Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fair Game
Josh Lanyon
Fair Game★★★ summary:
Elliot MillsはFBI特別捜査官として順調なキャリアを積んでいた。
テロリストの銃弾が、彼の膝を吹きとばすまで。

苦痛に満ちた再建手術とリハビリを乗り越え、今の彼はPSU大学の歴史の講師となっていた。17ヶ月前の銃撃のことは、次第に遠い過去になりつつあった。
だがそんな時、父親からのたのみで、彼は大学の学生の行方不明事件を調べることになる。

その事件の捜査を担当していたのは、FBIのTucker Lance。
かつてElliotの恋人であった男。
そして、彼の膝が砕け、FBIにいられなくなった時、彼に背を向けた男。
二人の再会は、彼らの関係の残骸をもう一度掘り起こすことになるのだろうか。膝の痛みとともに、Elliotを今でもさいなむ記憶を。
.....



ミステリと恋愛と、男同士の意地や対立がよく絡みあった、Lanyonらしい作品に仕上がってます。
Elliotは不自由な膝を抱えながら、その生活に慣れようとあがいている。見下されるのが何より嫌いなのは、その不自由さと裏腹のプライドでしょう。
孤独僻があり、人を簡単にはよせつけず、自分をいつでも抑えようとする。ちょっとややこしく、面倒な男だったりもします。何たって趣味が「南北戦争のジオラマ作り」です…

そんな彼に再会したTuckerは、Elliotに対するフラストレーションを隠しきれない。Elliotは、Tuckerが自分に背を向けたと思っているし、Tuckerにしてみればそう仕向けたのはElliotです。
二人は対立しあい、怒りをぶつけ、相手を自分の中から締め出そうともする。事件とともに、二人のその対比が読みどころ。

Elliotが頑固に追い続けた事件は、やがてもっと大きな事件へとつながっていき、彼の身辺を犯人の影がおびやかしはじめる。
FBIや権力嫌いのアナーキストであるElliotの父親や、大学の名誉を何より重んじる学長など、周囲の人々の様子も丁寧に書き込まれています。特に父親とElliotの関係、事件が引き起こす彼らの対立は、話のもうひとつの軸と言ってもいいんじゃないかと思う。オヤジ、もう六十代なのにモテモテなのですよ。

ミステリ好き、硬派な雰囲気を味わってみたい人、強情な男好きなどなどにおすすめの一冊。
舞台はシアトルで、私はこれを読んでシアトル近辺に島がたくさんあるんだとか、ヨット遊びも盛んなんだとか、そういうことを知りました。おもしろそうな都市です。

★連続殺人
★膝の負傷












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。