Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Payback
Jordan Castillo Price
Payback★★ summary:
Scary Maryはデトロイトのゴスクラブで行方不明となり、死体となって発見された。

Michaelは、親友が吸血鬼に殺されたと知っていた。
その存在をあからさまにされることはないが、吸血鬼たちは都市の闇に息づき、「吸われたがる」若者たちなどをその餌食にしていた。だがそのことを警察や家族に言うことはできない。
Michaelは家を去り、様々な事件の新聞記事などをもとに吸血鬼を追い、2年かかってその中の1人を発見する。

杭や槌、十字架、聖水、そしてドラッグまで用意して、吸血鬼が立ち寄るバーに出かけたMichaelは、体良くその吸血鬼、Grayとともにバーを出ることに成功する。
だが彼にとって計算ちがいだったのは、Wild Billという男も一緒についてきたことだった。タトゥを入れ、レザージャケットをまとったセクシーな男。
もし狩りに心を取られていなければ、Michaelがデートしたにまちがいない男。

3人の生々しいセックスの最中、Wild Billは何故か、吸血鬼に薬を盛ろうとするMichaelに協力する。
彼は何者なのか。何が目的なのか。そしてMichaelはうまくGrayを「狩る」ことができるのか…

.....


Jordan Castillo Priceによる「Channeling Morpheus」のシリーズ1作目。
短編と言ってもいいような短さですが、シリーズ全体を通して濃厚でおもしろいです。この1作目は導入編という雰囲気がありますが、まずつかみとしても成功している。

Michaelはゴスメイク(主にアイライナーのようです)をしている美しい青年で、まだ若い。21歳。友人の仇の吸血鬼を1人で追っています。
退廃的で、少し疲れたような雰囲気を漂わせる青年だけれども、その内側は親友を失った痛みに満ちています。吸血鬼が元凶だと知った彼は、杭を手にしてそれを追わずにはいられない。勇気があり、向こう見ずでもある。世を投げた厭世的なところも見せる一方で、妙に純情なところもある。
吸血鬼たちは、彼の痛みと孤独に惹かれます。
そしてMIchaelは今回の狩りを通して、自分が持っていた「吸血鬼」の悪鬼のようなイメージをくつがえされることになる。それはScary Maryの死と同じように、彼の人生を変えていきます。

作中に出てくるRohyrnolというのは催眠鎮静薬で、デートドラッグ(レイプドラッグ)としても使われる。
吸血鬼はこれに弱くて「夢の世界へ行ってしまう」そうですよ。シリーズ名の「Channeling Morpheus」というのも、「Morpheus(モルペウス:ギリシア神話の夢の神)とチャネリングする」という意味かと。

このシリーズは、同じようにやや短めの連作で続きまして、今5作目まで出ています。MichaelとWild Billについて書かれたその先の話がおもしろいというか、やはり濃厚で、独特の香りがあります。
話もおもしろいシリーズなんですが、特筆するべきはその雰囲気のような気がする。
Jordan Castillo Priceの文章には不思議な雰囲気があります。ダークで、湿り気がある。かと言って饒舌ではなく、むしろ淡々とした筆致。
たとえばCameron Daneの文章は「温度が高い」といつも思うんですが(…70度くらいかな?)、Jordan Castillo Priceは「温度の低い」作家ですね。温度が低く、耽美な湿り気と、コンクリートの打ちっ放しのようなざらつきとストイックさが同居しています。
この先のシリーズで書かれる2人の道行きもまさにそういう、ダークなものがまとわりついた、どこに行くかわからない不安定さと、互いを求めてしまう激情とがどろどろに入りまじった話です。

吸血鬼ものが好きだとか、ダークっぽいものが好きな人におすすめ。まずは好みにあうかどうか、このシリーズ1を読んでみるというのもいいと思います。

★吸血鬼
★短編












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。