Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話の中などで使う、ちょっとこなれた感じのイディオムとかことわざとか。

old school

「古い」という意味でおおよそ何にでも使われる。主義が保守的だとか、服の趣味が古いとか。
いい意味でも悪い意味でも使える言い回し。



Rise and shine

「起きて働け」ということ。「起きる時間だよ」と相手を起こす時にセリフでよく使う。
イザヤ書の
>Arise, shine; for thy light is come, and the glory of the LORD is risen upon thee.
からきたものらしい。



Takes one to know one

同類を知るのは同類である、というような意味。
"You are an asshole." "Takes one to know one."(「お前はろくでなしだ」「そっちも同類だろ」)みたいな感じ
ゲイだとか、オタク趣味だとか、色々な物に使われる。



Pot calling the kettle black

「鍋がやかんを黒いとか言ってるよ」ってことで、「目くそ鼻くそを笑う」の意。
「"pot, meet kettle."(「五十歩百歩だろ」)」みたいにセリフの中で崩して使われることも多い。ワーカーホリックの友達に「お前は働きすぎだ」と言われたら、"Hallo, kettle."と返してみたりとか。



ところでJ.L.LangleyがFiction With FrictionにSFシリーズのエロ短編投下してます。(Nateの話)
シリーズのファンにおすすめ~
しかしこのサイト、集まってる作家の面子が結構凄いな。












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。