FC2ブログ

Slash×Slash

M/M小説 (原書)レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
★三つ星評価システム★

→このブログについて

How to Walk Like a Man
Goodreads-icon.pngEli Easton
howtowalklikeaman.jpg★★★ summary:
How to Howl at the Moon続編。
人の姿になれる犬たちがひっそり生きている町マッドクリーク。そこに新たな難題がふりかかる。
山中にアジトを拡大しようとする麻薬組織の動きを受け、DEAは町に一人、常駐のエージェントを派遣してくるというのだ。
Lanceの全力の反対も実らず、マッドクリークの町にもDEAエージェントのMattがやってくる。
この町の真実を彼に知られてはならない! 隠しとおすのだ!

そのために、LanceはMattにお目付け役をあてがう。
Roman、元軍用犬のジャーマンシェパードだった男。
Mattを町からできる限り引きはなしておく任務を、Romanは生真面目にこなすのだが、人間になって問もないRomanにとってすべてが不慣れで新しかった。そしてMattと一諸にいると世界はいつもより鮮やかに見えた。
.....



1では生まれつき変身能力を持ったボーダーコリーLanceの話でしたが、そこにも出ていたジャーマンシェパードのRomanの話が続編。lの後半でRomanが救ったSWAT隊員Mattが町にやってくる!
あわてたのはLanceです。人間というものを信用していないLanceは今回も態度が悪い。ありていに言って、あやしい。
この町は何か隠しているんじゃないのか、とMattも疑いはじめます。完全にやぶ蛇じゃん?

RomanはLanceの命令を受け、Mattに周囲の山を案内して回る。それはMattを町から引き離すためですが、Mattは観察力があり思慮深いRomanに感心するし、RomanはMattから今まで知らなかったことをたくさん教えてもらう。パチパチする飲みもの(シャンパン)とか!自転車とか!
誠実なMatt、不器用なRoman。この2人がじっくりと近づく様子がほほえましい。どっちもとても誠実で、それぞれのぎこちなさをかかえています。
ジャーマンシェパードだったRomanは最愛の人間を戦場で失い、ヒトの姿になれる力を得たのですが中味はまだかなり犬。それも心傷ついた犬です。
そんな彼が、町を守るという目的を見つけ、居場所を得て、そしてMattと出会って初めて笑い方を知るのです。狭い世界に生きていたジャーマンシェパードが少しずつ人間になっていく感じ。もーほんと応援したい。

軽やかな話の展開も健在で、今回もLanceがヤバい。Romanは軍用犬だったこともあってまあセックスの知識ゼロなんですが、素直だからなんでもLanceに聞いちゃう。ムラッとするのはどうしてですかとか股間でかくなったんですけど病気ですかとか。ぜんぶ。
多分、マッドクリークのみんなは困ったらLanceに聞けばよし!と無条件に信頼しているんだと思うけど、そりゃあLanceも大変だろうとちょっと同情するぞ。がんばれLance。

同時に、これはRomanの喪失と再生の物語でもあります。
最愛の人間を失い、ヒトとして生きていくことはつらい。右も左もわからない世界で何をよりどころにして生きていいのか、どうやってこの喪失をうめればいいのか。純粋なジャーマンシェパードの心が切ない。
世界は過酷です。光を奪われても歩いていくしかない。立ち上がって、2本の足で。
そこで出会う誰かが、その愛が、その一歩の力になるかもしれないから。
そして自分も、誰かの力になれるかもしれないから。

MattはRoman相手にとまどいつつ、自分の望みを見つけ、彼もまた歩いていく方向を、道標を見つけるのです。
もちろん2人の間には大きな秘密があって、Romanは町の真実を何があっても隠しとおすしかない。でも嘘が下手な男なのですよ。大丈夫か?

ほのぼのしたり、切なくなったり、2人の可愛い恋模様を味わえる1冊。周囲も可愛いし。特に犬好きには何粒もおいしいぎゅっと濃厚な物語です。

★犬シフター
★軍用犬












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (342)
★★★ (102)
★★ (205)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (11)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト⇒■

・2019年
・6月 雑誌に叛獄の王子後日談「夏の離宮」
・10月「ヒトの世界の歩きかた」(もふもふ2巻)
・11月「ロイヤル・シークレット」
・12月 モネ・マーダーズ
・12月 フェア・チャンス(予定)
・カササギとか英王室ものとか?


*発行済*
・月への吠えかた教えます
・叛獄の王子
・高貴なる賭け
・王たちの蹶起
・夏の離宮(電子版)
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・So This is Christmas(外伝、短編集)
・ドント・ルック・バック
・マーメイド・マーダーズ
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)
・還流
その他電子短編いろいろ

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター


11 | 2019/12 [GO]| 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]