Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

SWITCHING GEARS
Claire Thompson
SWITCHING GEARS★★☆ summary:
THE SOLITARY KNIGHTS OF PELHAM BAYシリーズ3。

高級車のメンテナンスショップを営むJackは、自分の中にある怒りを扱いかねていた。
特に顧客のMarcosの顔を見るたび、わずかな抑制もそのたがをはじきとばして、怒りは彼を完全に支配してしまうようだった。
Marcos──傲慢で、不遜で、人を見下すあのいけすかない男。

問題をどうにか解決するために、Jackはかつて自分を導いた男、Alexeiに20年ぶりに連絡をとる。
彼が背を向けた男。そして、背を向けた世界。
BDSMの世界に、答えのひとつがあるのではないかと思って。

だがAlexeiに説得されてある館を訪れた夜、裸のJackに引き合わされたのは、この世でもっとも見たくない相手の顔で…
.....



THE SOLITARY KNIGHTS OF PELHAM BAYシリーズ3。
と言っても1や2は読んでないのですが、やや自虐的に「独り者クラブ」を作った男たちのそれぞれの話で、シークエンスのようなシリーズらしいです。PokerNightシリーズみたいな感じかな。

JackもMarcosもそのクラブの一員で、顔見知りではあるけれども、顔を合わせれば毛を逆立てた犬のように相手に噛みつかずにはいられない。
どちらも相手を嫌っていると思っていて、嫌われていると思っていて、でもそれは心の奥底にあるものをお互いにきちんと受けとめていないからではないのか?という話。

Jackの中には、自分や相手を滅ぼしかねないほどの怒りがある。彼は常に自分の存在を誇示するように生きてきた。ほしいものは手に入れてきた。だけれども、人生に安らいだことはない。
彼がかつて安らぎを感じたのは、年上のDom、Alexeiに導かれていたわずかな間だけ。だが、BDSMは自分のシーンではないと感じて、Jackはすべてに背を向けてきた。
今でもD/sのクラブが自分の属するところだとは思えない。だけれども、人生の何かの答えがあるのではないかと思い、JackはAlexeiにアドバイスを乞いにいくのです。完全に追いつめられている。

このAlexeiが、もう年を取っているのだけれども大変にいい「先輩」って感じで、多くの人々を導いてきたのだろうなあという「賢者」のようなご主人様です。
Jackが自分を、自分の芯にあるものを拒否しつづけていること、そのことがずっと彼を苦しめていることを感じたAlexeiは、Jackにひとつの「お願い」をする。一夜だけ、誰かに膝を折って従属すること。
しぶしぶ承知したJackですが、そこに顔を見せた相手は何と!(…ご想像通りなわけです)

楽しみのためのBDSMではなく、自分自身を解放する手段としてのBDSMのシーンが、緊張感を持って、緻密に書かれています。
短めですけど、JackやMarcosのキャラクターがしっかりと描かれているので、一夜のお楽しみシーンというだけでなく「彼らの人生の一部」という重みがちゃんと感じられます。
ほかのシリーズも読んでみようかな。

ホットなBDSMシーンが読みたい人、相手が気になるあまりに敵意をむき出しにしてしまう素直じゃない男たちに萌える人におすすめ。

★BDSM
★嫌いあう2人












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター