Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

All the Things You Are
M. Jules Aedin and Anna J. Linden
All the Things You Are★☆ summary:
Bryantはアラバマの大学でフットボールの選手をしていたが、膝の怪我でプロスポーツの道をあきらめなければならなかった。
ゲイであることを隠し、同じフットボールの仲間と秘密の関係を持っていた彼は、相手と別れてサンフランシスコへと引っ越す。自分を隠さずにすむ場所へ。

ある日Bryantは、長い黒髪の女性が荷物をかかえているところに出会い、手を貸そうとする。

日系アメリカ人のKaiは、その黒髪と小柄な体躯から女性扱いされることにうんざりしていた。
またまちがわれた彼は、思わずBryantの助けをはねつけてしまうが、Bryantが膝の怪我をかかえていることに気付き、罪悪感から自分の働くマッサージの店に招いて無料で施術する。
それが2人の出会いだった。

彼らの関係は急速に深まるが、BryantにはKaiになかなか言えないいくつかの願いがあった。
そしてその中には、Kaiにとっては受け入れがたい価値観のものもあった。…たとえば、結婚とか。
......


「To Have and to Hold」というアンソロジー企画がありまして、6月は毎日1本ずつ短編をお届け!なアンソロです。季節柄「結婚やそれに関るもの」というのがテーマなようです。
好きな作家が書いていたもんでアンソロ買わないと読めないのかと勘違いして買ってしまいましたが(先月まで割引だったし)、バラでも買えます。まあ思わぬ作家に会えるアンソロ好きだからいいんですが。
そんなわけで、6月4日現在、毎日1本ずつ短編が送られてきていまして、3本読了。折角なので、おもしろいものがあったら紹介していきたいと思います。

この「All the Things You Are」はガタイがいいけれども、ちょっとロマンティックなところがあって感受性の強いBryantと、きつい性格といくらかの癇癪を持ったKaiとの可愛いカプの話です。
出会い、互いに相手を好きになるけれども、ちょっと湿っぽいと思ってはっきりと気持ちを口に出すことができない。特にBryantはやや脳内で先走るところがあるので、言いたい、でも言えない、もしKaiがカジュアルな関係のつもりだったらこれは重すぎる!と、ぐるぐるしています。

個人的に男性カップル同士の結婚というのがどうもピンとこないので、結婚を軸にしたロマンスというもの自体がよくわからなかったりするのですが(「社会に認められる」ことの重要性が日本と欧米とでちがう気がする)、でもBryantはそれを差し引いても愛らしい。
彼は結婚したいというよりは、いずれ「結婚」という形を踏まえることのできるシリアスなカップルになりたいんですね。
Kaiはそこのところはわかっているつもりだけれども、他人に認められるためだけの形式的な制度(彼の中では結婚はそれにあたる)には意味を持てない。
2人の価値観は大きくくいちがっていて、どちらも相手と話し合わないせいで、気持ちばっかりがもつれる(主にBryantの)。で、ある日臨界に達してしまったりするわけです(主にBryantの)。
で、今度あわてるのはKaiの番。さあ大変。

さらっと読めて、気持ちのいい、可愛い話です。べたべたにロマンティックでもなく、むしろドライになろうとして無理をしているBryantを楽しむ1本のような。
下手すればNovellaくらいの長さになりそうなテーマを短編にまとめた手腕は見事だと思う。この先も幸せにばたばたしそうなカプなので、後日談とか続編とかほしいなあ。

★短編












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター