Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prisoner
Megan Derr
Prisoner★★☆ summary:
その世界では三国が戦いをくりひろげていた。

Kria。質実剛健の剣と戦士の国。
Salhara。剣も魔法も用い、名前を大事にする国。
Illusor。魔術に長けた魔導師たちの国。

Dieter von AdolwulfはKriaという国の将軍で、その勇猛さと苛烈さで皆に恐れられた。
彼が鍛え上げたSkerlet Armyの部隊の兵を、手だれの暗殺者が殺して回っている。数百の兵が殺されて、やっととらえた相手はSalharanの名無し男だった。
Dieterはその殺人者に、Kiriaの名を無理矢理与えた。名を重んじるSalharanにはそれが最大の屈辱となる。敵にもらった名など。

名無しを捕虜として帰国しようとした時、何故か突如として普段は現れないIllussorの軍が現れ、秘術を用いてDieterの隊を皆殺しにする。Illussorの生き残りもほとんどいないほどの、捨て身の禁術だった。
この名無しの男は何者なのか? 何故Illussorがそこまで彼を必死で探すのか?
Dieterは答えを狩るための旅に出たが、それは魔術の歴史を根底から変えてしまう旅でもあった。
.....



ファンタジーです。それもかなりごっつい、本格的なファンタジー。
三つの国がいがみ合う世界での話。DieterのKiriaは剣の国で、戦士は己の剣に名前を付けて戦う。彼らは魔術を操るものを「軟弱もの」「arcenの中毒者」と呼んで馬鹿にする。
arcenは魔術を使うための薬。それを飲むと人の瞳の色が変わり、強い魔術を使うためには強いarcenを使う必要があります。やがて中毒と化した者の目は赤々と変わっていき、その目が黒くなった時には破滅の道が待つという。
いやもうファンタジー好きなら萌えるしかないでしょう!

人間関係も濃いですよ。
Dieterは狼のように荒々しい将軍で、王に憎まれている。Dieterの父親は名のある剣鍛冶で、父の打った名剣がDieterに与えられたのが、王は我慢ならなかった。実は、王とDieterの父は恋人同士であったから。
「彼の剣をもらえる筈だった。その剣は俺のものだ」という王に、Dieterは返す。「違う、王よ。この剣は俺のものだ。父が貴様にやろうとしたのは別の剣だ。俺だよ」
Dieterの父親は、恋人に贈るために息子を剣の名手に育て、名剣を与えて、王の元へとよこしたのだ。息子を「王の剣となれ」と育てた。(ちらっとですが、夜の仕込みもすませてあるかもとか書いてあった……)
しかし王はDieterを憎み、Dieterは世界を憎んだ。

かなり色々なキャラが入り組んでいますし、複数の名を使い分けている裏切り者がいたりして、あっさり読める話ではありませんがその価値はあります。
目をえぐりとられたIllusorの生き残りとか、Dieterに無理矢理名前を押しつけられ、名前を撤回させようと(Salharaのものには名前こそ本質)必死にあがく囚人のBerahtが中心となって物語がひろがっていく。
このBerahtは、物語の終盤で自分につけられた名前の本当の意味を知ることになります。

さまざまな文化やしきたりがきっちり描き分けられていて、重厚ファンタジー好きならとてもおいしい。
カプもあるんですが、そっちが主体の話ではないのであくまで「ファンタジー大好き」な人向け。非常に力強い筆力で最後までしっかりと書き上げられています。
設定倒れに終わらないところが凄い。

とにかくファンタジーが、それも設定ががっちりした本格ファンタジーものが読みたい人にオススメ。
この作家さんはファンタジーをよく書いているようなので、他の作品も楽しみです。

★本格ファンタジー
★将軍と名無しの囚人

G.R.R.Martinの"The Song of Ice&Fire"シリーズが好きなので、設定堅めのファンタジーとお聞きして読みました。
3国の特徴がしっかり書き分けられていて、とても読みやすかったです。
Kiriaはマッチョな軍事大国なのにお風呂が大好きという設定がツボでした。
BerahtがDieterに捕まってから、ずっと口汚く2人で罵り合ってるのが微笑ましいw(Dieterは鉄拳で黙らせていたりしていますが)
DieterがKiria国王の前で審問(→そのまま処刑されそう?)というシーンがドラマティックでした。

このお話が気に入ったので、Megan Derrの他の小説"Bastard Prince"や"Bound"等を読んだのですが、前者は短めだけどオチでは水戸黄門みたいに(?)スッキリできる話で面白かったです。
後者は、"Prisoner"の後日談というか、後世の話で、読み応えありました。
お話が長い分、ホモが増殖してました(笑)

"Prisoner"、ブログで紹介いただいてなかったら、なかなかすぐには読まなさそうな表紙だったので感謝します!
(上記3作で見慣れたらだいぶ味が出てきましたが、Boundの表紙は未だにキャラの誰だか分かりません(汗))
The Song of Ice and Fireいいですよね〜!
私はあれを読んで初めて「英語ってすごいおもしろい!」と思ったので、マーティン先生には感謝してもしたりません。5がちょっと積ん読になってますが、まあ次がでるまで長いからいいや(笑)

Megan Derrさんのほかのも読まれたんですね、すごい!(関係ないけどこの作者さんは猫6匹飼ってます…)
「本格」の匂いががっちりしますよね〜。M/Mの中ではやはり一番の硬派ファンタジーの旗手ではないかと思います。Prisonerの後日談、私も楽しみです。年末に時間とれたらそれも読もう…
Dieterはあんな態度取っておきながら剣に名前をつけているなんて反側ですよ。

BLに慣れていると表紙は色々と思うところがありますね(笑)
私がM/Mを読みはじめた時は今より状況が貧しくて(失礼)、「表紙のない」作品もよく売っていたり、表紙の怖い作品も多かったですが、今でもある意味「掘り出し物」があるのがM/Mの楽しいところでもあります。
一時期海の向こうでも「ugliest cover」コンテストとかやってたけど、最近はさすがに見ないですね。外から見てると楽しいんですが、作者さんたちはしんどいだろうしなあ…











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。