Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nine Lights Over Edinburgh
Harper Fox
Nine Lights Over Edinburgh★★ summary:
刑事のJames McBrideは、もう少しのところまで人身売買の組織を追いつめてきた手応えを感じていた。

だが、彼の生活はすでにほとんど破綻していた。離婚、別れた妻からの娘への面会の禁止、上司の引退とともにやってきた新しい上司とはそりがあわず、仕事の上でぶつかり続けていた。
仕事のパートナーは若く、だが考えなしで、McBrideとの一度のあやまちがいつまでも二人の間に横たわっている。

上司に言わず、一人で勝手な捜査を続けながら、McBrideはイスラエル大使の警備業務を命じられる。
彼らは襲撃を受け、McBrideを銃口から救ったのは、大使についているイスラエルの護衛チームの中にいるTobias Leitnerという男だった。モサドの男。

救われる価値などない、とMcBrideは思う。すり減ったこの人生に意味など残っているだろうか。
だがクリスマスの直前、彼の幼い娘が行方不明になり、McBrideには何よりもクリスマスの奇跡が必要だった。ただこの1度だけでも。
.....



クリスマスものの企画アンソロジーの一編なので、ハッピーな感じのものを想像したら結構ハードでびっくりしました。
ハードってのはエロじゃなくて、話が。

人生に疲れてすり減っていて、頑固で、奈落の淵すれすれにいるような男、McBride。彼は人身売買の組織について執念深く捜査を続けているけれども、それは正義感からと言うよりもほとんど、自分の存在意義だからすがりついているような捜査の仕方です。
そんな彼を、誰もが少しずつ見離し始めている。誰よりもMcBride自身がすでに自分を見離している。
唯一の救いは幼い娘の訪問だけれども、それすら奪われかかっている。
そんな彼の日常が息苦しくて、重苦しい。ちょっと英語が硬質で(ハードボイルド系の硬質さがある)読むのに少し時間がかかったのですが、全体の雰囲気がうまく閉塞感を描き出していると思います。

Tobias LeitnerはそんなMcBrideを銃弾から救うのですが、Leitner自身も様々なものをかかえこんでアメリカへやってきた男です。かつてのパートナーを失い、傷ついている。
果たして二人にクリスマスの奇跡は訪れるのか。

大人の男とか親父とか、そのへんが好きな人ならこの「重さ」がツボだと思います。
しかし、新しい女上司の使えなさ具合がちょっと映画版の「踊る大捜査線2」みたいで、ここは読んでてかなり苛つきますね。上昇志向が強すぎて下がおろそかになるって、やっぱりひとつのステレオタイプなんだろうか。

疲れた親父のMcBrideと、傷ついたいい男のLeitnerの組み合わせはロマンティックで、重いながらも、最後はちゃんとクリスマス。
親父同士の、人生背負った重いロマンスが好きな人におすすめ。

★親父×親父

HisForTheHolidays.jpg
4人の作家によるクリスマスアンソロジーの一編なので、バラで買うほかにこちらで4編まとめ買いできます(ちょっとお得)












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。