Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winter Wolf
S.P. Wayne
WinterWolf.jpg★★☆ summary:
Axtonはゲイだと理由で父親の群れを追い出され、故郷を追われて、今は人里離れた静かな山のキャビンで暮らしていた。
自然に囲まれた、静かな暮らし。狼として走り回り、人の姿を取ることはむしろまれだ。
人と話すことは、もっとまれだった。

そんなある日、隣のキャビンにLeander Avilezがやってくる。
人間とどう接していいかわからないAxtonだが、Leanderの明るさは彼を惹きつけ、離さない。数回の滞在で、二人の距離はぐっと縮まっていった。
人間の、それもストレートの男に恋を?
それ以上に最悪なことがあるだろうか。

だが、あったのだ。
Leanderは冬の嵐がこようという時、またキャビンを訪れる。Axtonが冬をキャビンで越しているから、自分もできると思ったのだろうか。
だがこの小屋は、人間が冬を越せるようにはできていない。Axtonは冬を人狼の姿ですごすのだ。
降りしきる雪の中、Leanderをどうにかして守ろうとするAxtonだったが……
.....



人狼ものはどうしても似た設定が多くなる中、「これはちょっと違う!」と聞いて読んでみました。
本当に違った!

いやあAxtonの不器用な人狼っぷりというか、人間にあやしまれずにつき合おうとする努力が実にいたいけです。
「握手?握手は右手を出すんだよな?」「サンドイッチ?そうか、人間はハイキングの最中にウサギをつかまえて食ったりしないな!」「靴!靴なんかどこにやったっけ?」などなど。ひとつずつうろたえるAxtonはものすごく不審だと思いますが、Leanderは結構細かいことを気にしない男で、鷹揚に接している。
そんな中で、Axtonはこの人間の男に絶望的な恋に落ちていくのです。

ほぼすべてのストーリーがキャビンと、その周囲の自然の中で進んでいきます。この自然描写がなかなか素敵で、Axtonが狼の姿で駆け回って、テリトリーの中の動物たちに気持ちを向け、春には若い獣を狩らないようにしたり、飢えた山猫の子供たちに獲物を投げ与えたりしている姿もほのぼのとします。
楽しそうだし、Axtonが自分のテリトリーに心を砕いている様子がよくつたわってくる。人間としては不器用ですが、彼は世界を愛している。人間のことだって嫌いではない、ただどう接したらいいかわからないだけです。
それにしても、狼の姿であんな自然の中を走り回ったら本当に楽しいだろうなあ。

雪のキャビンに二人でとじこめられてしまい、「うっかり変身したらどうしよう!」と緊張しまくるAxtonがなんとも、本当に、かわいいです。深刻なシーンもありますが、全体にニヤニヤしながら読んでしまった。
二巻ではどうもこのAxtonが都会に出かけるようで、「大丈夫か?本当に大丈夫なのかお前?」と今から心配で仕方ないです。いや、あんな子をそんな怖いところに出したら絶対駄目ですよ。

変わった人狼ものが読みたい人、かわいい人狼が気になる人、人狼と人間の恋に萌える人におすすめ。

★人狼(ゲイ)/人間(ストレート)
★人見知りの狼

お勧めされてたとおり、とっても可愛い人狼ものでした!

Axtonが、「バレちゃいけない、深入りしちゃいけない」と思って外面はツン(むっつり?)としてるのに、内心では「Leanderが俺のことを気にかけてくれた!気にかけてくれた!」としっぽをブンブン振ってるのがラブリーwです。

Axronの「こんな時人間ならどうするのか?」と半ばパニックになりながら考えている事がいちいち面白いですねw

気温が下がりすぎると、自動的に狼になってしまうのも、話に緊張感を与えてていいなと思ったのですが、人狼モノはまだ沢山は読んでないので、よくある設定だったらすみません(汗)

ターニングポイントとなった雪山の事件の時の、誤解(正体を知らない)に基づくAxton半殺しは、最後にもっとLeanderから甘々の詫びというか補償があってもいいのではないの?!と思ってしまいました。。。
(割と双方軽く流していたような・・・)

山だとAxtonがアウトドアスキルが高いので、リードを取ってますが、都会に出たら立場が逆転して、きっとLeanderが保護者っぽくなるんじゃないかなあとニヤニヤしてしまいますw
かわいいですよね!あの一人パニックぶり!

狼が出てきそうになる、的なのはほかの本でも読んだことがありますが、寒さがトリガーになるのは私も初めてです。おもしろいですね。自分で制御できないのってなかなかに萌えどころでもあります。でもたしかに、命の危険があると判断したら狼がぬっと出てきそうな気もします。

そうそう、私はちょっとLeanderがわからないのです(笑)ラストのところで見直しましたが、雰囲気はいいけどいまひとつわからぬあの男!たしかにあやまってないし!(治ったからいいだろ的な……?)
Leanderがもうひとつぐっとくれば★みっつ読書だったんですけども、でもそのあたりは続編でのお楽しみかなー。いやあ、どんなあわてぶりを見せてくれるのか楽しみです。
冬斗さん、こんにちは。
こちらにコメントする内容ではないかもですが、長らく放置していた日常語り(映画やドラマや本)ブログ(スラッシーな話を、これまであそこでは、していなかったのですが)を、やっぱりボチボチと続けてみようと思い至りました。そこで、こちらのサイトをリンクのところに入れさせていただきました〜。報告不要とありましたが、ついお話したく(笑)てすみません。
こんにちは!是非是非どうぞ。
報告不要ですが、報告すんな!というわけではないですw
今度アドレス教えて下さいませな!
ありがとうございます!
http://caplog.exblog.jp/
です。よかったら遊びにいらしてくださいね〜。
これからは、マイペースで更新していきたいと思っています。
ありがとうございます、ちょこっとお邪魔させていただきました。
これからもよろしくお願いしますです♪
こんにちは。ここにコメントを残すのはどうかな…と思いましたが、書き込んじゃいます。最近、「フェア・ゲーム」、「アドリアンシリーズ」を読み、面白くてはまってしまいました。モノクロームから出ている作品を全部、読んでみようと思っています。「フェア・ゲーム」でリバっぽい発言があったのですが、リバる二人が見たいです。続編はありますのでしょうか。あるとしたら、リバ大好き私としてはうれしいです(笑)今後の作品も楽しみにしています。長文失礼いたしました。
ありがとうございます〜。
フェア・ゲームは現在「Fair Play」という続編が予定されているそうですが、ちょっと遅れていそうかな?と思っています。でも楽しみですね。多分次はタッカーの過去とか家族のお話になるのではないかと見ています。
おそらくリバではないかと思うんですが、そういうシーンが今後あるのかどうかは不明です(笑)その点も含めて、是非お楽しみに。今の状況だと、原書で続編が出れば、おそらく邦訳もいずれお届けできると思います。











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。