FC2ブログ

Slash×Slash

M/M小説 (原書)レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
★三つ星評価システム★

→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Model Citizen
Goodreads-icon.pngLissa Kasey

modelcitizen.jpg★★ summary:
Oliver(Ollie)は世界的に活躍する人気モデル。中性的な美貌と体つきを活かして働きながら、兄の探偵事務所を時々手伝っている。
そしてついに、兄と暮らせる理想の家を買った。
だが兄は現われない。
彼はその頃、軍人時代のPTSDから自殺していたのだ。

およそ一年後、兄の残した探偵事務所を必死で切り盛りしながら、探偵の免許も取れないOllieはもう限界に近かった。
そんな時、兄の友人のKade Almeが現われる。戦場の負傷で死にかけた彼は新たな人生のスタートを求めていた。
.....


Haven Investigations シリーズ1。というか、1をメインに、全4冊まとめてのレビューになります。
兄を心の底から愛し、兄の死後も意地になって探偵事務所を続けようとするスーパーモデル様!という設定が大好き。Ollieは意地っ張りで、そして盲目的に兄のNathanを愛していて、その聖域(主には探偵事務所)に誰かが入ってくることにとても反発しています。誰の助けも受け入れようとしないけれども、もう限界であるのは誰が見ても明らか。
そこに現われたKadeはまだ戦場の傷を引きずっていて、肉体的にも深く傷ついている。そして家族と縁を切り、孤独です。
傷を分かち合うように、二人は結びついていく。

このOllieがちょいと変わったキャラで、中性的というかむしろお姫様みたいな容姿で時にワンピースとか着ますが、女として装いたいということではなく、ただ性というどこかの枠に自分をはめこむことが不自然で窮屈だと感じている。gender fluidという(まあまたジャンルに入れてますが)、男女の性の間をシームレスに行き来して男性や女性というカテゴリにとらわれない人。
その自由さを、周囲はなかなか理解できない。ゲイならゲイ、女装すれば「女の子になりたい男」、というふうにOllieをくくろうとする。
だがKadeはそのままのOllieに惹かれ、Ollieを縛ろうとせず、ただ支えてくれる。

理解者であった兄でさえOllieに対しては支配的なところがあったのに(ていうか後の巻に出てくるけどNathanのOllieへの干渉ぶりは過保護を越えて兄貴のパワハラだと思うよ…)、KadeはOllieの自由さをそのまま愛します。
そこが読んでいて可愛い。Ollieは決して扱いやすい子ではないけれども、Kadeの助けすらなかなか受け入れようとしないけれども、ついに理解者と出会ったのだな!と読んでいてほのぼのする。

しかし、その包容力のあるKadeにいろんなことが起きるシリーズでもある。誘拐されたり、毒を盛られたり、偏執狂的になったり。もう大変。お前がいなかったらOllieはもう太陽を失った子供みたいだよ。

シリーズ通して、そして先に進むほどちょっとメロドラマ調になってくるところがあって、少し「ん?」と思う箇所もありますが全体に楽しく読める四冊です。
Ollieの元彼のロックスターが、セックスは好きでもロマンスに対してはまったく興味がない人間だとか、自分の性やセックスに対していろんな係わり方をしているキャラがほかにも出てきて、それぞれの生き方を見つけているところがこのシリーズを通した特徴というか、テーマではないかと思う。
誰でもみんな独特の性を持っているのだ、ということを感じられる話。社会と折り合いをつけやすい場合はその独自性が目立たないだけで、ひとりずつがそれぞれの形で独特で、人とは違っている。
その空気感がとても貴重。

誰かにさらわれたり(二人とも)、じつはKadeの親が億万長者で保守的だとか、Ollieの家系はとある財宝を追う連中に追われているとか、兄は本当に自殺だったのか?とか、あとからいろんなドラマが出てきてにぎやかです。うろたえ、ぶつかりあい、行き詰まり、そして成長したり手を取り合って、彼らは(二人だけではなく、みんな)がんばっていくのです。
わちゃわちゃと色々な出来事が襲ってくる洋ドラのノリで読むと楽しい。

★gender fluid
★探偵事務所












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (335)
★★★ (99)
★★ (201)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (11)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

08 | 2018/09 [GO]| 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2018年
・3月に王子出ました
・夏ごろもふもふ?
・秋にラニヨンさん長編
・冬に王子3巻


*発行済*
・叛獄の王子
・高貴なる賭け
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・So This is Christmas(外伝、短編集)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。