Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韻は、「rhyme(ライム)」と言われます。頭を合わせる頭韻とか最後を合わせる脚韻などがありますね。
ちなみにだじゃれは「pun」。アメリカ人はpun好きだよね…それ親父ギャグとどう違うの、といつもちょっとたじろぐのですが、もしかしたらrhymeの長い伝統があるから、音合わせが好きな文化なのかもしれません(←でまかせだけど、一理あるんじゃないかと思う)

さて、シェイクスピアのrhyme。今回も「マクベス」から引いていきます。マクベスしか習ってないからね。。
マクベスには、三人の魔女が出てきます。この魔女がマクベスに「お前はいずれ王になるが、バンクォーの息子とその血統が王位を受け継いでく」(バンクォーは仲間)と予言したことから、マクベスの運命が狂っていくのです。
この魔女たちは、出てくるたびに「きれいは汚い、汚いはきれい」など謎かけのようなセリフをまきちらすのですが、彼らのセリフは何と、すべてrhymeで作られています。
劇の冒頭、一番最初のセリフは魔女からですが、それからしてコレ。

When shall we three meet again   
In thunder, lightning, or in rain?

(我ら三人、またいつ再会なるか。雷の中、稲妻の内、雨の下?)

文末を見ると、「again」と「rain」で韻になっているのがわかります。
魔女のセリフはすべて、こうして二行ずつのrhymeになっているのです。(二行のrhyme・一行休憩・またrhyme…という変則もあり)

「きれいは汚い、汚いはきれい」のセリフも、

Fair is foul, and foul is fair
Hover through the fog and filthy air


と二行で脚韻になっています。その上で、「fair」と「foul」が「きれい」と「汚い」と意味が正反対の言葉の取り合わせにもかかわらず「f」の発音で頭韻を踏むrhymeになっている、というおもしろさも加わっています。
★fairとfoulの訳し方は色々あって、先人の苦労がしのばれます…

大釜にトカゲの目玉だの犬の舌だの色々入れて煮込むシーンも。

Fillet of a fenny snake,
In the cauldron boil and bake;
Eye of newt and toe of frog,
Wool of bat and tongue of dog,

Adder's fork and blind-worm's sting,
Lizard's leg and howlet's wing,
For a charm of powerful trouble,
Like a hell-broth boil and bubble.


意味はともかく、文末を見て下さい。二行ずつ見事に対になっています。こんなのがもっとずーっと続いていきます。長ゼリフだけど凄いので、よかったら検索して見て下さい。(上に書いた一行をぐぐれば出てくると思うので)
つまり、彼らのセリフはすべてrhymeであるために、英語で言うと謎めいた呪文のように響き、「通常の人ではない」感も高まっています。内容よりも響きが大事なセリフなんですね。

さらに、シェイクスピアが「弱強5歩格」という「弱→強」のリズムを使っていたことは前の記事で書きましたが、このシーンは実は逆になっています。
釜でぐつぐつとあやしげな秘薬を煮立てる魔女たちのセリフは、rhymeである上に、「強→弱」と強が先にきています。
こんな感じに。

Fillet of a fenny snake,
In the cauldron boil and bake;


マクベスは英語上演を見る機会をいただいたのですが、このへんは耳で聞くと、本当に呪文のようなんですよ。
特に "In the cauldron boil and bake" は何度もくり返される不気味なセリフで、boilとbakeも頭韻になっており、独特の雰囲気があります。
ちなみにrhymeは魔女の専売特許と言うわけでもなく、シーンが変わるところの最後のセリフは必ずrhymeになっています。そうすることで「ここでシーンが変わるよ」と観客にお知らせしているらしいです。二幕のマクベスの退場シーンも、最後の二行が

Hear it not, Duncan; for it is a knell
That summons thee to heaven or to hell.

(聞くな、ダンカン、この音はお前を天国へと誘う鐘の音。あるいは地獄へと)

と、マクベスのセリフなのに行末にrhymeがあります。

さて、魔女たちの呪文のように、文頭が強い「強→弱」のリズムを駆使しているのが、「マザーグース」。
「ハンプティダンプティ」をあげてみましょう。
まず「Humpty Dumpty 」と名前からして頭が強い(その上名前自体がrhyme)。

Humpty Dumpty sat on a wall.
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses and all the king's men
Couldn't put Humpty together again.

   
これ全部頭の出だしが強くて、あとはリズムになっているのですが、見ればわかるように、「wall」「fall」、「men」「again」と語尾でrhymeにもなっています(二番、三番も同様です)。マザーグースってそういうもんなわけです。
YouTubeで「Humpty Dumpty」で検索すると歌や朗読が出てきますので、強弱の感じがよくわかりますよー。このへんとかこの歌とかおもしろいです。

ちなみに、ハンプティダンプティのオリジナルだと言われているものでは後ろの二行が違っていて、
Threescore men and threescore more,

Cannot place Humpty dumpty as he was before.

となっていますが、やはり「more」と「before」がrhymeです。
そもそも、童謡や、特にマザーグースのことを「Nursery rhyme」と言いますので、もう前提からしてrhymeばりばりですね。マザーグースの朗読でも買おうかな…

スラでも、「Adrien English」シリーズの1の「Fatal Shadows」では、主人公のAdrienに謎めいた手紙が送られてきました。これはシェイクスピアと同年代の作家の書いた戯曲からの抜粋ですが、これもまた、よく見ると文末がrhymeになっているんですね。

Man is his own star; and the soul that can
Render an honest and a perfect man
Commands all light, all influence, all fate.
Nothing to him falls early, or too late.
Our acts our angels are, or good or ill, 
Our fatal shadows that walk by us still.


rhymeは今でもしばしば、新聞のタイトルなどにもよく見られます。英語は、日本語より音の響きに対して敏感なのではないかという印象があります。
小説を読んでて、何だか「おもしろいことを言った雰囲気」なんだけどわからない!という時は、実はrhymeになってないか、駄洒落のpunになっていないかどうか、「音」をチェックするのもおすすめです。とか言っておいてなんだけど、苦手なんだよねえ…

ルイス・キャロルの詩なんかも、日本語で読むと難解ですが、原文で見るとrhymeで構成されていたりして、「何のことはない、そーいうもんだったんだ」と腑に落ちたりします。
読んで意味がわかる、というだけではなく、見て音を楽しむという面も英語にはあるんですね。ポップスの歌詞なんかもさりげにrhymeになってたりします。なかなかすぐには呑み込めませんが、とにかくそういうものが「ある」と覚えておくと、楽しいことがあるかもしれません。

★次からはまた、スラレビューに戻るよ!

mother gooseにピントが合いましたか(笑)
ならば、買うのは待たれよ。
子供向け、朗読、ミュージカル風、ロック調。。。
いろいろあります。また今度、お持ちしましょう。
昨日もマザーグースの本が1冊my library の仲間入りをしたような。
マザーグースはハマると、まずいのです。
goodsもあるからね。
シェイクスピアの先生が途中で教えてくれて、なるほどーと思いましたよ。
あれはやっぱ抑えとくべきかなーって感じですねえ。
とにかく「子供の頃からrhymeに慣れ親しんでる」人たちなのだっていうのが、英語をつかむ上でも大事なポイントなのではないかと。
正直、rhymeは意識してないと耳に聞こえてこないんですよ(笑)
色々とご教授願いたいところ!です。

一方で、日本の昔話の、「むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが…」というのにも、独特のリズムがあるのではないかと、今回思いました。短、短、短、長……(で息継ぎ)みたいな、俳句や短歌と同じ構造のリズムになってるんじゃないか?と踏んでますが、全然裏付け取る努力はしてませんw
色々と、何か釣れてきそうで楽しいです。これでもうちょっとヒマがあればねえ…











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。