Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Captive Prince 1
S.U. Pacat
CaptivePrince.jpg★★★ summary:
Akielosの世継ぎの王子Damenは、腹違いの兄に裏切られ、父王を殺され、自分は奴隷として隣国のVereに売られる。
王子Damenはすでに死んだものとされ、彼はただの奴隷として鎖をかけられ、貢ぎものとして海を渡った。

AkielosとVereの二国の間には深い因縁があった。Damen自身、かつて二国の戦場で敵国Vereの王子を一騎打ちの末に倒したことがある。
その死はVereを大きくゆさぶり、まだ幼かった第二王子が第一継承者となり、その叔父が摂政としてそれ以来Vereの実権を握っていた。

Damenの新しい主人は、その第二王子──次のVereの王となる若きLaurent。
兄を殺したAkielosの人間を心の底から憎む男。氷のような王子。

尊厳を奪われた一人の奴隷として、Damenは退廃したVereの王宮で生きのびようとする。いつか国へ戻る日のために。
だが、Vereの王宮に渦巻く陰謀が彼をも巻きこみはじめ……
.....



ブログに連載されていたものがペンギンに買われてメジャーから出版されることになり、今年ちょっとしたセンセーションを巻き起こしたファンタジーシリーズです。今2まで出ていて、来年出る3で完結予定。
ペンギンから出たら変わると思うんですが、とりあえずアマゾンキンドルのリンク貼ってあります。1と2で表紙が同じなのでせめてナンバリングをっ……(キンドルの上で見分けがつかぬのです)

国を奪われて奴隷として売られた王子様、というのは箇条書きにするとよくある設定ですが、この設定を実によくこなしています。
Damenの誇り高く、国を離れても自分の民を守ろうとする男の心意気が格好いいんですよ。

Damenの主人となったLaurentは謎めいている。ひどく冷たい、残酷なだけの男にも見えるし、摂政の叔父に対して子供っぽい反抗心を剥き出しにしているだけのようにも見える。21歳かな、老成した雰囲気も漂わせるし、策略家でもある。
Damenは、はからずもそんなLaurentを誰よりも近くから見ることになる。

二人の間にある緊張感が実に冷たく、時にお互いの憤怒に満ちていて、読みごたえがあります。彼らは敵国(今は同盟を結んでいますが)の者同士としての敵意と、主人と奴隷としてのいびつな関係の中で、最初は互いの姿がまるで見えない。
ただ支配しようとし、ただ抗おうとする。それはパワーゲームです。
そこから少しずつ、互いを一人の人間として見るようになっていく。
キャラクターの描写がとても丁寧で、それぞれのエピソードに基づいているので、その変化にも説得力があって読んでいると実にじれったく萌え萌えできます。
二国の文化差もおもしろい。体の美を重んじるAkielos(ここは古代ギリシアがモデルになっているのではないかと)と、王族は肌を見せずに過剰に装い、退廃した宮殿文化を誇るVere(古代ローマの饗宴がモデル?)。読み進むにつれ、それぞれの国の雰囲気が段々とわかってくる。


1巻では二人の出会いから、Vereの宮殿内の力のバランスを描き、Damenの立ち位置を明確にしていきます。そんな中で後々重要になっていきそうないくつかの物事もあって、先が楽しみな展開。
非常によく練られた話で、ファンタジー好きでもそれほどでなくとも楽しめる一冊になっています。
続き物ですが話にゆるみがなく、2巻になると一気に人間関係も展開も怒濤の展開を見せます。1の段階だとほぼエロはなしに近いのですが、二人の間にある緊張感は充分エロいぞ。

それぞれの立場で、それぞれの敵と戦っている二人の男が、立場の差を越えて相手の中に尊敬できる「男」を見つけ出していくのです。しかし見つけたところで未来はない!というのも大変おいしい。
ファンタジー好きなら鉄板の一冊、敵からほだされていく展開や、身分差(ちょっと複雑だけど)好きならやはり鉄板です。おすすめ。

★本格ファンタジー
★敵同士

はじめまして。
普段はM/Fロマンスを読んでいますが、たまにのぞかせてもらってはMary Calmsの短編などを読んでいました("Again"可愛かったです)。今回ご紹介のこちらの二冊、あまりに面白かったのでお礼を。

ゆるみが無いとのお言葉どおり、1巻を読み始めたら緊張感に引きずられて一気読みでした。エロの味付けとしてではなく、物語の骨格がしっかりしていたのが素晴らしかったです。そして第二巻の終わり方に悲鳴でした。うう、たしかに大変おいしい。

楽しい読書でした。ありがとうございました。
ありがとうございます!
本当に骨太ながらしっかり萌えられる話ですよね。
三巻が待ち遠しいことこの上ないですが、色々と心配事もあってはらはらしてしまいますよ。(絶対に小さい頃叔父さんに××されてたと思うし…)

M/Fは私は全然わからないジャンルなのですが、Maya Banksさんなんかとても人気なのでずっと気になっているんですよねえ。
読書の時間が一日20時間ぐらい取れればいいのに……(無茶ぶり)
またお気軽にお立ちより下さい♪
はじめまして、
私もぜひお礼を言いたくコメントさせていただきました。

通りすがりにこちらの紹介文にひかれてm/m小説に初挑戦しましたが、これが大当たりでした。とても面白くて、寝る間を惜しんで読了しました。
主人公二人のストイックな関係性が絶妙ですね。三歩進んで二歩下がるみたいな感じにじれじれしました。
三巻はぜひハッピーに終わってほしいものです。

すてきな本をご紹介いただきありがとうございました。
また参考にさせてください。
お、これがm/m初挑戦とは光栄です。
つかみはばっちりということで、また色々と読んでいただければ!

あのなかなか近づかない距離感がじれったいですよね〜。二人のプライドの高さが半端ではなく、本気でぶつかりあっているところにも萌えます。三巻、実に楽しみです。どうにかして幸せになってくれることを祈ってます。本当に。
はじめまして。
冬月さんのブログ、ミシュランのように私のm/m選択の指針となっており、いつも楽しく拝見しています。
(取りあえず星3つから優先して選んで読んでるので、美味しいとこどりのような申し訳ない気持ちにもなってます・・・)

Captive Princeも、これは面白そうだ!と早速購入して1、2巻一気に読みました。
1で引っ張られた分(1のストーリーも十分楽しめるのですが)、2巻終盤でLaurentが訪れたシーンはDamenと同じくらい自分も驚いてしまいましたw
2巻ラストは本当に映画ようでした。

3巻も待ち遠しいし、この作者さんの商業スラでの他の本も今後出るかな~?と楽しみです。
お、ありがとうございます。どんどんいいとこどりして下さい。私の好みと偏見にがっつり基づいていますので(あと結構、読んだ時の気分もある)、二つ星などにもきっと好みぴったりのがありますよ!
私自身、M/Mの海に乗り出して手当たり次第買った後、「なんか当たりもあるけどハズレもあって大変……」とくじけそうになった頃に海外のレビューサイトを見つけてとても助けられたので、自分がこうして誰かのお役に立てるのは嬉しいのです。

Captive Princeは「こいつら、いつくっつくんだよー」と焦れ焦れするのも楽しいですね。その分、二巻がおいしい(笑)
この作者さんは、数カ月前にお仕事やめて専業作家になられまして、ということはほかの作品もいずれ出るだろう!と思ってわくわくしています。これまでインディーズやマイナー中心だったM/Mの出版にメジャーがのりだしてきたという点からも、大きな曲がり角の作品になるかもしれないです。楽しみ!
読みました。ご紹介ありがとうございました。本当によかったです。
二人の間の緊張感がクセになり、もうずっとこの雰囲気のまま(笑)でもいいよ、と割と本気で思ってしまいました。
kindle 買ってよかったです!
よかったです!
本当にじれじれしますけど、その時間が実に楽しいカプですね。ペンギンからでる時には少し書き直されていると思うのですが、どうなっているのかそれも楽しみ。
それにしても三巻がどうなるのか気になります……!











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。