Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説ディアプラス」のフユ号にクリッシー・マンダーさんの短編「聖夜の理由(The Reason for the Season)」の翻訳が載っております。
Chrissy Munderさんは、このお話はまだレビューしてないのですが好きな作家さんで、お話もキャラも誠実でかわいくていいのです。
今回の話は、クリスマスシーズンに他人の車に乗せてもらって姉の家へ向かう大学生が、途中で雪に降りこめられてしまって……というお話。ホワイトクリスマスもホワイトクリスマスです。季節的にぴったり。

マンダーさんは少し今体調を崩されていて、心配なのですが、翻訳はとても喜んでくれました。ラングレーさんが「南部ではね」と南部方言を教えてくれたように、マンダーさんにも「ミシガンの方ではこう言うの」と北部方言(かな?)を教えてもらいました。
"used salt rides"という言い回しが文中にあって、ボロボロの中古の車とか使い古しの車という感じなのはわかるけれども何でsaltが出てくるのか不思議で聞いてみまして。「ミシガンでは冬に除雪の後、凍結防止に不凍剤をまくけれども、これに塩が入っているので車が錆びる。だから、いい車は冬はガレージにしまっておいて、冬は中古車やボロボロの車を乗り回すことが多い」んだそうです。そのボロい方をused salt ridesと呼ぶんだとか。余分なガレージと車を用意しておける、というのがとてもアメリカっぽいなと思いました。
翻訳では、そこまでのニュアンスは日本語に入れられないのが残念。うーん。

雑誌の方は、次はナツ号かな。興味ありましたらよろしくお願いします。

ホワイト・ブリザード・クリスマスでしたねぇ。
中古車だと思って、普通にスルーしていましたが、何と塩害によるボロ車のことだったのですねぇ。確かに、日本でも融雪剤(凍結防止剤)の塩害、ありますものね。塩化カルシウム撒けば、道路を走る車もガードレールも、錆びますよねそりゃ。でも米国は桁が違うというか、車のサビサビのガリガリ感(多分傷まみれにもなるでしょうし)半端なさそうです。
北国でしか通じない言い方も、いろいろありそうですねぇ。興味深いです。
次は、ナツですか!!待ち遠しいです〜。
本当に白い悪魔のクリスマスでしたねえ。
saltが本当に塩のことだったとは、お返事聞くまで思いもしませんでした。マンダーさんはミシガンの方なんで、イギリスの友達(多分Clare Londonさん…)から「それ何て意味」ってあれこれよく聞かれるそうで、英語も色々あるものねっとあらためて感じました。
アメリカは車検がないから、ドラマとかでもボロボロの車は信じられないくらいボロボロですよね(笑)
そうなるとマイケルが冬なのにあんなにいい車を乗り回している、というところで、生活に余裕があるとか、自分で整備できるからそのへんは気楽にかまえてるとか、そんな情報が読みとれるのかも?しれません。

今のところ、雑誌は冬と夏でいくことになるかなあと。冬はやっぱりクリスマスものが落ちつきますね。
そのような雪国車事情なのに、あえて(傷つくことを怖れない)のピカピカフォード…。そうですよねぇ。今の自分の在り方への気概と、長旅への思いの深さも、感じたりもします…。
そして、も、もしかして、雑誌も定期発表っぽい感じですか!それはとても楽しみです。予定は短編ですよね!やった!短編は、原著も読みやすく(ハードルの高さ的に、という意味ですが)て、とてもうれしいです。
でも「汚すなよ」的な牽制かましてるから、車に愛はあるのでしょうね(笑)
ボロの車で兄に会いになど……とか深読みしてしまいそうです。

雑誌は今のところ定期っぽいですねえ。天の声の方針次第ですが、そんな感じです。
丁度いい長さでよさげな短編を捜すのが結構難しく…!来年にそなえて今年のクリスマス短編を買い置きしておかねばなりませんね。うれしい苦労ですけどもっ。











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。