Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Icecapade
Josh Lanyon
Icecapade★★★ summary:
2000年の1月1日、Noel Snowはベッドの中で目を覚まし、横にいるRobert Cuffeの姿を眺めた。
それは記憶に残る一夜だった。

そしてそのまま、Noelは脱兎のごとく逃げ出したのだった。
RobertはFBIの捜査官で、Noelは宝石泥棒だ。どれだけRobertに追われる瞬間を楽しんでいたとしても、Noelは牢屋に入るつもりはなかった。

その後10年たち、足を洗ったNoelは、犯罪の経験を元にしてベストセラー作家になっていた。
だがそのことがはからずもRobertのキャリアとプライドに傷をつけていることを知り、深く後悔した彼はクリスマスの夜に毎年Robertの電話にメッセージを残したが、男が電話を取ることも、コールを返してくることもなかった。

贖罪は無理なのだろう。Noelはシリーズ最後の本にRobertへのメッセージを込めたが、そもそも彼がNoelの本を読んでいるかどうかもわからない。

だが、2010年のクリスマスの夜、Noelの扉口には、10年ぶりに見るRobertが立っていた。
最近起こっている宝石の窃盗について、Noelに疑いが向けられていると彼は言い…
.....



HisForTheHolidays.jpg4人の作家によるクリスマスアンソロジーの一編。「His for the Holidays」でまとめ買いするとちょっとお得。

この一編は、ロシアのマフィア家族の中で育ち、家族の犯罪の片棒を担ぐ代わりに一人で宝石泥棒になった男と、彼を追い続けてきた男のロマンス。
洒落てて、ちょっと映画みたいです。Noelって「泥棒」というより「怪盗」という感じだし。


たった一夜、二人はベッドをともにしたことがある。Robertを酔わせてNoelが仕組んだ様子なのですが、実際にRobertが本当に前後不覚になるほど酔っていたのかどうかは謎で、想像がひろがる10年前のエピソードです。

Noelは犯罪から引退し、人里離れた牧場で馬たちと一緒に暮らしている。
そんな静かなクリスマスの夜は、Robertの訪れとともによって崩れる。さらに近隣住民が次々と助けを求めて訪問し、地面の割れ目に落ちたラマを救ったり、動かない発電機を救おうとしたり、忙しいクリスマスとなるのです。

Robertは頑固で、口数が少なく、感情を自分の中に押し込めるのが上手な男ですが、彼が尋問するためにNoelを訪問したのではないことはすぐにわかる。
Noelを逃がしたくないからと言いながら、彼は隣人の手助けに行くNoelから目を離さずにそばについて回り、Noelがどんな暮らしぶりなのか、すべてを見ようとします。Noelが隠そうとしている弱さすら、Robertは見抜いてしまう。

NoelはRobertの訪問の理由を探りながら、「もしかしたら」という望みを持ったり、そんな自分をいましめたりする。
犯罪一家の中で育ち、そこから逃れるために個人で犯罪を重ね、Noelには他人ときちんとした人間関係を築けたことがない。やり方を知らない。
でももしかしたら、Robertなら、と彼は思う。Noelを誰よりもよく知るこの男なら。
たとえ、かつて追う者と追われる者であったとしても。

傷つきたくないけど望みは持ちたい。そんなNoelの様子が微笑ましいし、切ない。

まあやっぱり猫とネズミの恋物語は萌えるよね!ってことで。
大体のことは笑って流してしまえそうなNoelが、Robertには毎年クリスマスの贖罪の電話をかけずにいられないというところも切ないですね。許されたいと思っているのか、つかまってもいいと思っているのか。
短めですが、Lanyonらしく切れ味がよく、ロマンティックで余韻のあるクリスマスストーリーです。

★FBI×宝石泥棒
★再会

翻訳版で読みました。ありがとうございました。
クリスマス話ですねぇ。私は、クリスマスものの小説をあまり読んだことがなくて、ついつい、映画はもちろんですが、オー・ヘンリー短編集とか児童書や絵本など、そちら系を思い起こしました。クリスマスには、何か魔法がかかるみたいな、不思議な空気が実際あるような気がします。
で、あちらの国ではやはり、本物の木を飾るのですね。年末のバッタバタな感じが楽しかったです。そうそう、年末の忙しいときに限って、壊れたり、見付からなかったり、怪我したりするのよね。
ホンワカしました。
ありがとうございます〜。
クリスマスものは、「クリスマスの魔法」的なものがやはり多いですよね。
何となく色々なものを信じたくなる季節でもあり、ハッピーエンドを読むと気持ちが温まりますね〜。
私は今回初めてシロトウヒの木を知ったのですが、モミの木(だけ)じゃないんだなというのが新鮮な驚きでした。考えて見ればそうかあ…
私も白唐檜(と書くことも)知らなかったです。クリスマスツリーにも、いろいろな種類があるんですね。いつも人工ツリーなので、気にしていませんでした。アメリカでも、北部の地域だということが、ツリーにする木からも分るということなんですね。きっと。
原書は"silvery spruce"なので、シロトウヒ(White spruce)とは厳密には違うのかな?とも思ったのですが、クリスマスに現地でよく使われる類似の樹木ということでシロトウヒにしてます。
あのへんの固有名詞は、対訳がないものもあって悩まされますねえ。

多分、お土地柄はありそうですよね。カリフォルニアの人とかはどうするのかしらん…
作中で、ロシア風のクリスマスについても言及されていますが、ロシアのクリスマスカードはたしか赤い鳥とかがつきものらしいですよ。クリスマスと一言にいってもひとつじゃないのね、とかも新鮮でした。
気になって、調べてしまいました。(笑)
鳥はやはり天界と地上を行き来できる生き物(霊魂を運ぶ)ということで、赤い鳥はフェニックスこと不死鳥を象徴するとか。あ、でもクリスマスの赤い鳥は、キジバトのようですね。キジバトの意味するのは、真実の愛…。クリスマスっぽくていいですね。赤い鳥と針葉樹や柊の緑。
なるほどー。真実の愛。
ロシアの冬なんか生き物いなさそうだから、カードだけは華やかに!という気もしてしまいます。
日本のクリスマスはもう山ほど折衷だから、あっちの人からしたら何だかとんでもない感じなんでしょうね(笑)











管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。