Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとご無沙汰してます。春風邪引きました。(今年の春風邪はしつこいのでお気を付けて……!)
モノクローム・ロマンス文庫の方でもちょこちょこ動きがありまして、しばらくしたらお知らせできると思うのでお待ち下さい。
レビューもねっ!いやあ最近読んだ中ではEden WintersさんのDiversionのシリーズが飛び抜けて面白かったです。


ところで、「どのくらい英単語を知っていれば原書読めるか」というようなご質問をいただきまして、自分なりの考えですが、答えをまとめてみました。「原書読みたいけど、ちょっとね」という人も結構いるのではないかと思うので、私個人の考えですが、よければ参考にしていただければ幸いです。

・原書を読む際の英語力、単語力

これは「なくてもいい」と断言します。何故なら私がなかったから。(ムーミンで挫折したことのある人間ですので)。私が原書読み出した時の英語力なんてひどいもんです。
それに、単語帳的にたくさんの英語を覚えていても、それを使って「本を読める」かどうかはちょっと怪しいんですよね。英語→日本語、という対訳で覚えるだけでは英語の小説は読めないので、単語だけを覚えるぐらいなら小説読んで実地に感覚を身に付けた方がはるかに有益だと思います。(読書にはね。テストとかの英語力はまた別問題)

・単語知らなかったら読めないのでは?

最初は大半、読めないですね。でも英語というのは特殊なもので、誰でも学校で「読み方」は習ってきてます。そんなに詳しい読み方知らないよ!と言うかもしれませんが、最初にあるのが主語だとか、次には動詞が来るとか、動詞は現在形と過去形と過去分詞の三つに活用するとか、そんな基本を知っています。(ほかの外国語で、それすら知らない言葉がほとんどだということを思えば、「英語」にどれだけアドバンテージがあるかはわかるでしょう。学校英語も完全な無駄ってわけじゃないのです)
だから「英語がどうも」という人でも、キャラが動いてしゃべっているセリフなんかを見れば「何となく」の雰囲気はわかるんです。それを「読む」とは言えないかもしれませんが、私は最初のうちそうやって物凄い大まかに読んでました。

・読めるようになる?

読んでれば必ず読めるようになります。それまで気持ちを入れて読み続けられるかどうかがポイントです。スタート地点にもよりますが、それなりにでも読めた!と思うまでに1年はかかると思います。
「英語の小説を読む」のに必要なのは、英語力よりも「小説を読み続ける根性と萌え」だと思う。
だから、「好きな本」を読んで下さい。「自分のレベルに合いそうだから」と興味のない本から読む、というのはあまりオススメできません(そこで挫折しない人ならいいんですよ)。


そんなわけで私の答えは、「英語力は気にしなくてもいいから、読みたいと思った時が始め時」です。
おもしろいところだけつまんで読んでもいいし、英語が好きになれば、あらためて単語の勉強したっていい。自分で読むだけだから、どんな勘違いしてたってどれだけはしょって読んでたって構わないわけですよ。だから、読んで、自分なりに楽しむのが一番いいと思います。
原書はおもしろいよ!

こんにちは。以前ちょこっとコメントさせていただいたkokoと申します。初心者原書読みに心強いお言葉をありがとうございます! 【英語力よりも「小説を読み続ける根性と萌え」】ですね。「萌え」だけは自信があって、この数十年萎え知らずです(^^) こちらのサイト様のおかげで、読みたいなぁと思う本がたくさんできましたので、継続して、もっと楽しめるようになれたらいいなと思います。モノクローム・ロマンス文庫、レビューを心待ちにしていますv 春風邪、気を付けてくださいね。
ありがとうございます♪風邪は随分よくなってきました。いやあ、何年かぶりにこじらせて難儀しました…

小説を読む能力は読むことによって鍛えられますので、とにかく読むのが大事だと思います。ほんっと、不思議なほど、読んでれば何とかなっちゃったりします。
萌えていると、わからない部分の想像力も補完力も非常によく働きますし(笑)、「萌え」の学習力ってすごく高いと思うのですよ!
是非たくさん楽しんで下さい〜。
はじめまして。めいちと言います。
最近、洋書を読みはじめた初心者です。あまりにも分からない単語が多い為、内容がサッパリで挫折しそうになっていたところ、このサイト様と出会いました!中学の英語もろくにできていない私ですが萌えのために、これを気に頑張ろうと改て思いました。ありがとうございます!
読まれた本のレビューが楽しみで、全く読めないのに読みたい本が沢山増えちゃいました。
レビュー楽しみにしてます。このサイト様に出会えてよかった〜♪
はじめまして、いらっしゃいませ!
わからないことが多いとフラストレーションが溜まってしまうこともありますよね、わかります。でもそれだけに「読めた…かも!」という時のテンション↑↑がとても楽しい趣味なのです。しかも一冊で長々と楽しめる!(笑)
楽しく、萌え萌えしながらどんどん読んでいきましょうー。











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。