Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nook simple touch(以下nook touch)を買ってみましたよー。
というわけで、購入から使用まで、レポして行こうと思います。

nook-touch.jpg
これがnook touch。
Barns&Nobleのだしている読書用端末です。

私は普段、iPodTouchで電子書籍を読んでいます。第二世代と第四世代の2台持っていて、第四世代は本当に画面が精密なので、日本語の小説読んでもルビまでくっきり見えて美しい。
読むのに不満はないのですが、iPhone/Touchの弱点は、何と言ってもバッテリー。休日なんか、読書に熱が入ってくると毎日充電してる気がする。ほかの用にも使ってるし。
で、読書専用の電子ブックリーダーほしいなあ、とちょっと誘惑されていました。そっちに全部移すのではなくて、Touchとの二本立てで運用するイメージで。

素直にいけばここはKindleしかない。でも兄もKindle持ってたし、あいつと同じもの買うのもなあとか思うし、素直にKindleにいくのは勿体ない気がする(ネタとして)。Touchからハードキーボードのついてるデバイスに移るのにも、慣れとして抵抗があります。これまでタッチパネルで読んでるからね。
アメリカでは色々電子書籍リーダーが出てるので、どうせならそのへんから何かほしいな!(←わりと純然たるミーハー心)

最近、KoboがTouchパネルのリーダーを出してたので、それがいいかなあと検討してみましたが、結局Barns&Noble(大手書店チェーン)が今年出したnookの新型、nook touchに落ちつきました。
色々なレビューサイトなどを見てると、Koboよりフォントの表示がきれい(Kindleとはほぼ同等)、というのが決め手。あとページめくりが早いらしい(モノクロ電子ブックによく使われるE-Linkは目に優しくて省電力なんだけど、めくりが遅いという欠点がある)。電子ペーパーにつきものだという、めくりの際に一瞬黒いページが見えるブラックフラッシュも、かなり押さえられているんだとか。
しかし、Barns&Nobleは電子書籍を買う時に海外からの支払いを受け付けてないので、nookを買っても日本からでは(工夫しない限り)ブックショップは利用できません。自分で購入・ダウンロードしてきたファイルをインストールすることになります。今もTouchで同じことをしてるので手間はいいのですが、Koboが専用デスクトップアプリで同期するのに対して、nookはUSBでつないでパソコン側で認識したらドラッグ&ドロップでファイルを入れるだけ。こっちの方が、アプリをはさまない分同期のトラブルがなさそうです。

Koboの方が対応ファイルが多いので(HTMLも見える)ちょっと迷ったんですけどね。でもnookは画像ファイルと、ePubとPDFが読めるので、充分足りる。今は、ePubに変換できるアプリや書きだせるアプリもあるので、これだけ読めれば充分な筈。
日本語対応はダメダメっぽいが、日本語の小説を読むにはTouchもあるし、洋書専用機にしてもかまわないし。Androidなので、そのへんはいずれアップグレードで解決されるかもしれないし。
買う前のリサーチで、PDFの拡大・縮小や、横画面表示ができないという情報もゲット。PDFに過大な期待はするなってことですね。長所だけでなくて弱点を知っておくと、買った後にがっかりしないので、こういう情報はほんとに大事だ。

調べてる内にテンションあがったので、思いきってnookを注文!
Barns&Nobleは日本に発送してくれないので、日本に転送してくれる個人輸入向けの転送業者を利用しました。

nookを買う際は、
・日本語サポートはなし
・初期不良などには無力(1年間の補償がありますが、アメリカから日本には代替品を送ってくれないと思う)
・個人輸入か、輸入業者から買う必要がある(手数料が上乗せされる)

などのリスクがありますので、そのへん踏まえてご検討下さい。

蛇足ですが、nookのねっこはAndroidです。Androidに電子ブックリーダーのガワをかぶせたもの、と言っていいでしょう。
ガワをかぶっているので、AndroidのOS部分は見えません。あくまでリーダー。アプリものせられない。
とはいえ、無理にそのへんどうにかしちゃう人もいます。どうにかしてみたい人は、"nook ルート"あたりで検索すると、勇者の記録が出てきます。iPhoneでいう「脱獄」みたいなもんですな。私はスキルがないのでこのへんは手を出さないことにしてますが、好きなフォント入れて日本語のePub読めるようになるのはちょっといいなあ。ヒラギノか游明朝入れたい…

ちなみに買っちゃった後、わりと安めの値段で国内から買えることを発見(笑)
ここで売ってます。
銀行振込にすると安いですね。プラスして関税かかる可能性はあるみたいですが。個人輸入の方がちょっと安いと思うんですが、簡単に買えるのはこっちだと思います。


さて、「nook touchが届くまで」に続く。












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。