Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bound By Honor
SE Jakes
Bound by Honor★☆ summary:
Men of Honorシリーズ1。

1年前、Tanner Jamesのミッションは失敗した。友であるJesseは彼の腕の中で死んだ。
彼に最後の約束をさせて。

そして今、TannerはBDSMクラブの前に立っていた。友との1年前の約束を果たすために。たとえその代償に何を失うことになっても、友との約束に背を向けるつもりはなかった。
それが、BDSMクラブのオーナーに自分の体を差し出すことであっても。

Damon Priceは、死んだ恋人Jesseのメッセージを持ってきた男を、どう扱うべきかわからなかった。彼はJesseの最後の願いが理解できなかった。
Domとして、Tannerを一夜のパートナーにしろと?
しかもTannerはSubですらない。少なくとも、Tanner本人は自分のことをそう思っていない。

Damonの怒りと悲嘆は、一夜のレッスンを過酷なものにしてしまう。
どちらもお互いを受け入れるのを拒否した。だが、どちらもJesseの最後のメッセージを無駄なものにしたくはない。
友のために、死んだ恋人のために。そして自分たちのために、手探りの関係がはじまる。
.....



BDSMを中心に置いた関係ですが、DomとSubの関係とはかなりちがいます。「Master」とも「Sir」とも呼ばせないし、一部を除いてBDSMプレイっぽいものもほとんどなく、普通の恋人関係っぽい。エロもわりと普通(濃いめだけど)。
しかし彼らの関係の芯には、自分自身のコントロールを他人にゆだねることができるか、というBDSM的テーマはちゃんと含まれています。
Tannerは自分がTopだと思っているけれども、それだけでは満たされないことも自覚している。Damonはそれを満たすすべをすぐに見つけるけれども、1歩踏み込んでしまうのが怖い。Tanner相手では、踏み込んだらもう後戻りできない気がするから。
どちらも、自分を相手にゆだねるすべを覚えなければなりません。

Damonは死んだJesseを愛していたけれども、彼に満足することは出来なかった。Jesseが求め、Damonが与える、でもそれですべてが満たされるわけではない。そんな関係だったようです。
Jesseはそれを知りながらDamonを手放すことができず、でも死を目前にした最期の瞬間、友であるTunnerにDamonをいわば手渡す。
死者の存在と傷を間にはさんだTunnerとDamonの関係は時に痛々しい。時にお互いを抱きしめ、時に押しやろうとする。

Tunnerも軍人、Damonも店の共同経営者のLCも元軍人で、多分作者は軍人萌えなんだと思います。強い男たちが交錯する話なので、そういうの好きなら軍人萌えだけで楽しい。
ちょっと話のフォーカスが甘いところがあって、今ひとつ感情的な展開に説得力がない部分があったり、描写が足りないところも多々見受けられるのがマイナスポイント。過去のキャラの名前が何の説明もなく出てきたりして、全体像が見えてくるまでの流れが設定負けしてると思う。しかしキャラがなかなかに魅力的で、最後まで楽しく読めました。生傷のような心の痛々しさがよく書けてると思います。
特にDamonの友のLCのストイックな雰囲気が好きだー。シリーズの次は彼の話らしいので、これも読む予定。

「バイブ+コックリングプレイ」とか「お清めエッチ」とか何かこう、あちこちにBLっぽいシチュが見受けられるので、この人はBL(っぽいもの)を読む人なんじゃないかなあ。話の展開もBLに近いものがある。ガチムチ軍人の群れだけど。そこがいいのか。
一部のスパンキングと最初の公開プレイを除けばほぼBDSMらしいところはないので、そういうプレイが苦手な人でも読めますが、この話のおもしろさの一部は「BDSMのルールから逸脱している」というところにある気もする。ちょっと雰囲気のちがうBDSMものが読みたい人、強い男が過去をのりこえる話に萌える人におすすめ。

★恋人との死別
★義務感から始まる関係












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/03 [GO]| 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。