Slash×Slash

Slash(m/m小説) レビューブログ

※万人向けの内容ではないのでご注意ください
→このブログについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラを読んでると色々、ふつうでは出会わない単語にぶちあたりますが、特に下半身関係が多いのは当然と言えましょう。
口では言えないところにピアスをしてたりとか。
私がこれまで出会ったところ、パンツの中のピアスには大体二種類ある?ようです。


Prince Albert

男性器の亀頭にするピアス。
通常亀頭から尿道まで、リング状のピアスを通す。見た目としては、亀頭にピアスのはじのボールが見えてたり、リングがあったりする感じ。(亀頭から尿道までまっすぐ入る棒のピアスもあって、これは中が空洞になっていてそこから排尿できるとのこと)

名前の由来になったアルバート王子(イングランド)には、大きすぎるペニスの外見をとりつくろうためにピアスで形を整えていたという噂があって(真偽不明です)、それが名前になって残っちゃったそうです。当人は微妙だろうな…


Jacob's Ladder

ペニスの亀頭の下から、竿の表面にずらっと、バーベル状のピアスを何本もはしご段のように装着したもの。

「Jacob's Ladder」自体はキリスト教の聖書の創世記に出てくる「天国と地上を結ぶはしご」のこと。
この性器ピアッシングは、Frenum Ladderなど異名も多々あるらしい。多分、「○○のはしご」という名前のピアスがいかんところにあったらもれなくこれでしょう。



ちなみに、「Prince Albert」は片手で数えるくらいスラで会ったことがありますが、「Jacob's Ladder」は一度だけ。
「Prince Albertがあるから用心しようね」つってゴム二枚重ねしていた攻めには何だかほろりときたなあ。

BDSMを読むわりに、あんまり派手なボディ改造系とか見たことないですね。乳首ピアスはジャンル問わずポピュラーだけど。
改造が少ないのは、スラは女性の作者が多いのも関係してるかもしれません。萌える前に痛そうですよ。












管理者宛の投稿

★Three-Star rating system★


[カテゴリ]View ALL
レビュー (310)
★★★ (88)
★★ (188)
★ (34)
モノクローム・ロマンス (10)
電子ブックリーダー (23)
iPodTouch・Stanza (19)
nook (4)
雑談 (84)
英語 (29)
文法 (4)
読書日記 (11)
…このブログについて (8)
…書店情報 (2)
[タグリスト]

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最近の記事一覧 プロフィール リンク一覧 メールを送る
[カテゴリ]


モノクロームロマンス(M/M翻訳)


■公式サイト■

・2017年
・7月 ヘルハイ3巻
・夏 雑誌短編
・後半 王子二巻
・12月 アドリアンXmas
・冬 雑誌短編
・ほかにも出るかも
・不甲斐なくてごめん

*発行済*
・フェア・ゲーム
・フェア・プレイ
・ドント・ルック・バック
・恋のしっぽをつかまえて
・狼を狩る法則
・狼の遠き目覚め
・狼の見る夢は
・天使の影(アドリアン・イングリッシュ1)
・死者の囁き(アドリアン2)
・悪魔の聖餐(アドリアン3)
・海賊王の死(アドリアン4)
・瞑き流れ(アドリアン5)
・幽霊狩り(ヘルハイ1)
・不在の痕(ヘルハイ2)
・還流

*他訳者さん*
・わが愛しのホームズ
・ロング・ゲイン
・恋人までのA to Z
・マイ・ディア・マスター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。