Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

Romanus
Mary Calmes
Romanus★ summary:
消防士Mason Jamesは、長いシフトの帰りに道を間違え、さまよっている老人に出会って彼の家を探すうち、奇妙な人々が集まる場所へとたどりつく。
どういう集団なのかわからないが、彼らはMasonの存在におかしなまなざしを向け、しかも彼らの中の何人もが裸で森を歩き回っていた。

それが、Masonが巻きこまれていくおかしな物事のはじまりだった。

理解できないまま、Masonはそこでこれまで見たこともないようなゴージャスな男に出会う。
Luc Toussaint 。

人々はMasonを「Romanus」と呼び、人によってはあがめるように大切に扱い、人によっては敵意を露骨に剥き出しにする。
中にはMasonの命を狙う者も。
そしてある夜、月明かりの中でMasonが見たLucの背中には、コウモリのような巨大な翼があった──
.....



現代物パラノーマル。
と言っても吸血鬼や人狼ではなく、ガーゴイル。
Mary Calmesは、陽気な現代物を書く一方でちょっと変わったパラノーマル物を書いていますが、どうも設定先走りになるような傾向もあります。
実のところ今回もそんな感じはあるんですよね。

色々なオリジナル単語がとびかう中で、主人公のMasonは自分の血が呼ぶままに新しい世界に巻きこまれていく。
老人1人を助けたことからはじまった早い展開の中でも、己を見失わず、妙に神経がたくましいあたり、やっぱりこの作者独特のふてぶてしくも可愛い主役だと思います。

わりと短めなのでさっぱりした感じで読める。どんどんおかしな人たちに巻きこまれていく展開は読んでいて気をそらさないし、Lucはいい男で、エロも楽しい。
この作者の力量からいくと全体の出来に不満もあるのですが、ありがちではなく、ガーゴイルを中心に据えたパラノーマルものというあたりがプラスポイント。(もうちょっとそのへんを活かしてほしい感はあるかなー)
メイトとか、一度セックスしてしまうと「自分の本当の正体が見えてしまう」とか、そういうネタが好きだと設定でかなり萌えます。MasonとLucだと身分違いみたいだし。

設定が立っている感じのパラノーマルものが好きな人におすすめ。

★ガーゴイル
★運命の相手












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (314)
★★★ (90)
★★ (190)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (9)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas

・ほかにも出るかも
・王子とか何か売れてくれ〜(色々軽くピンチ)
・来年はもふもふやるよ!

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流
・夜が明けるなら(ヘルハイ3)

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター