Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Out of the Darkness
Kate Sherwood
Out of the DarknessDark Horse 続編。
★★ summary:
カリフォルニアへ来た時から、馬のトレーナーであるDan Wheelerの人生はすっかりひっくりかえったままだった。
牧場の持ち主で大金持ちのEvan Kaminskiと、その年上の恋人のJeff Stevens。彼らは、Danを新しい恋人として受け入れ、愛情を見せてはいたが、Danはあやうい落ちつきの悪さを感じずにはいられなかった。何かがおこったら、その一瞬にすべてが崩れてしまうような。

恋人関係は、2人だけでも難しい。
3人になると──
それは、Danの理解をすっかり越えていた。

幸福を感じないわけではない。愛情を疑うわけではない。
だが、しっくりこない違和感が残る。いつでも自分は「3人目」であって、2人についているおまけのような存在なのではないか。
だが、それ以上を望むのは自分勝手なのではないだろうか?Danが来る前にできあがっていた2人のバランスを、自分のために変えてほしいと思うことは。
.....



Dark Horse は、恋人を失ったDanがカリフォルニアに来て、EvanとJeffとの3人の関係に入りこむまでの話。
今回は、そこから何が起こったか?という話。

Danは不器用な人間で、感情や責任感を背負い込んで、それを時にうまく処理できないことがある。感情的に入り組んだ、ところどころ後ろ向きな男です。
3人の恋人関係ってただでさえ難しいのですが、その難しさにDanのめんどくささが拍車をかけている。そのめんどくささがちょっとおもしろいところでもあり、ややこしいところでもあり。

Danの割り切れなさとか後ろ向きさが、読んでいてもたまにもどかしくなるんですが、でも彼の「うまくいかなさ」っていうのは何だかリアルなんですよねえ。ささいなこと、ささいな言葉から不調和を感じてしまい、そんなことにこだわる自分が悪いのではないかとも思いつつ、割り切れなくて引きずってしまう。
そのすっきりしない感じが、とってもリアル。

Danには複雑な生い立ちがあって、自暴自棄になった頃もあった。そんな彼を、前の恋人のJustinがひっぱりあげて2人で新しい人生を作ろうとしていたのですが、Justinは馬の事故でDanから奪われてしまう。
滅多に心をひらかない男が、唯一だと思った恋を失ってしまった──そりゃダメージはでかい。その痛みと傷は今でもDanの中に深く残っていて、それがあちこちから読みとれるので、読んでいて息が詰まるような瞬間があります。
Dan自身も傷を抱えているし、年上でおだやかなJeffはともかく、若くてエネルギーにあふれたEvanは扱いやすい恋人ではない。Danは彼との関係にも悩み、また堂々めぐりに突入。
疲れないか、そんな人生!
でもそれがDanだからなあ。もどかしいけど可愛い、ちょっといじらしい男です。「人生ままならず」を常に背負ってるようだ。人に心をどうひらいていいのか、いつももがいている。
エロに突入すると何か妙にさばけた俺様に変化するのが不思議なんですけどねー。いつもエロモードでいればうまくいくんじゃないだろうか。…それも嫌か。

前作ではそれほどピンと来なかったEvanの魅力が、今回はっきりと出ているのもいいですね。妹を愛し、常に色々なことに全力。いい奴だし、Danのめんどくささを打ち破るのは、案外Jeffの理解力ではなく、Evanの突破力なんじゃないかという気がします。
まあEvanはEvanでその突破力をあさっての方に向けちゃって、問題こじらせることがあるんですけどね。

3Pってエロ中心になりがちで、人間関係として真っ正面から書いたものって少ないと思うんですが、このシリーズでは「3人の恋人関係の難しさ・楽しさ」みたいなものをきちんと描き出しています。何故3人でなければならないのか、がしっかりしている。
恋人になることは簡単だけれども(Danにとってはそれすら簡単じゃないけどね!)、恋人でありつづけるのは難しい。
それをのりこえようとする話です。

馬の描写も多くて、牧場の生活とか、Evanの妹やDanの友人をまじえた大きな人間関係も濃密です。色々な馬たちの性格がクリアに描きわけられてるのもおもしろい。
色々な痛みや傷をまじえつつ、全体に話のトーンはのんびりした大家族モードだったりするので、読んでいる最中も読後感も明るめ。
馬好きの人、または人間関係の複雑さや気持ちの絡み合いをじっくり読みたい気分の時におすすめです。前作からいきましょう。繊細でいいシリーズです。

★3P












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター