Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Falling
D.W. Marchwell
Falling★★ summary:
Scott Alanの父の死後、兄が林業の会社を継いだ。
Scottは会社にも山の仕事にも興味はなかった。彼は故郷を離れて都会へと出て行き、今やバンドのメンバー、そして作曲家としての成功を収めつつあった。

だが、1本の電話がすべてを変えた。兄が木の伐採中に転落事故にあったというのだ。常にScottをサポートし、彼を守ってくれた兄が。
恐怖にわしづかみにされて故郷へ戻ったScottは、兄の下で伐採の仕事をしているHankという男に出会う。

Hankは兄の事故への責任を感じ、打ちひしがれ、孤独だった。
そんな彼を励まそうとしながら、Scottは大きくこの男に惹かれていく。Hankも明るいScottに心をひらいた。

はじめは友人として。だがそこからどこへ向かっているのか、2人のどちらも知らなかった。
.....



若くて成功しているミュージシャンと、きこりの話。
チェーンソー持って木を伐採してヘリで運んでいるお仕事なので「きこり」というのもどうかという感じだけど、loggerってほかに何かいい言葉がないかなあ。「伐採作業員」と言うのも何だか味気ないけど、この方が近いか。

はねっかえりで愛らしいScottと、不器用だけれども優しい山の男Hankが恋に落ちていく様子はほほえましくて、読んでいて心がなごむ一冊です。Scottは明るくて人を笑わせるのが上手で、2人がじゃれあっているシーンの会話なんかもけっこう笑える。

Hankは何よりもその仕事を愛する男。枝を払う作業のために木に高くのぼっていって、上から世界を見晴らした時、まるで世界の王のような気持ちになる。木を愛し、山を愛する彼は腕のいい作業員でもありますが、同時にひどく孤独で、その孤独を酒でまぎらわしている。
そんな彼の世界にふってわいたように現れたのがScottです。
兄の事故を聞いて帰ってきたScottは、打ちひしがれているHankを守り、励まそうとする。自分も大変な時だというのに、まっすぐ前を見据えてねじけることのないScottの意志の力は実に鮮やかです。頑固で、優しくて、活発。
そしてScottの目はHankの奥にある孤独や、そこにある大きな心とか、ユーモアをきちんと見る。誰も見たことのないHankの一面を見て、それを引き出す。
それははじめから、恋だったのかもしれません。彼らの関係は友情としてはじまっていくのだけれど。

ちょっと後半長いかなー、というのはあるかな。きっと後半にHankのカミングアウト騒動があるだろうと思いながら読んでいたけど、そのへんも何だかナチュラルに流れてるし、それほど事件がおこるわけではない。前半に比べてやや後半の展開が単調でエロシーン満載!ばっかりになってしまうのと、ラストのおさまりがいささか唐突なのは残念。
でも、このカプには何かハッピーな「Ever after」がちゃんとありそうで、ボリューム感と読後感は満足度高し。山の雰囲気もよく出ているし、大自然の中で惹かれあう「山男と都会の若者」なコントラストが楽しい。

ScottとHankにとって、互いの存在は自分のことを完全にしてくれる、幸せへのピースなのです。
opposite attraction ものが好きな人、互いのことが大好きでたまらないカプや体格差カプが好きな人におすすめ。

★大自然
★事故












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。