Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skipping Stones
D. J. Manly
Skipping Stones★★ summary:
Leoの望みは傷心のパリを去ることだけだった。
画材も売り尽くし、家賃も払えない。
残ったのは年上の恋人──元恋人から贈られた時計だけ。

Leoから電話を受けた親友のMarkは、自分が経営にたずさわるリゾートにしばらく身をよせるようすすめる。
彼らは古い友人で、Leoは一度はMarkに恋をしていたこともあったが、Markは別の男と激しい恋に落ち、今でもその恋の中にいた。
問題は、その恋人が不実な男で、遊び歩き、滅多に家に戻ってこないことだった。
LeoはMarkを傷つけ続けるその男が大嫌いだったが、ほかに行き場もなくMarkの言葉に従う。

かつてその男さえ現れなければ、彼ら2人には別の未来があったかもしれない──LeoもMarkも今のように傷つかずにすんでいたのかもしれない。
そんなやりきれない気持ちの中、LeoははじめてMarkの恋人と顔を合わせる。
Reed。はじめて見たその男は、たしかに傲岸さを漂わせ、感情の読めない、勝手そうな男だったが、Leoは気持ちが強く揺さぶられるのを感じる。
これは失恋からのリバウンドなのだろうか?
だが、ReedはMarkの恋人だ。決して関係を持ってはいけない相手だ。

人間関係が絡み合っていく中、LeoはMarkが自分に何かを秘密にしていることに気付いていく。MarkとReedの関係は何かがおかしかったが、どちらも真実をLeoから隠し…
.....



友人の恋人と恋に落ちる、というネタはちょっと苦手で、しかも今回友人のMarkがほんとにいい人!だったので読みはじめはためらいがちだったのですが、この話には見かけ以上の裏があります。
MarkとReedの関係は、Leoが友人から思いこまされているようなものではないのです。

謎の男・Reedが魅力的に書かれています。ぶっきらぼうで、Markを冷たくあしらっているようだけれども、同時に彼を傷つけまいとかなり気持ちを払っているのが(事情がわかれば)見えてくる。
でも彼は、Leoから見れば「親友の人生を踏みにじっている最低男」。地球で一番恋に落ちてはいけない相手です。
そんな男に惹かれてしまい、Leoは混乱する。
2人が互いを見定めようとして、結局互いに落ちていき、でもそれが体だけの関係だと面と向かって言い続け、相手の言葉にどちらも傷つく、その濃密さは読みごたえがある。エロもそんなに回数ないですが、濃い。
数少ない中で、Reedが一瞬感情を剥き出しにする、その瞬間が鮮やかです。

いくつか気にかかるところはあって、友人のMarkが裏返すとあまりにビッチちゃんなので、もう何か納得できるように造形してほしかったなあとか。彼のReedに対する執着は恋というよりある種の強迫観念になってる気がするし。みんな呑気にしてないでカウンセリングにつれてった方がいいんじゃね、とか。何か、展開に合わせていい当て馬にされてる感が拭えない。
でも恋愛ドラマとして楽しく読めます。まあ些細なご都合主義は仕方ないかなー。

寡黙で傲岸ないい男が好きだとか、三角関係に萌える人におすすめ。
「お前なんかひどいヤツだ!」と思いながら恋に落ちちゃう意地っぱり受けもなかなかかわいいし、「どうせお前から見たら俺は非情なだけの男なんだろ」と微妙に拗ねてる寡黙攻めも萌えます。

★三角関係
★失恋












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。