Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Right Choice
Clare London
RightChoice★☆ summary:
ついに結婚式の当日が訪れ、Patは信じられないほどナーバスになっていた。彼は長い間自分がゲイであることに気付かず、気付いてからも家族に言うことができずにいたが、ついに自分が望む道を歩きはじめたのだ。

プレッシャーに押しつぶされそうな中、Nichyが家の扉前に立っていると知らされる。

Nichy。
彼のはじめてのゲイの友人、彼のはじめての──すべてにおける、はじめての相手。
.....



アンソロ「To Have and to Hold」の5本目。
いかにも短編らしく流れるような展開の話なんですけど、語り口がちょっとトリッキーで、ラストでやられました。

Nichyとのぶつかりあい、愛情を持ちながらも自分がゲイであることに誇りを持てず、寝室の外ではNichyがただの「友人」でしかないのだとふるまってしまうPat。
その追憶もなかなか読みごたえがあります。

話が短いんで短いコメントで切り上げますが、いや、なかなかうまい。最初は結婚式当日のばたばたかと思って適当に流しちゃったんですが、途中からすっかり引きこまれました。ベタと言えばベタなんだけど、憎い感じです。
さらっと読めて、インパクトもあるので短編読みたい人にはおすすめ。
手慣れた風味もあるので、今度この作者の長編も読んでみようと思います。(何か表紙がみんな微妙なんだけどね…)

★短編












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター