Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Boy Next Door
Kate McMurray
The Boy Next Door★★ summary:
Lowellは高校生の時、自分がゲイであるとカミングアウトした。その小さな町で初めてのことで、彼と父親との不仲を決定的なものにした。罵倒、暴力。母も彼の盾にはなれなかった。
18になった彼は町に背を向け、両親に背を向けて去り、二度と戻らなかった。

だが父が死に、ひとり残された母の面倒を見るために、Lowellは生まれた町へ戻り、家を買う。
すべての手続きが済んだ時、隣人が幼なじみだったJaseだということを知ったが、それをどう思えばいいのかわからなかった。昔は仲がいい友だった。だがいつしか離れた相手だ。

Jaseは、Lowellが隣に越してきたことに嫌な予感を感じていた。結婚に失敗して離婚し、6歳の娘を引き取って面倒を見ながら、彼は二度と誰かと深い関係を結ぶまいとしていた。
ゲイであることを隠して、ここまで生きてきた。
この先もそうやって生きられる筈だ。娘を守り、成長を見守るために。

しかし、JaseにとってLowellの存在はあまりにも大きくなり…
.....



子持ちの隠れゲイと、かつて学生時代、堂々とカミングアウトするだけの勇気を持っていた男の話。
「The Boy Next Door」の「Boy」は仲のいい友達だった子供のころの彼らを表しているのかも。

とても仲が良かったふたりは、しかし段々と別々の道をゆくようになる。Jaseが野球の道を選び、Lowellがアーティスティックな方面へ進んだから、というように見えていますが、それは表面的なものだった。少なくともJaseは、Lowellに惹かれる自分を感じて、距離を取った。Lowellはそのことを知らないけれども。

大人になったふたりには、色々な人生がのしかかっている。Lowellは老いてきた母の面倒を見なければならないし、Jaseには娘の面倒と、そして最近やたらとトラブルを引き起こしている元妻との摩擦もある。
特にJaseは人生の色々な面に行き詰まっていて、娘の存在は彼に取ってほとんど唯一の光です。

はじめのうちは、Lowellの帰還とともに静かに深まっていく人間関係が、かなり淡々と書かれています。すごく盛り上がるというより、すぎていった時間の重さと、新たに作られる彼らの関係が積み重なっていく感じ。
でもJaseはLowellとの間に体以上の関係が生まれるのを望まないし、元妻は「隣に引っ越してきたホモを娘に近づけたら承知しないからね」と言い放つホモ嫌いです。まあ、彼女としては、結婚した旦那が「実はゲイだった」ということで離婚をしなければならなかったので、今でもその傷が彼女を攻撃的にしているのかもしれません。

淡々とした話の中で、そういった複雑な状況が折り重なっていって、ついに破綻する。
その瞬間の盛り上がりはボルテージ高くて、痛々しいです。
それはJaseを傷つけ、Lowellを傷つける。

全体によく書かれた話だと思うんですけど、ちょっと気になる点もなくはなくて、ひとつは元妻。かつてJaseの本当によき友人であった(らしい)元妻が、この話の中ではただの性格の悪いビッチちゃんにしか見えないもので、そこはもうひとつフォローがほしかったなあと思う。Jaseの語る元妻の記憶と、現在の彼女がうまく重ならないのが気になります。
あとラストへの集約の仕方も、複雑に絡み合ったキャラの気持ちをまとめるにはちょっと安易かもなあ。もうひとつふたつ、そこは工夫がほしかったところ。

とは言え、人生を背負った「大人」の、恋だけでは何も解決しないけれども恋を手放してしまうと自分の気持ちがからっぽになってしまう、という複雑なところは味わい深く書かれていて、読んでいると2人を応援したい気持ちに駆られます。色々と根の深そうなサブキャラも出てたので、もしかしたらシークエンスものに発展するかもしれないですね。
子持ちや、隠れゲイという色々な問題をかかえた男が苦悶する様子が好きな人におすすめ。

★隣人
★ゲイ×子持ちストレート(隠れゲイ)












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。