Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

A Forest of Corpses
P.A. Brown
A Forest of Corpses★★ summary:
Geography of Murder」続編。

殺人課の刑事Alexは、かつて容疑者として出会った青年、Jasonとともに暮らしていた。
JasonはAlexと出会って変わった。かつて迷える青年であった彼は、自分への確信と自信を取り戻し、人生の希望を心に描きはじめていた。Alexと一緒の人生を。

Alexは、Jasonのいない人生など考えられないほど彼に執着しながら、そのことを自分自身にすら認めるのが怖い。
かつて彼は、結婚生活に失敗し、自分と相手の人生に傷をつけた。果たして今度こそ、Jasonと確たるものを築くことができるのだろうか?

休暇を取り、彼らはロス・パドレス国立森林公園へと出かける。山の中で寝泊まりする本格的なハイキングにAlexはかけらも興味がなかったが、Jasonの希望につきあって、山へと足を踏み入れる。
二人だけの、親密な時間をすごしながら、彼らはお互いと、そして自分自身と向き合っていく。

だがその森にいたのは、彼らだけではなかった。二人は死体を見つけ、大きな犯罪の証拠を見つけてしまう。
AlexとJasonは果たして、生きたまま二人で森から出ることができるのか。
.....



支配的なDomのAlexと、独立心を持ちながら、Alexに絶対的な忠誠を捧げるJasonのカプ。
彼らは前作の「Geography of Murder」で出会い、二人で一緒に新たな人生を作っています。

人に弱みを見せるのが嫌いなAlexは、Jasonが自分にとってどれほど大きな存在なのか、言葉に出しては認めようとしない。
でもJasonの存在はAlexを変えています。
何と言っても、完全なる「都会の男」であるAlexがぶつぶつ言いながらも、自然を愛するJasonのために山歩きに出かけるのです。
まあその前に、Jasonにそろえてもらった山用の靴を履いてプレイ、とかお楽しみもしつつ。

よく、「SMでは、実はSubの方が力を持っている」と言いますが、結構このカプもそんな感じで、「強い男×包容受け」って感じです。前作ではJasonがさだまらずにふらふらしてましたが、今のJasonはAlexにひたすら忠誠を見せて、落ちついている。Alexに自分をゆだねることで強くなっている、そんな「Sub気質」がくっきりと描き出されています。

Alexの中には、Jasonとの関係を言葉にできないためらいとともに、一度Jasonを傷つけてしまった(前作で)ことに対する後悔が、残っています。
独占欲がいきすぎて、自分を抑えられなくなった。
その時のようなことを二度とするまいと、セックスの時もどこかで最後のライン(SM的な)を踏み越えない。傷つけたくないという思いが強い。
でももうJasonは彼を許しているし、そういう鉄のような側面を持つかつてのAlexを求めてもいる。その二人のためらいや欲望が、森の中での二人の時間を経て、変わっていきます。

後半は、森の中で死体や犯罪の証拠に出会った彼らの逃走の話。
リアルに書けていておもしろいんですが、ちょっと全体に長い。物理的に長いと言うより、テーマと長さのバランスがちょっと悪いかな。ハイキングに行くまでのAlexの捜査や日常の話も長く感じてしまったし、もう少しすっきりしてたら、森の中での彼らの関係に集中して読めたかも。
Lanyonの「Dangerous Ground」も二人の男がハイク中に犯罪者と出会って山の中を逃走する話ですが、筋立てとしては同じ形態を取りながら、あれとくらべるとやや散漫な印象があるのが勿体ないです。そこを「リアル」と感じるか、「蛇足」のように感じてしまうかは、読む人によるのかもしれません。

でも、「強さ」だけを人に見せようとするAlexと、そういうポーズまで含めてAlexを愛するJasonのカプは複雑に練り上げられていて、リアルなアンバランスさがあります。

プレイを通してだけではない、「人生を分かち合う」SMカプが好きな人におすすめ。色々なものにもがく強くて強情な男に萌える人にも。
前作から読まないとかなりわかりにくいです。

★BDSM
★ハイキング












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター