Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

full one-eighty」spinした、という言い回しが出てきて、少しおいてから「180度かー」と気がつきました。
one-eighty=180っていうのもなかなかストンと感覚的につかめないし、その助数詞が「度」だというのもすぐ出てこない。
こういうことはわりとよくあって、何せ英語に助数詞がない!ってことには、未だに慣れません。「ten to three」で「2時50分」(3時10分前)とか。

スラだとよく出会う「on all fours」、これも最初はよくわからなかった。何が4つ?とか思って。
そのうち「四つん這いか!」と気付いた瞬間には、何だか感動したものです。
(on all fours = on his hands and knees)

twenty-four seven」が「24(時間)(週)7日」にあたるのに気付くのにもちょっとかかった気がします。辞書調べろよってなもんですが、そのへん気にせずのしのし踏み倒して読んでいると、ある瞬間に腑に落ちたりします。

「twenty-four seven」は日本語の「四六時中」に近い言い回しだと思うんですが、もともと「二六時中」と言ったそうです。昔は1日を昼6時、夜6時に分けたので「2×6時」。
四六時中はそれを今の時間にあわせて言い直したもので、「4×6=24」で24時間になります。
しかし外人さんは、「四六時中」と聞いたところでそれが何だかなかなかわかるまい。こういう言い回しはやはり、外からはぴんとこないものなのかもしれません。
掛けてない分、「twenty-four seven」のが親切かな…

「801」=やおい、とかもわかるまいなあ。…これはわからない方がいいのか。












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。