Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fair Play
Josh Lanyon
FairPlay★★★ summary:
50年前、Roland Mills、すなわちElliotの父親は世界を変えようとして過激な戦いに身を投じた、左翼の闘士であった。
今でこそ引退した大学教授である彼が、最近、回想録を書こうとしているのはElliotも知っていた。
だがその本が、父の身をあやうくするようなものであるとは、想像もしていなかった。

家に放火され、命を狙われる父だが、Elliotに対して何かを隠している。
それを探ろうとするElliotに、パートナーのTuckerは「他人の境界を尊重しろ」と告げる。それはどういう意味だ?
一緒に暮らし出したばかりの二人の間には、まだ互いに理解しきれぬ、きしむようなものがあった。

そして、Tuckerもまた、Elliotに何かを隠しているようで…
.....


Fair Game続編。というか、All's Fairっていうシリーズなんですね、これ。
今のところ3冊シリーズの予定だそうなので、ここで折り返しということになります。
単独で読めると思いますが、ちと勿体ないので前作のFair Gameからがオススメ。

前作で誤解を解いてくっついたElliotとTuckerは、まあツノつき合わせながらゴツゴツとやってます。ラブラブなんですけど、ゴツゴツ。
いやもう何というか、惚れた弱みという言葉をひしひしとTuckerに感じずにはいられません。ElliotはTuckerに支配権渡しすぎてる気がして焦ってるんですけど、はたから見てると弱いのはTucker。
お互いに距離をはかりながら、近すぎてぶつかりながら、不満もありつつ、反省もしたりして。愛はあるので足元は揺らがないけど、その上はぐらぐらしまくり。
まあこの人たちは仕方ないな。一巻で「言葉足りない」と思ったけど、二巻は「言い過ぎ」ですよ。

で、Elliotに負けず劣らずの頑固者がお父さんのRoland。相変わらずいい味出してます、親父!
さて今回のメインテーマはこの父に降りかかる災難と彼が書いていた過去の闘争の回顧録なんですが、その回顧録につれて読む側も当時の歴史を振り返れるようになっています。
といってもベトナムの反戦運動が中心で、多くの日本の読者にもそれなりになじみがあるのではないかと思う。ヒッピー、フリーセックス、ビートルズ。デモ、爆弾。そんな時代の渦の中、世界を変えられると信じて戦った若者たちの姿は、決して今でも古びてはいない。

過去の中の、何がよみがえってきたのか。
Elliotはそれを探ろうとして、父親はそれを拒否する。
似た者親子です。
父親は反体制側ですので、息子のElliotがFBIに入った時には親子の縁が断絶するほどの不和が生じたのですが、こうして二巻を読むと「世界のために何かしたい」「正しいことをしたい」という理想の炎は、サイドこそ違えど、親子を通じて流れている血であると見えてくるのもおもしろい。

今回の裏のテーマは、孤独。
孤独を知る者、その孤独に傷つけられたもの。孤独から抜け出す道を手に入れたもの。
あとちょっとエロい。
最近Lanyonさん、少しエロい気がするんだよな。どうした!好きだけど!
エロと人間関係の絡み合いがなかなかに濃密で、ごちそうさまでした。三巻も楽しみです。

★反戦運動
★同棲生活

こんにちは。
翻訳が出るのを待とうと思いつつ、気が付いたら30%まで読んでしまいました。この感想を読んで自分の解釈もそんなに間違ってないことがわかり勇気づけられました。
消防隊長に「ミルズ教授」と呼ばれて、エリオットとパパが同時に「イエス!」と返事しちゃう最初の場面がなんか好きですww
ところでタイトルの「フェア・ゲーム」「フェア・プレイ」は、日本人が受け取るのと同じニュアンスと考えてよいのでしょうか。
3作目のタイトルが「フェア???」になるのかを予想するのも面白いです。
翻訳が出るのを楽しみにしています。
いいですよね、二人で返事しちゃうところ!
目に浮かぶようです(笑)Take careなんかもも萌え萌えします。

「Fair play」は、ほぼ日本で言われる感じでとらえていいと思います。スポーツだけでなく普段なにか公正なことをした相手に「感心したよ」とか「負けたよ」などというケースにも使えます。
「Fair game」の方は、「いいカモ」という意味があります。このgameは「獲物」という意味のgameのことで、たとえば「バーに一人でいるいい女はみんなのfair gameだ(全員があの女を狙ってる)」というような言い方をします。タイトルの場合は、その「カモ」的な意味と、「フェアなゲーム(勝負)である」という意味の両方がかかっていたのではと思います。(その「ゲーム」はエリオットの人生を指しているのではないかとも)

アドリアンが終わればこちらの続編の翻訳もできると思いますので、少しかかりますが、よろしくお願いします。三作目も楽しみですね!
ありがとうございました。
とてもよくわかりました。

Tucker's codeにはめちゃめちゃ萌えます。
タッカーがエリオットにゾッコンなことは読者には丸わかりなのに、エリオットだけがわかってないところがジレジレしてたまりません。
彼らに比べると、アドリアンとジェイクはこれからどうなるのか全く想像できなくて、楽しみでもあり怖くもありです。
わかることならお気軽にお返事いたしますので、いつでも〜。
タッカーとエリオットのスタンスの差はあからさまですよね。でもそのあたりを妥協しない二人を見るのも楽しいのですが(笑)
アドリアンもじき、終盤です。とてもドラマティックなのであと少しお待ちくださいっ。
Thank you for introduce Josh Lanyon :D I'm actually a Taiwanese reader who is fond of Japanese yaoi novels. And it was because you translated Josh Lanyon and other M/M that I started to read English M/M. Want to express my thankfulness for all your endeavor :)

I've just finished Fair Play. Tucker's love and Elliot's submissive tendency on bed are eye-catching! Look forward if this book can be translated into Japanese as well! I'm glad that translation of Fatal Shadows is going to have a second print. Hope you and 新書館 will continue to introduce more M/M!
Thank you! It's happy surprise for me that my works reach overseas. What is the small world nowadays! (^ ^)
I'm really glad that I could get you into a new labyrinth that full of M/M books. Yay!

I love Elliot's sweet struggle in Fair Play. Quite a pair, those two. Stubborn, but beautifully in love.
I'm rather positive that Shinshokan will publish Fair Play translation, maybe next year or the year after, so please cross your fingers for me.
Oh, and you have a lovely site! I can't read it but I feel your love for those books. Thank you!
Speaking of a small world, actually there are other Chinese readers who enjoy your translation of M/M (I received two favorable reviews of With Caution's Japanese translated ver.) And we really hope that このBLがやばい!2015版 will have another translated M/M on the list! :D

I like Elliot's struggle too! See how he admits his submissive inclination on bed but also tries to maintain his subjectivity in his relationship with Tucker. And Tucker is so endearing in this book! Glad to know this book will be translated as well. Josh Lanyon said there is going to have Book 3. Hope you won't be too overloaded...

As for the blog, I'm kind of embarrassed about teeming it with yaoi things_(:3」∠)_ I use English on Goodreads if you're interested. Thank you for all your translations and reviews of M/M, a nice recommendation list for a novice like me to follow!
Oh, I’m flattered. ‘With Abandon’ translation will be published next year, I hope you guys enjoy it. JL Langley’s work are so full of love and, you know, juicy scenes. Hehe.

Tucker revealed his new aspect in Fair Play! Love does that to the people but the loved one is really, terribly oblivious to it. …YOU, Elliot!
I love the awkwardness between them and I’m dying to see how things are going in the book 3!

When I started reading M/M romance I got lost and nearly gave up reading after some futile efforts to find good books. So many books and I had no map or info.
Then I found a review blog of M/M books in English and those reviews gave me the idea where I could dig and find great books.
So I launched this blog several months later, hoping someday I could help some book seekers. You are doing same thing, it’s really great!!!

I've drifted apart from Goodreads right now because of being so busy , but I’ll come back soon! Certainly see you in there.











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。