Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Reason to Believe
Diana Copland
A Reason to Believe★★☆ summary:
Matt(Matthew) Bennettの毎日はひどいものだった。刑事としての相棒──そして私生活でのパートナー──を失い、二人の関係が上司にばれ、デスクワークに降格された。
クリスマスシーズン、六歳の少女が行方不明になった家の捜査にMattが駆り出されたのは、単に皆が休暇で人員が足りないからだった。

その家で、Mattは少女の幽霊を見る。

幽霊など信じていなかった。見たところで信じたくもない。
だが、見てしまったものは否定できない。

友人に引きずられるようにして、彼は交霊ショーに行くことになる。
疑いに満ちた彼の前に現れたのは明るい、若い男だった。そのKiernan FitzpatrickはMattにまだあの少女の幽霊がくっついていると告げ──
.....



超自然ものサスペンス、といっても幽霊(女の子の)が出現する以外はきわめて現実的にひも解かれていくサスペンスストーリーです。
キャラクターがわかりやすく描き分けられていて、謎で最後までしっかりと引っ張られていく。

主人公のMattは仕事・私生活ともに大きなダメージを受け、そこから抜け出そうという気力も出ないような状態。
そんな彼が、クリスマスでかりだされた現場で幽霊を見て、しかもその幽霊に導かれて死体まで発見してしまうのです。
「幽霊を見た」と正直に上司に報告すると(正直者め!)そのままカウンセラー送りになってしまい、挙句に休暇を取らされる。踏んだり蹴ったりのクリスマスです。

彼には、わりと典型的な「元気で強引な女友達」がいて、彼女に引きずられるようにして霊能力者のショーに行くことになる。Mattは霊は信じていないけれど、自分の目で見たものは否定できず、かといって「あなたのお母さんがここにいます」というショーは尚更うさんくさくて馬鹿馬鹿しい。
そんな気持ちで出ていった彼は、若く明るい、馬鹿みたいなジョークを書いたTシャツを着たKiernanに出会うのです。

Kiernanのキャラがよく立っていて、なかなかユニーク。姉をマネージャーにして今では売れっ子の霊媒師であるけれども、この二人、結構ヘビーな過去をかかえていたります。でも過去があろうが霊が見えようが、Kiernanは持ち前のどこか無邪気なほどの前向きさでのりこえています。
ただし過去の男運は悪い。幽霊は見えても人の心は読めないらしい。
真面目で、心に傷を負ったままの刑事と、前向きで明るい霊能者は、女の子の幽霊に導かれるようにしてふたりで事件に巻きこまれていくことになります。

そのさなかで二人の関係が近づいていく展開も丁寧に書かれていて、事件の描写も非常にバランスがいい。上手な作家さんですね。一面、少しばかり個性に欠けるかなという感じも残りましたが、筆致が誠実で全体のレベルが高いと思います。
6歳の女の子の幽霊もいい味出していて、なんせ6歳だからちゃんと物事が筋道立てて説明できないとか、癇癪をおこしたりだとか、可愛い。それだけに読んでいて応援したくなる。彼女の存在感が全体の話をよく引き立てています。
いいサスペンスものが読みたい気分の時におすすめできる作品です。まだそれほどキャリアのない作者さんですが、今後も要チェックですね。

★霊能力者
★相棒の死












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。