Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mexican Heat
Laura Baumbach & Josh Lanyon
Mexican Heat★★★ summary:
サンフランシスコ警察のGabriel Sandaliniは、情報屋とコンタクトを取るためにバーに出かけたが、情報屋は現れず、正体のわからない男と行きずりの関係を持ってしまう。
名前も知らないくせに誰よりも彼を理解し、彼の中にあるものを見抜く男。
だが、二度と会うつもりはなかった。Gabrielは誰かに弱味を見せたり、関係を深めることなくここまで生きてきたのだ。彼の生活では、他人に必要以上に近づくことは命の危険を意味した。

Gabrielが麻薬組織の中に潜入捜査を開始して、もう2年になる。この2年で中核へ近づいてきた。
あと少しで大きな組織を摘発できる筈だった。

Gabrielの潜りこんだ組織が、メキシコの組織と組んで新たな麻薬取引をはじめる。取引の話し合いのために現れた、相手の組織の連中に見知った顔を見つけ、Gabrielは凍りつく。
あの男。
バーでの一夜の男は、メキシコの麻薬組織のボスの片腕だった。

優雅で、強く、確信を内に秘めた男、Miguel Ortega。Gabrielは彼をできる限り無視しようとする。ここで揺らぐわけにはいかない。
だが2人は上から命じられ、麻薬の取引ラインを確立するために一緒にメキシコへ旅立つ。そこで2人きりになったOrtegaは、Gabrielに思わぬことを言った。Gabrielのボスが、Gabrielを邪魔に思っている。できるだけ早いうちに、隙を見つけて逃げろと。
だが逃げられない。潜入捜査はやりとげなければならない。それが自分の命の危険を意味しても、Ortegaを刑務所に叩きこむことを意味しても。

そしてまた、Ortegaにも大きな秘密があった──
.....



Josh LanyonとLaura Baumbachの合作。というか、インタビューとか読むとLauraの書いていた話にLanyonがメールで指導を行ったようです。
Amazonでもペーパーバックが出版されていて(そっちが先らしい)、去年、電子書籍としても再発売されました。

熱い、本格クライムサスペンスです。好きな話なので何回も読み返しています。描写が力強くて気持ちがいい。
Gabrielは怒りと孤独に満ちた、荒々しい男で、潜入捜査をしている刑事としての自分以外に「自分」を何も持たない。家族も、友人も。
Ortegaはスペイン人。こっちも熱いな。ちょっと笑っちゃうほどキザなところがありますが、映画の主人公のような「いい男」です。彼はGabrielに惹かれ、その中にある空虚に惹かれる。だがのばした手を、Gabrielはいつも払いのける。どれほど惹かれていても、彼はその手をつかむわけにはいかない。

とにかく2人の間にある緊張感がただごとではありません。前半の、互いの秘密を間に置いた時の緊張感、後半での互いの人間関係がまるで変わってしまった後からの緊張感。傷ついたGabrielはその闇から這いあがろうとし、Ortegaは手を貸そうとするが、Gabrielの孤独とプライドは彼に対しても牙を剥かせる。
大きな運命のうねりの中で、それぞれ強烈な個性を持つ2人の男が、何かを作りあげていく。その過程は荒々しく、痛みに満ちています。

映画のようで、一気に読める話です。いくつか後半に「もうちょっとここに描写があればなあ」と思うところもありますが(特にGabrielの最後の変化の描写がほしかった)、いい話だからこその文句と言えるでしょう。
てゆーか私はもうちょっとラブラブなシーンが読みたかった。エロってわけじゃなく。もうそれは好みですな。でもOrtegaにいいように甘やかされるGabrielとか、すごくいいと思うのだ!

こういうジャンルが好きなら絶対おすすめ。かなりびっくりするような展開があり、ハラハラしたい人にも。
キャラが肉体的に苦しむ部分がありますので、そういうの苦手な人は注意。

★クライムノベル
★潜入捜査

読んでみました。面白かったです。
映画のマフィアものとか潜入捜査ものとか,思い起こしつつ,楽しく読みました。私は洋画や海外ドラマ好きで,よく何てことのないシーンで萌えてしまう(笑)のですが,こういう話を読むと,洋の東西を問わず,もしかして同志は案外多いのではないだろうか…などと思ってしまいました。
とにかく,よかったです。
エッジが立ってて、おもしろいですよね。
そうそう、最近「Hollywood bromance」という言葉に出会って、bromanceが辞書に載っていなかったのですが、どうやら「brother」と「romance」をかけて、「男同士の(ちょっと腐女子的な)友情」のことを言うらしいです。
いや腐女子的、と明言はされてないんですが、「romance」が入るなら腐女子的でしょう!(笑)
というわけで、そのへん楽しむ人って結構いるんだと思いますよ!











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。