Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

利用したことのあるネット書店について、簡単な自己流まとめ。メジャーな書店にはリンク集からも行けます。
ここの情報は随時更新予定。(13/5/30最終更新)

※現状として、作家はAmazonに展開しつつ、インディーズのこうした出版社も使ったり、自分のサイトで販売していたりと複数のルートを持つことが多いです。Amazonよりは、出版社からじかに買った方が作者に入る額が高いため、どちらでもいい場合はなるべく出版社から買っておくと地味ですがサポートになります。

Riptide Publishing
作家さんが集まって立ち上げた書店。そういうのほかにもあるのですが、ここは最近、台風の目になりつつあります。売上げが上がると印税のパーセンテージも上がる仕組みで、最高50%が作家に入るシステムは素晴らしいと思う。
かなり実力のある作家が集まってきていて、人気シリーズのCut&Runも途中からここに版権移してます。まだ初期のシリーズはDreamSpinnerにありますが、それもいずれ取得する予定だそうです。そんなわけで今、注目の書店と言えます。

LooseID
「うちは全部ホットなものがおいてあるから、あえてエロレーティングはしない」と言いきる書店。ここで買えば全部エロいと思ってまちがいない(…しかしごくたまに例外がっ)
人気作家も多く、刊行もコンスタント、当たりも結構ある印象です。ただし何でか知らんがうちの環境では検索が使いものにならない。
最近は、本を買うと「あなたはこの作家も好きじゃないかな」と推薦リストを出すようになりました。微妙に役に立つような、そうでもないような。
カードのみ、ペイパル決済なし。システムがたまにひどく遅い。
最近、ePubに対応してくれてるようなので、今はePubで買ってます。
★近頃は軽く勢いがおとなしくなってきて、やや男女ものに傾いてきているような印象。

Samhain Publishing
ここもアベレージ高めの印象がありますが、このごろ男女ものの方が多いな。新刊は一割くらい引いてくれるのでありがたいです。
ここはあんまりトラブルありませんが、なるべくePubで購入。

Amber Allure
Amber quillのゲイフィクション部門。クレカのみ。
同テーマの本をあつめた「コレクション」なんかを25%オフで売ってたりする。しかし全部「当たる」のは至難の技なので、賭ける気持ちがなければ避けた方が無難かもしれません。
割引フェアをやったり、10冊購入すると1冊フリーダウンロードにしてくれたりと(要メールでの簡単なやり取り)、ユーザーサービスが旺盛でありがたい。長編の25%オフをやってる月もあります。
prcファイルは、一度ためした時にはロックされてました。

Liquid Silver Books
人気作家に声をかけたり、ブログ小説の出版を持ちかけたり、人気のあるものはペーパーバック版も出したりと、努力している書店だと思います。
地味に地力が安定している印象。テーマに沿ったアンソロを毎月出したりしてます。

Dreamspinner Press
この数年ですっかり台頭して、今一番勢いのある出版社じゃないでしょうか。
オーディオブックや翻訳(スペイン語やドイツ語など)にも精力的な動きを見せています。
twitterでフォローするとフォロー返ししてくれます。…が、その後何故かブロックされました。日本語ツイートが邪魔ならアンフォローするだけでよかろうに…

Changeling Press
基本的にクレカのみ。
まだ自分的になじみの薄いパブリッシャーです。実際には結構メジャーなんじゃないかと思いますが。
言っては何だが、バタくさい表紙が多い…しかしそのうち色々掘ってみようと思っています。

Torquere Books
Sean Michaelなど人気作家もかかえてるんだけど、どうもあんまりやる気の見えないパブリッシャーだったりします。表紙が出来合いの写真だったり(風景とか果物とか)で、何冊も同じ表紙だったり、中身の推察ができないあたりもネック。
おもしろい本もあるんだけどなー。※最近変わりつつあるようなので、また足をのばそうかと‥‥

Mlr Press
ゲイもの専門の書店。つってもゲイ文学よりスラ寄り?もしくはスラにしてはゲイものっぽいと言うのか。
いい作家がいるんですが、シリーズ物の表記がないことが多く、うっかり買うと「シリーズ第二作」だったりとかしょっちゅう。買う際には作家名で検索してチェックするしかなさそう。サイトが使いにくいのが残念。

Musa Publishing
Aspen Mountain Press Romanceが夜逃げした後、スタッフが作家の受け皿として作ったところ。でも男女もの展開に偏っていて、M/Mは一部Carina Pressなど別のところに版権移行しました。

Phaze Books
一般フィクションを出している電子出版社からスピンオフしたエロ出版社。警告アイコンのセンスが凄まじい(一見の価値あり!)。
数は少なめな感じがしますが、Non-conを含むタイトルがちらほら見えるのが珍しいので、いつか掘ってみる予定。

Total-E-Bound
ここは何と言っても看板作家のCarol Lynne。人気もあるけどほんとに多作な人で、この出版社で何か買おうとすると絶対に出てくるという。冗談抜きでここの3割くらいはこの人の作品なんじゃないだろうか、ってくらい。ほかの本もあるけどね。全体に作品レベルは安定している印象。T.A.Chaseも最近ここに軸足移してきています。
クレカもペイパルもあるんだけど、何故かここでクレカ払いを成功したことがないので、いつも結局ペイパルごしに払ってます。何が悪いのか。

Ravenous Romance
本の値段は長さに合わせて三種類に分類されていて、長編は$4.99なので長さによっては大変お買い得。あとたまに破格のセールをする。今のところ当たり外れのムラがちょっと大きいかな。当たりを引くと大変うれしい。

Carina Press
2010年6月オープン。Harlequin Enterprises Ltdという出版社のスピンオフ。新参のわりにいい作家を取り込み中なのはバックボーンの為せる技?
全体に、男女物中心にビジネス展開してます。

Lulu
ここはパブリッシャーではなく、あくまで委託販売のようなところです(同人誌のダウンロード販売のようなイメージでいいかと)。
たまに掘り出しものがありますが、自分で掘ったりする根気はないなあ…
私の好きな作家さんで、出版社にリジェクトされたものをここで出している人がいまして、そういうものを買っています。

Smashwords
ここも自費出版というか委託販売所。Luluからこっちに移ってる人がいるので、システムが便利なのかな?

MyBookStore
いくつかの書店の本を売っている販売サイト、だったのですが、母体のSamhainに吸収されたようです。よかったんだけどなあ。


他、まだほとんど使ってない(&なじみの薄い)ところ。
All Romance Ebooks(Lindenと関係あり?男女ものが多い印象)
Ellora's Cave Romantica
Bind Eye Books (電子書籍は扱ってませんが、何冊か別の業者を通して電子出版されているものも)
Extasy Books
Dark Roast Press
Noble Romance(本が探しづらい…)
Manifold Press(また新しい書店。イギリスの書店らしい。現在、海のものとも山のものともつかず)

Breathless Press また新しい書店?未利用。

まだまだ知らない書店があると思うけど、それにしてもいっぱいあるねえ!

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター