Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blinding Light
Renae Kaye
BlindingLight.jpg★★☆ summary:
Jake Manningは黙ってられない、利口になれない性格だった。いつも余計なこと、正しいことを言ってはクビになる。
ツキにも見放され、彼はひとつの職にとどまれないでいた。
だがアル中の母親と三人の妹たちの面倒を見るには職がいる。

必死でつかんだハウスキーパーの職は、その派遣会社の誰もがさじを投げた案件だった。
Jakeは最初の訪問で、その理由を悟る。
ぶっきらぼうなメモであれをしろ、これをしろと命じてくる、非常に細かい雇い主。皆、それに耐えきれずに辞めていくのだ。
だがJakeは辞めるわけにはいかない。言いつけをこなしながら、彼は持ち前の余計な精神を発揮して、「Please」と書くようにと相手にメモを返す。二人の静かな応酬が始まった。

家の主人、Patrick Stanfordは全盲であった。Jakeはある日、たまたま彼と顔を合わせる。
てっきり陰気な老人を想像していたが、まさに意表を突かれた。そこにいたのは傲慢な、だが実に美しい男だったのだ。
.....



全盲で孤独な男と、世話焼きの男の物語。

まず物語はJakeの側だけで展開していきます。Patrickの姿は見えないし、指示を書きつらねたメモだけが残されている。あれをしろ、これをしろ、掃除をきちんとしろ、ラベルはまともに貼れ、大量の買物(メーカーも指定)、お前の香水は気に入らない……などなど。
なんだこいつは、と思いながら(大体香水はつけてないし)Jakeはひとつずつ仕事に取り組んで片付けていくのですが、後から、Patrickの指示に理由があることも段々と明かされていきます。
目の見えない男には、様々なルールで世界を構築していくほかに、その中を快適に生きていくすべがないのです。

全体におもしろい話で、中でもいいのはこの導入部。メモでの二人のやり取りから、それぞれの性格の違いも見えてくるし、二人の関係性の変化も出てくる。メモのやり取りが笑えるし、スリリングですらある。
そこできちんと描きこまれた陰影が、最後までこの二人の物語をしっかり支えていて、話に厚みを出しています。

やがてJakeはPatrickを外の世界へつれていくことになるのだけれども、家の中であれだけ帝王のようにふるまっているPatrickが「僕が何かこぼしたら恥ずかしくないか?人に笑われてもいいのか?」などとJakeに確認を取るあたりがとても切ない。Jakeは勿論、もちまえの正義感で「そんなもの笑う奴を殴り倒してやるから、保釈金よろしく」と言うわけですが。よいコンビ。

Jakeは家族の面倒を見ながらも自分の人生はずっと犠牲になってきた。Patrickは生活に困ることはないけれども、一人の世界だけにとじこもってきた。
お互いが、相手との出会いによって新たな扉を開いていく。その感じがとてもかわいい。

惜しむらくは、Patrickのツンデレが、もうちょっと長かったらな……!好きになるとすぐデレるタイプだった。いやいいんだけど、個人的にはもうちょっとツン成分を!たのみたかった!
ところどころ出来すぎな感じもあるんですが、そのあたりは現実を舞台にしたフェアリーテール的なものとして読むと楽しい。
ほどほどに重さのある、気持ちのよい現代物を読みたい人におすすめ。

★全盲
★ハウスキーパー

こちらのJakeはアドリアンのJakeと違って、とっても前向きなオープン・ゲイでした(^^;

弟妹の面倒をせっせと見ている貧乏青年というシチュエーションが好きなのですが(たまたま3作続けてそういう設定のを読んでました(汗))、このJakeが一番"兄貴!"という感じでした。
これならPatrickも、盲目でも明るさ、優しさを全身で感じられるだろうな~と。
でも仰るとおり、ツン成分が少なすぎるのが残念でした…
全盲設定もエロシーンで活かされるのかと思いきや(「どこ触るのか分からなくてドキドキ」みたいになるのかと)、初でもノリノリでしたし(笑)
富豪Patrickが堅実に働いてるのも可愛らしいです。

ストーリー的にはPatrickとの関係性よりも、後半のJakeの母親がもたらした事件自体がヤマだったなと思いますが、Patrickとがっちり出来上がってたので安心して読めました(^^;
そうそう、とてもいいツンだっただけにあそこは最後まで活かしていただきたかった!!っていうのがとにかく私の切なる願いです(笑)惜しい!
アメリカの作品って弟妹の面倒をめっちゃ見る話けっこうありますよね。私も好きです。
このJakeもそこまでがんばるか!という感じで、彼がある意味シンデレラになれたのはほのぼのとよかったです。











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。