Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Diversion
Eden Winters
Diversion.jpg★★★ summary:
薬物の違法取引。それは、ストリートで行われているものだけではない。
もっと大きな、もっと目に見えないマーケットがあり、そこにはストリートギャングたちとは違う種類の商人がいるのだ。
時には紳士の顔をした者まで。

"Lucky"──Richmond Lucklighterは薬物の違法取引で10年の刑をくらったが、今は南カリフォルニアの薬物取締局で働いている。
だが自由の身ではない。
いつ刑務所に戻されてもおかしくない。ただ犯罪者としての、裏の知識を利用され、働いているだけだ。

あと少しで、その契約も終わる。
後任としてやってきた新人Bo Schollenbergerは元海軍だというのに、Luckyの目にはあまりにやわで、あまりに真面目すぎる男に見えた。ベジタリアン、モラルの塊、片付け魔。
こんな男が自分の後任?
彼を叩き直し、潜入捜査で殺されないように仕上げてやるのがLuckyの仕事だ。

廃棄薬物が違法にリサイクルされている証拠をつかもうと、囮捜査が始まり……
.....



Luckyは元犯罪者でまだ刑期は明けていませんが、現在はいわば猶予措置として政府のために働きつつ、口は悪いし態度も悪く、他人をよせつけず他人にたよらない男。
一言で言えばまさにasshole。
今回、組むことになった新人のBoに対しても、彼はひたすら嫌がらせを続けて対立する。嫌なやつなんだけど、じつに憎めない。

Boは絵に描いたような「真面目君」ですが、Luckyが思うように温室育ちのヤワな男ではないことが段々わかってくる。
薬剤師の免許を持つBoは、実は過去に違法に薬物を持ち出していた(理由はあるのですが)という汚点があり、Luckyと同じようにその償いとして政府のために働いているのです。二人ともに、過去に傷を持っている。

Diversionのシリーズは今のところ3冊まで出ていて、一話完結の犯罪捜査もの。薬物取締局近辺の話なので、毎回そうした薬物流通(麻薬に限らず、医薬品横流しなども含む)の事件を取り扱っており、とにかくその話の骨格がしっかりしています。潜入捜査の進行具合、捜査のためにもぐりこんだ側の心の動きや組織同士のパワーバランスなど読みどころが多い。アメリカの医療制度や保険制度などについても鋭く切り込んでいる。
その一方で堅い話になりすぎないのは、ひとえにLuckyの人徳だな。すべてのものを下品に茶化して鼻で笑いとばし、足で踏みつけていく男です。Boのことも踏みつけようとしますが、Boはそこまで簡単な相手ではない。

水と油のような二人の男の関係と、Luckyの悪態と嫌がらせへのBoのしぶとさや不屈さなどは本当に読みどころで、あまりのことに時々にやにやしてしまいます。Luckyは実は一皮剥けば結構かわいい男なんだけど(背も小さいし)誰にでも牙を剥いて人をよせつけないようにしているから、壁が厚い。
がんばれBo!

一巻では、明かされていくLuckyの過去が大きな読みどころ。犯罪者としての暮らしや、結果としてボスを裏切って刑を軽くしたことなど、はさみこまれる追憶シーンが凄くいい。Luckyが何故ああも人をよせつけようとしないのかもよくわかってくる。
特にパスポートに関わるシーンは、クライムものに惹かれる人ならあれは読んでおいて損はない、という名シーンだと思う。
Luckyたちのボスの、でっぷりとして鷹揚で、でも切れ者というWalterもたまらん存在感を醸し出している。

映画のような一冊で、がつっと骨太な話です。シリーズ通していくとBoの成長っぷりも読みどころ。

★犯罪者
★潜入捜査

不思議な距離感のお話でした!
Luckyは豪放磊落キャラかと思ったら、攻(基本的に)なのに「体は繋がったけど心は別なんだぜ」みたいなことを悶々と考えていて(笑)
LuckyもBoも行動がかわいいですね。
英語はくだけた感じで、ちょっと読むのが難しかったですが、基本的に明るい(Lucky視点だからか)話だったので、最後まで読めました。

そうそう、Luckyのあのワルぶってる感じと、入りこむといきなり乙女モード出てきたりするのが笑えますよね!ひとりで悶々としてたりして、本当はいいやつなんだろうなあって思います。
今3巻まで出てまして、段々と二人の関係も変わっていくんですが、Luckyが「わああああ」「ええええ」なのは変わらず楽しめますよw 幸せになってほしいけど幸せを叩き壊しそうなLuckyが心配です。笑えるけど。











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター