Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Mine
Mary Calmes
MineLG.jpg★ summary:
Trevanは、賭け屋の金を回収して回る"Runner"だった。
彼はあるパーティで運命の相手に出会う。
Landry。
まだ少年のような彼は、体を売るような生活をしていたが、Trevanは彼を家に連れ帰り、そんな暮らしからも、ドラッグからも足を洗わせる。

Landryは情緒不安定で、激しやすく、嫉妬深い。
だがTrevanはそのすべてを受け止めて、Landryが欲するものを与えた。
いびつだったが、二人の関係はうまくいっていた。

だが2年たち、Landryが宝石デザイナーとしてのキャリアを築いてきたある日、Landryの弟と名乗る男が現れ、かつてLandryに背を向けた家族が彼に会いたがっていると言う。
同時に、Trevanの仕事にも大きな波風が立ち、仕事仲間が病院にかつぎこまれ…
.....



Mary Calmesで、わりと珍しく、攻め視点。
で、Mary Calmesなのでハッピーハイテンションなラブラブストーリーだろうと思っていたら、なんか違う。あれ?
Landryがかなりのヤンデレでした。

TrevanはとにかくLandryを溺愛している。そんなわけで、夜中に目を覚ますと恋人がぼうっとナイフを手にしてベッドのそばに立ち「お前の胸に俺の名前を刻んでやりたい」とか言っても、動じもせずに「じゃあそうしよう」と翌日タトゥを入れに行っちゃうような男です。
その溺愛っぷり、そしてLandryまた騒ぎを引き起こす、Trevanそれを片付ける、そして二人のいちゃいちゃ、の間で話が進んでいく。

賭け屋の取り立てというTrevanの仕事は、グレーゾーンというかまあ明らかにダークゾーンなんですが、さらにその業界に動きがあって、いささかきな臭い。
謎の殺し屋なんかも出てきまして、何故か影のようにTrevanを守ってくれる。この人、気になります。
縄張り争い、暴力、誘拐──様々な出来事がドミノ倒しのようにおこっていく。

幸せバカップルではありますが、いつものMary Calmes節でなかったせいか、なんだか最後まで読むリズムがうまくつかめなかった気がします。
ヤンデレだとわかった後も、どうも読んでる最中の違和感が消えなくて、もうちょっとギャグというかユーモラスな漫画的に読めばいいのかなと思ったり。Trevanの苦労っぷり(当人は平然とこなしてますが)を楽しむ話なのかも。
とにかく、すとんと落ちてこないものが残っちゃったんですが、話としては途中からスピード感を増していって、その転がるようなハイスピード感はさすがです。
先入観なく読めば、このヤンデレっぷりと溺愛っぷりは楽しいかも。あっちのヤンデレ初めて読んだ気がするな。
というわけで、溺愛/ヤンデレカプが好きな人におすすめ。

★ヤンデレ
★バカップル












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター