あんまりガチムチっとしたのは…」という人にも入りやすい1本だと思います。

★吸血鬼/人間
★タトゥー












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター