Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LB Greggの「Trust Me If You Dare」から、 "That's what he said" というジョークについての覚書き。

Caesarが自分で傷にテーピングしたのを見て、Danが「ひどいな」というシーンがあるのですが、「がんばったんだよ(I tried)」というCaesarの反論がDanのジョークで一蹴されます。
その時の会話がこれ。


"Hey, I tried. It was hard."
"That's what he said."


この "That's what he said" はお決まりのジョークで、実際には普通 "That's what she said" が使われます。今回はお互いゲイなのでheを使った模様。
そういう意図はないのにエロフレーズが出た時に "That's what she said"、「彼女もそう言ってたよ」と茶化す言い回し。

この場合は、「がんばったけど、難しくて(It was hard.)」とCaesarが言ったのに対して、Danが "That's what he said." つまり「彼も(固いって)言ってたな」とエロフレーズで茶化したわけです。
hardとかcome当たりの言葉がよくつっこまれそうな予感。

オヤジギャグな気がひしひしとするんだけど、実際どう受けとめられるもんなんだろうなあ…












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。