Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Book of Daniel
Z.A. Maxfield
The Book of Daniel★★ summary:
St. Nacho's シリーズ4。

Daniel Livingstonは、ついに自由を手に入れた。
妻と離婚し、いつわりの生活を捨て、弟のJacobのいるSt. Nacho’sに引越して、彼は新たな独身生活を謳歌していた。やりすぎなほどに。

弟とその恋人が幸せそうにしている様子を見るのは嬉しい。弟の幸せばかりを、いつも願っていた。
だがそれでも、自分だけが置いていかれるような理不尽な淋しさが心を侵食していくのをとめられる筈もなかった。
暴力的な父親との生活で、弟を守る盾になることは彼の本能だった。弟を守る兄であろうとした。母に対してはよい息子であろうとし、愛のない結婚の中でも忠実な夫であろうとした。嘘で塗り固めてでも。
そのすべてを失った今、一体、Danielは何者なのだろう?

その答えを、彼自身すら知らない。あまりに嘘をつきすぎて、真実を見失ってきた。

消防隊の一員であるCameron Rooneyは、Danielと対立し、彼を揺り動かす。Cameronに対してだけは、Danielは嘘をついてごまかす事ができない。
だが彼らの間にあるものは、まだ不確かで、脆く、一瞬のあやまちで崩れるほどのもので…
.....



St. Nacho's シリーズの4。特に前作の「Jacob's Ladder」と密接にかかわっています。前作はJacobの自分探し的な話でしたが、そこに出てきた兄のDanielの物語がこの第4作。
このシリーズは毎回、それぞれに自分探しの話で、クセのあるキャラの痛々しさが好きです。作者のZ.A. Maxfieldは当たり外れがある作家だと思うんですが、やっぱりこのシリーズは好きだなあ。

さて、今回の主人公、Danielもかなりクセのある男です。前作でも何となくつかみどころのない男だなと思ってましたが、実際に、彼は相手にあわせて色々な顔を見せている男なのです。
彼ら兄弟のの父親は暴力的で、Danielはいつでも弟を守ってきた。今でもそれは変わらない。守ることが、弟に嘘をつく事であれば、嘘をついてきた。
しかしその嘘が明るみに出て、兄弟の信頼は揺らいでしまう。

弟がカミングアウトした後、母親が心を痛めているのを見て、Danielは自分のカミングアウトをあきらめ、女性と結婚する。これもまた彼が重ねてきた嘘のひとつです。相手を幸せにしようと様々な努力をするけれども、そこに心がないことは相手にも伝わって、彼らの結婚生活は破綻する。

そんなふうに嘘を重ねながら、やや日和見的に生きてきた男。つかみどころのない、でも痛々しくて、自虐的で、頑固なところがぼんやりと切ない、その感じがいい読み味になっています。
Cameronとの恋も濃厚でいいんですけども、やっぱりDanielの内面を読んでいく1冊でしょう、これは。

St. Nacho’sの町はこれまで、訪れた人を包容して、自分を探す手伝いをしてきたような不思議な楽園です。しかし今回、Danielは町を拒否する。彼にとってこの小さな町は居心地が悪く、しめつけてくる檻のような存在でしかない。St. Nacho’sすら彼の居場所ではない。
その居心地の悪さ、どこにも「根」を持てない男のやるせなさが話の中から漂ってきます。他人を幸せにするための嘘を投げつづけ、その嘘がやがてあばかれてはブーメランのように戻ってきて傷を作る。Danielはもはやそんな生活をやめなければならないし、そのためにCameronが必要なのです。

エロどころか、恋人関係すらメインではない話ですが、「弟のために自分を犠牲にする兄」が大好物の私としては、そこだけで大変においしく読みました。
ちょっと引っかかる点としては、DanielとCamの関係が深まるところがいささか唐突な感じがしたのと、エロシーンの一部にやや収まりが悪い感じがする。BDSM風味なんですが、この作家はSub側を書くのはうまいんだけど、Dom(ライトなものなので、立ち位置として)を書くとぎこちないんだよなあ。浮いてるというか。まあ一部の問題で、全体にはエロもホットでよいですよ。

やや曲がりくねった、神経質なタイプの話。
ブラコン好きの人、ややこしい男が好きな人におすすめ。何もかもがすっきり!という話ではありませんが、陰影と深みのある1冊です。漢字のタトゥが話のちょっとしたポイントになってたりするのはご愛嬌。
シリーズ全体おすすめですが、とりあえず3と4はセットで読むのがいいかと。
"The Book of Daniel" というタイトルは、"The Book of Denial" のアナグラムではないかと思うんだよなあ。嘘と否定の人生を変えていく、それは難しいことだし、勇気のいることです。

★人生のリセット
★善意の嘘












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。