FC2ブログ

Slash×Slash

M/M小説 (原書)レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
★三つ星評価システム★

→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bitter Legacy
Goodreads-icon.pngDal Maclean

BitterLegacy.jpg★★★ summary:
ロンドン警視庁、殺人課の巡査部長James Hendersonはたった三年の警察のキャリアで捜査官に抜擢されるほど勘が良く、仕事に誠実だった。
金持ちの親の跡取りになることを拒み、薄汚い部屋で暮らしながら、正義で世界を変えたいと願っていた。

そんな彼は、Mariaという弁護士の殺人事件の責任者として指名される。
Mariaがメモしていた住所に行ってみると、見事なフラットにそれは美しい男が暮らしていた。Benという男は、被害者のことは知らないと言うが、ルームメイトを探していて、うっかりJamesのことを内見にきた客のひとりだと勘違いする。

偶然、Jamesは引越先を探していた。フラットに、そしてBenに惹かれた彼はどうしてもその部屋をあきらめきれない。
もしかしたら、それが人生最悪の選択だとしても。刑事としても。男としても。
.....



Dal Macleanさんのデビュー作!
ラニヨンさんやジン・ヘイルさんに応援されてデビューしたというのも、この骨太なミステリの書きっぷりで納得いきます。

ただしこれを「ロマンス」と言っていいのかどうかはちょっと迷うところでもある。いや二人の男が(もしかしたら二人以上が)恋に落ちているのでちゃんとロマンスだとは思うんだけど。思うんだけど、結構ムカつく男なのですよ相手のBenがね!
いい奴に見えるけど全然誠実じゃないし、ことあるごとにJamesの心を掻き乱して、恋の甘い時間と嫉妬や諦念の苦い一撃とをくらわせてくれますし。もう段々Benにむかついてきて、Benにめろめろで翻弄されて大変なJamesにまでむかついてきちゃったからね、読んでいて。
途中で「いやこれくっつく相手はBenじゃないんじゃないの?」とまで思ったくらいです。実際は…うむ、実際は読んでみてもらいたいです。事件とも関係しているので。

Jamesもほんと人間が甘々で、可愛いっていうより「しゃんとしろお前は!」って気分で自分としてはあんまり感情移入できなかったんだけど、子犬のような無邪気な彼が傷ついていくのは読んでいてなんとも心が痛みました。
もうひとり、重要人物として同じフラットの違う階に住むポルノスターが出てくるんですが、いやもうこの子もいい味を出していて、いろいろと心にグサグサくる。
メインキャラにそれほど心寄せていないのに、最後まで話のパワーでぐいぐい読まされたので驚いたし、個人的にはDalさんはマストバイの作家リスト入りです。

さて、Jamesの、Benとの不安定な関係を軸とした私生活と、殺人事件の捜査の二つがメインの筋立てになっています。
Jamesはまだまだ捜査官として青いけれども、非常に勘がいい。その勘で、彼はMariaのあとに殺された女性が、事件に関係しているのではないかと感じます。これは連続殺人ではないのかと。
しかし二人の被害者をつなぐ何の糸もない。あちこちに奇妙な類似は見える。死んだ女達の性格も、男を自在に操る手管もよく似ている。そして二人とも体には古い傷がある。
偶然にしては似すぎている、でも偶然以上のものだと言うには弱すぎる。何かあるはずだが、それが何なのかJames自身にもわからない。ましてや上司には見えてこない。

この捜査がとてもおもしろいんですが、とてもキャラが多いです。うん。これはもうDalさんは、ミステリとしてもしっかり読めるミステリ書いているので周辺キャラが多いのは仕方ないんですが、日本語で読んでいても大変なんじゃないかってくらい要素が多かった。普通に分厚いハヤカワミステリ読んでるみたいだった。
なので、長いけれども一気に読んだほうがいいです。途中で忘れると大変そう。

途中でJamesが刑務所にいる女シリアルキラーに面会するシーンなんか、本当に映像化してほしいくらいよかったです。
強烈な悪意、鮮やかな支配者の姿。
そして、彼女の姿をそれだけ鮮やかに描いたからこそ、後半に事件が収束していく展開がぞくぞくするような凄みを帯びてきます。もうどうしようもないくらい閉塞的で停滞していた事件が、やっと見つけた突破口からJames自身をも巻き込んで一気に大きな絵図を描き出す。あのカタルシスと、ついにあらわれた真相への絶望感。

骨太で、捜査をがっつり描いていて、とてもおもしろかった一冊です。その一方、ちょっとクズっぽいキャラといい、煮え切らない関係や特に前半の事件の遅々として進まぬ捜査(リアルでいいと思いますが)といい、そういうのが苦手な人は持て余してしまうかも。わりと持って回った言い回しが多いしね。
本格捜査ものが読みたいとか、いきなりハッピーエンドじゃないものが読みたいとか、そういう気分の時におすすめ。でもじつに読みごたえがあって引き込まれた一冊なので、興味があったら是非読んでほしいです。
そしてBenがいかに駄目野郎か私と一緒に語り合ってほしい(本気)。あれだけ美形でモテモテで料理もできて気遣いもできる心優しい男なのにほんとJamesに対してはクズだからね!

心からおすすめなんですが、読む人を選びそうなのでめんどくさいおすすめの仕方になりました。シリアルキラー好きなら是非!

★オープンな関係
★ルームメイト












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (335)
★★★ (99)
★★ (201)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (11)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

08 | 2018/09 [GO]| 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2018年
・3月に王子出ました
・夏ごろもふもふ?
・秋にラニヨンさん長編
・冬に王子3巻


*発行済*
・叛獄の王子
・高貴なる賭け
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・So This is Christmas(外伝、短編集)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。