Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pale as a Ghost
Stephen Osborne
PaleGhostLG.jpg★★★ summary:
A Duncan Andrews Thriller1

Duncan Andrewsは私立探偵だ。
だが、普通の探偵ではない。彼の恋人Robbieは十年前、19歳の時に交通事故で死に、それ以来十年間、幽霊としてDuncanと一緒に暮らしている。
親友のGinaは何百歳かわからない魔女であり、飼い犬はゾンビだ。

Duncanは、子供の時から幽霊が見えた。
この世の中には、ほかにも人間以外の色々な存在が生きているのだ。

恋人、Robbieを今でも愛しているが、それにしても十年、セックスなしというのは厳しい。
人間とのふれあいも恋しい。ちょっとデートしてみようか、とDuncanは考え始めるのだが、Robbieに可哀相な気もしてならない。

だが根本的に明るい、永遠の19歳・Robbieには別の考えがあった。
もしDuncanのデート相手に霊感があるならば、ちょっとのりうつって──できないだろうか、その体を使って、セックスが?
.....



設定がトンデモ系ですが展開自体は地に足がついている感じの、探偵ものシリーズ。
多分、全四冊で完結したのかなと思うんですが、はっきりとはわからない。でもとてもかわいくて切ない、楽しいお話です。
DuncanとRobbieはかつてとても愛らしいカップルだったんだろうなと思います。今、幽霊になって十年一緒に暮らしながら、気持ちは衰えていないけれども、十年は長い。十年たてばDuncanも三十歳くらいになるわけで、Robbieが永遠の19歳なのに対して自分ばかりが年を取っていくことに悩み始めている。

幽霊についてのルールもかなりはっきりしていておもしろい。
幽霊は、死ぬまでに行ったところにしか行けない。死ぬまでに着た服しか着られない。エネルギーを集めて、少し存在感を出すことはできるけれども、わずかでも実体化した時に消費されるエネルギー量は半端ではない。
それでも、Robbieがすべてのエネルギーを振り絞って一瞬のキスをして、そのまますうっと消えていくところとか、なんてけなげでかわいいんだ!
まあ「お前のデート相手にのりうつれないかな?そしたらデキるかな?」とか言い出しますけどね、Robbie。Duncanも「それって厳密には3Pなのかどうか……」とか悩んでる場合じゃないから!
結果どうなったかは、読んでのお楽しみということで。

さて、探偵仕事も真面目にやっています。今回は人捜しとか、妙な心霊現象がおきる家に出向くとか。
町では次々とストリッパーが殺され、内臓を持ち去られている。
果たしてそれは何か、人ならぬものの仕業なのか?

なにしろ幽霊相手なのでエロなしですが、すっごく!かわいいし、エロが難しいだけに時おりのキスとかが本当に萌える。
人間の恐怖をエネルギーにして動く悪霊を目にして、Duncanは魔女のGinaに問う。「じゃあ、Robbieは何をエネルギーにして存在してるんだ?」
「もちろん、あなたの愛よ」
もちろんね!!!!でも本当に人間と幽霊はずっと恋人でいられるのか?Duncanのセックスレスライフも問題だが、ほとんど誰からも見えないRobbieもまた、実は孤独です。彼にはいくべきところがあるのか、幽霊がまだこの世にとどまっていることは本当に正しいのか。
愛だけで、本当に十分か?

シリーズまとめてオススメです。

★人間×幽霊
★ゴーストバスターズ












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。