Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

The Beach House
Shawn Lane
The Beach House★★ summary:
若い美貌のモデルMason Adamsは、パーティやセックス、ドラッグまみれの生活にぼろぼろになり、すんでのところで命をとりとめた。
エージェントはリハビリとして、海岸そばのビーチハウスで一夏すごすように手配する。テレビもなし、車もなし、電話もなし。のどかすぎる田舎での暮らしに、Masonははじめる前から退屈していた。
隣の家に住むJohn Hardingと顔を合わせるまでは。

John Hardingは、兵士としての人生を足の負傷で失ってから、犯罪ものの小説を書いて生計を立てていた。生活に不自由はなかったが、心のどこかが満たされていない。
隣のビーチハウスにやってきた都会的で美しい男に目を奪われたのは、そんな日のことであった。

だが、この夏が終わればMasonは去っていく。
一夏だけの、わずかな楽しみ。
夏が終わって2人に残る物は何だろう。
思い出か、心の傷か、それとも…
.....



20代前半の若くて美形のモデルMasonと元兵士のクライムノベル作家Johnの、出会いと、夏の恋の話。
Masonのどこか投げやりなはかなさと、Johnの保護者的な愛情が読んでいて楽しい一冊です。

Masonはとにかく美しい。JohnははじめてMasonを見た時、「あんなにきれいだと人生大変そうだな」と思うのですが、それくらいきれいで、顔のおかげでMasonは誰かにちやほやされて生きてきました。
その一方で、Masonはそのことに浮かれ騒いでいるわけではない。いや、多分浮かれ騒いで日々をすごしてきたんだろうけど、彼の奥深くには暗い孤独感がある。周囲の人間が、Masonの金やコネ、またはMasonとのセックスを求めて群がっているだけで、本当の友人ではないことを彼はよく知っている。
その孤独感は、彼を打ちのめし、命までもをおびやかします。
傷つき、打ちひしがれて、ビーチハウスへやってきた。Masonはそういう若者です。

Johnは、そんなMasonの見た目にも惹かれる一方で、彼の中にあるピュアさや、素直さに惹かれていく。
人との関係を欲得ずくかセックスかでしか割り切れないMasonに、Johnは一夏を通してそれ以外の人間関係を教えます。デートに連れ出し、何でもない日常を一緒に楽しむ。相手とのセックスだけではなく、相手を好きになることを教える。

2人が互いに惹かれて相手になじんでいく様子が丁寧に書かれていて、読みやすく、読んでいて心地いい。お互いが相手によって少しずつ変えられていく感じが、いかにも「恋に落ちてる」って感じでほほえましいです。
ほのぼのとした読みどころがある、素直なラブストーリーです。

海やのどかな町の情景も美しく、なごみたい時におすすめの読書。

★リハビリ












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター