FC2ブログ

Slash×Slash

M/M小説 (原書)レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
★三つ星評価システム★

→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Holding Out for a Fairy Tale
Goodreads-icon.pngA.J. Thomas

HoldingOutFor.jpg★★ summary:
サンディエゴの殺人課刑事Rayは、自分がバイだと発見してこのかた、いける男をお持ち帰りして新たな世界を広げていた。
そんな夜、いきなり従兄弟があらわれてその夜の相手を人質に取り、Rayに行方不明の娘を探し出せとたのむ。いや、脅す。

だから家族は嫌いなのだ。ギャングの一家を捨てて、ここまで警官としてやってきたのに。
いつか全員を檻の中へ叩きこんでやるために。

それでも行方不明の姪を放っておけず、彼女の大学の寮へしのびこんだRayは、そこでFBI捜査官のElliot Belkampと再会する。
ホットな関係だったはずが、何故かRayが怒らせて気まずく別れて以来の再会だった。
.....



A Casual Weekend Thingの続編。とはいっても主人公も舞台立ても違うので、独立して読める感じです。
一冊目で出てきてたRayのやんちゃで手に負えない、なんかけなげなんだか無茶なんだかわからん感じが気になって、二冊目も読んでみましたが、期待を裏切らぬ型破りでいい加減で尻軽で、世界を信じないけど相棒のことは愛していて、その相棒がどこかの男とデキちゃった今は俺はひとりで生きていくんだぜ!な男でしたね。素晴らしい。
でもRayは犯罪組織の実家を捨てて、身ひとつで刑事としてキャリアを作り上げてきた正義の男でもあり、仕事に関してはまわりがついていけないほどの完璧主義者で、一枚剥げば(いや多分数枚剥げば)とても優しい男だったりもする。
そして、いつか捨てた家族が、もしくは敵対する組織が自分を殺しにくるとわかっている。歩く武器庫のように常に武装し、常に注意を怠らない。
そんな自分を誰にも見せずに。

さて、そんなRayと前の巻でなんかいい感じになってたFBIのElliot Belkamp。こっちは絵に描いたようなスマートでイケメンの捜査官。
この二人はほとんど恋人というものを持ったことがなく、だからお互いに対する気持ちを性欲とすりかえようとしますが、あまりうまくはいっていない。RayはElliotをまたベッドに引きずり込みたいが、Elliotはそれがすごくよくない考えだとわかっているので、かわす。
彼は、あまり未来はない関係だと思っている。特に、Rayがカミングアウトできていない今は。
何も恐れないように見えるRayにとって、カミングアウトはひとつの大きな壁。あと、ベッドの中でボトムになるということも。多分それは誰かに対して無防備になれないRayの、誰にも見せられない顔なのだろうけれども。

ぶつかりながらも、二人はいろいろなルールを無視して一緒に事件の捜査を始めます。なかなかその捜査ぶりもおもしろいし、Elliotの貧しい食生活をRayが改善しにかかるところも可愛い。
再会からくっつくまで、わりとじっくり関係の再構築が描かれていて、不器用だったり淋しかったりする強がる男たちの姿にあちこちニヤニヤしてしまう。

Rayみたいなキャラが好きなら、一冊丸ごととても楽しめる一冊。型破りと真面目くん(まあRayにくらべると…)、という組み合わせも鉄板です。
Elliotが段々と、隠されたRayの素顔や表情を読めるようになっていくところがまた可愛いんだな。それでいちいちドキッとしてあわてるRayも可愛いぞ!
ケンカップルに焦らされたい時の読書におすすめ。

★刑事×FBI
★再会












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (335)
★★★ (99)
★★ (201)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (11)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

10 | 2018/11 [GO]| 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2018年
・3月に王子出ました
・夏ごろもふもふ?
・秋にラニヨンさん長編
・冬に王子3巻


*発行済*
・叛獄の王子
・高貴なる賭け
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・So This is Christmas(外伝、短編集)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。