Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Diving In Deep
K. A. Mitchell
Diving In Deep★★ summary:
Cameron Lewisは水難救助のインストラクター兼トレーナーとしての自分の仕事を気に入っていた。
あちこちの町から町へ講習を行うためにとびまわり、30歳に近くなった今も決まった恋人はいなかったが、寝る相手に困ることもなく、人生に満足していた。いた筈だった。

Noah Winthropは兄の幼馴染にずっと恋をしていた。それは初恋だった。だが16歳の時に思いきって打ちあけても、Cameronは彼を相手にしなかった。
Noahが19歳の時、兄の結婚式でCameronが介添役をつとめる。そしてその夜、NoahはCameronと一夜をともにした。
目がさめるとCameronは姿を消していて、それから6年間、NoahはCameronの姿を見ることはなかった。

のりこえたつもりでいたが、いつもNoahの心の中にはCameronがいて、あの一夜を忘れることができずにいる。
そんなある時、水難救助の研修の概要に、NoahはCameronの名前を見つけ、6年ぶりの再会を果たした。Cameronは大人の男になったNoahに強く惹きつけられるが、Noahは2度とかつてのまちがいを繰り返すつもりはなかった。
これを一夜の関係にはできない。NoahはCameronのただのセックスの相手ではなく、もっと意味のある関係になりたかった。
そしてそれは、まだCameronにとって心がまえのできない関係でもあった。
.....



親友の弟に迫られて、うっかり寝てしまった。しまったと思って背を向けて、6年たって近くの町まで戻ってみたら、その相手はとんでもなくゴージャスな男になっていた、さてどうする。というような話。
NoahはCameronの「特別」になりたいけれども、6年前にCameronが何も言わずに消えてしまったことはトラウマになっていて、Cameronに強く踏みこむことができない。また逃げ出されたらどうしようかと思って、何だか自分にとって曖昧なまま関係を続けてしまう。

一方のCameronは強い男で、つねにTop(攻め)です。
だがNoahはいわゆる「Bottomタイプ」ではなく、そのことがCameronを悩ませたりする。自分はTopでいたいけれども、Noahは一体どうなんだ、とか。あんまり本当は相性よくないんじゃないか、とか。
「リバ上等」が多いスラの中で、ここまでTopがBottomがと悩みつづけるのは珍しい。でもそれはただの嗜好ではなく、Cameronの性格というか、Cameron本人にとって大事な立脚点です。コントロールを握りたい男。だがNoahは彼を揺さぶる。ほかの誰にもできないような深みから。
それが余計、彼にNoahとの間に一線を引かせる。

NoahはCameronを愛していて、こうやって関係を持てるだけで充分だと思っていますが、それだけでは駄目かもしれないとも思う。
好きでも。好きだからこそ。
そのあたりでぐるぐるするNoahが、ちょっと馬鹿馬鹿しいくらいかわいいです。でかいゴージャスな男が捨てられたことのある犬みたいにうろうろしながら、それを隠そうとたまに意地を張っている。初恋だから仕方ないな!

K.A. Mitchellの話の特徴としては、人と人を結ぶ力関係の複雑さと、それに翻弄される感情描写の強烈さです。そのあたりの表現が非常に細かい。「細かいことは気にするな」というタイプの人には向かないくらい、細かい。キャラが強烈なだけに読んでいておもしろいんですが。
人間関係のあれこれを読みたい、という人におすすめ。情動、緊張感、期待、失望、息苦しさ。時に争い、時に言ってはならないことを言ってしまったりもする激しい2人です。
エロも相当に濃厚。

で、私はこの話を読んでやっと「Collision Course」の内容が腑に落ちました。Joey(この話ではNoahの元彼)が主役なのですが、この「Diving In Deep」の彼を見ると、あっちの話での言われようが理解できます。たしかにJoey、問題あるな。そう思って読み返すとわかる。ああ、半年かかってすっきりしました。
やっぱシリーズはちゃんと順番に読むものですね。この本を読むまでシリーズだったことも認識してませんでしたが。
そのうちあっちもレビュー書こうと思います。

★初恋(再会)
★エロ多め












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター