Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説には文化が描かれています。その文化の中でも、他所者が呑み込みにくいのが「お土地柄」やらのお約束ごと。たとえば日本の小説を外国の人が読んでいると考えてみましょう。中にひとりやたら冗談を言いまくるキャラがいる。そのうち誰かが「あいつ大阪の生まれなんだ」と言い、「なーんだ」と皆が納得する…なんてシーンがあるとします。
この時に「なーんだ」を共有できるのは、ある程度「大阪」についての共有イメージ(実態にそぐっているかどうかはともかく)を持っているからであって、もし大阪が地名だとしかわからなければ、この会話の意味自体が呑み込めないわけです。
で、洋書を読んでいると、そういう「おいてけぼり」がたまにある。地名だけじゃなくてね。

その中で、「金髪」と「アイルランド」について。軽く解説しておきます。

・金髪
「お馬鹿ちゃん」「頭がからっぽ」のニュアンスを含む。
これはもう、実際に金髪が頭が軽いかどうかって問題じゃなくて、ステレオタイプで「金髪ジョーク」というジョークのジャンルがあるんですね。的外れな返答で笑いを取るお馬鹿タレントのごとく、金髪がどれだけ馬鹿なことを言うか、でオチになります。逆に、金髪をなめてかかった男がやりこめられるというパターンも少数あります。
「金髪だからって脳みそがないと思うなよ」みたいなセリフが出てきたら、この手の「金髪ジョーク」を元にしているんですね。
マリリン・モンローはこの手の「金髪イメージ」に苦しんだと言われており、彼女の生きた時代ではジョークだけでなく実際に人々が抱く共通イメージだったのでしょう。何でだろうね。

・アイルランド
アメリカは移民の国で、イングランドからも移民がたくさん行きました。イングランドといっても、アイルランド、ウェールズ、スコットランドなどで気質が異なります。
この中でもよくジョークのネタにされるのが「アイルランド」。
アイルランド人は頭の回りがゆるく、酒飲みで馬鹿である、というのがそのジョークのステレオタイプ。ちなみにスコットランド人は頭がひたすら固くて融通がきかない。ウェールズは思い出せない…ごめん。。

アイルランド移民は数が多く、そして彼らは喧嘩っ早くてガタイがいい(背は全体に低め)ため、歴史的に消防団員や警察官といった危険な職業によくつきました。スラでは消防や警察がよく舞台になりますが、ほぼ必ずと言っていいほどアイルランド系が混ざってくるのは、こうした歴史的な経緯があるのです。(さらに、アイルランド人の警官は大体父親や祖父の代からの警察官だったりとか)
もし「アイルランド人(アイリッシュ)だからさ」というセリフが吐かれた時には、それがアイルランド人のジョーク・イメージからなるものなのか、血の気が多い性格によるものなのか、どこのニュアンスで言っているのかを読み取れればちょっと楽しいです。

アイルランド人には、金髪碧眼美形のイメージがあります。そして刺青してときには猛り狂ったベルセルクで、毎日痛飲ガラッパチ。魔法や呪術で妖しい人もいたり。「風と共に去りぬ」を読んでからは、頑固で打たれ強くていぶし銀のような。あれ?それだとスコッティと一緒ですね。ケルト人。大好きです。
それはかなり「クリスタルドラゴン」な感じですね。
そうそう、「アイリッシュだから迷信深い」というのはあるようですよ。精霊を信じる、とか。超自然的なものへの畏怖はかなり共通しているようです。
わはは。そうなのです。「クリスタルドラゴン」は、私がケルト好きになるきっかけになったといえる漫画でした。で、金髪碧眼美人。(笑)アイルランド神話伝説とかも、一時期とてもはまりました。神話伝説は結構萌えるエピソードてんこ盛りですものね。
そういえば、シカゴの消防士の映画「バックドラフト」でも、アイリッシュなBGMが使われていましたね。あれを観た当時は、なんでバグパイプでキルトなんだろう…アイルランド系の街なのか?などと、背景もよく知らずにそんなことなどを思っていました。映画に出てくるアイルランド魂も、いろいろ面白そうです。
クリドラは本当にロマンいっぱいでしたねえ。私にとってケルトは、サトクリフの「ケルトの白い馬」なんかも心にぐっと来た記憶があります。あと、ジャック・ヒギンズという好きだった作家がよくアイルランド系の主人公で冒険小説書いていて、子供の頃から「アイルランド人は頑固」とかそういうイメージがついてましたねえ…
アイリッシュウイスキーおいしいですよ。ブッシュミルズとか好きでした。蒸留所の規模が小さいんですけども。何だか、どっしりした大地っぽい味がするイメージがあります。アイルランドだー、と思って飲むからかなあ(笑)

バックドラフトは見たのが昔なので、すっかり気が付きませんでした。成程〜。
色々な作品の色々なところに、メッセージというか、イメージが練り込まれてるんでしょうね。わからないことも多いんですが、ちょっとずつ掘り出していけたら楽しそうです。











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。