Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

What Can Be
Mary Calmes
What Can Be★★ summary:
13年前の夏、子供だったEliは母親と共に家を離れた。それはちょっとした夏の旅行になるはずだった。
だが、彼はそのまま家族と離れて、13年、帰らなかった。

今、「Jacob Somerville」となった彼は、シカゴの恋人を去って故郷へと向かう。
あまりにも重い記憶と傷を引きずりながら。

家族は彼を見て驚き、喜び、母がどうしているのか知りたがる。
だが、語れるだろうか。ずっと抱えこんできた秘密を、このクリスマスシーズンに、待ちつづけていた家族に?
.....



クリスマスの帰還ストーリー。
色々な意味で、とってもMary Calmesらしい短編。

主人公が活発で愛され姫タイプ、人の言うことを聞かない頑固なはねっかえり。そして彼にめろめろの攻め(今回はAppleに追随するIT会社を持つ大金持ちだ!)。
その主人公が感情のおもむくままに巻き起こしてしまう一騒動と、その決着。
いやあ、この人のステレオタイプはほんと楽しいです。ワンパターンと言えばワンパターンですが、いいパターンだと思う。読んでて安心するというか。可愛い受けと強いけど受けにめろめろな攻めがいて、愛されハッピーエンドって、ある意味やっぱり究極の形だな。

Eliはずっと過去から逃げていましたが、今回、恋人から逃げ出して故郷へ足を向けてしまう。かといって、まだ過去と向き合う決心がついたわけではありません。
13年前、彼と母親の上におこったひとつの悲惨な出来事を、彼は語れる気がしない。そのプレッシャーは重くのしかかってくる。
実際彼の心は救いをもとめ、そこに現れたのは──まあもちろん、ちゃんと彼氏が助けに来るわけですよ。正しいロマンス。

そんなこんなで、色々な感情の交錯があるんだけど、そのへんはそれほど重きを置かない感じで流れていきます。テンポも早いし、電話の向こうには「とにかくお前が好きなんだ」モードの恋人もいて、根っこは明るく、にぎやかな話です。
会話基本で話がかんかんっと進んでいくので、読みやすさとしてもおすすめの1本。

★過去のトラウマ
★帰還












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター